« タオルたちはどこに行った? Where have all the towels gone? | トップページ |  毎日回転するからねえ。 »

2013/04/22

旅行をするのがぼくの仕事なんだ。

たった今、ぼくに起こったことを記録している。

ホテルのエレベーターに乗った。小柄の中国系かな? という男の人が乗り込んできた。まだ若い。

途中で数人が降りて、二人きりになった時、彼が話しかけてきた。きれいな、アメリカ英語だった。

「旅行しているんかい?」

「ああ。」

「そうか、いいね、楽しんでね。」

「ありがとう。あなたも?」

「これが、私の仕事なんだ。」

「・・・?」

私の中で、たくさんの????が浮かんだ。
このホテルで働いているということ? でも、それにしては、制服とか着ていない。

男は、Tシャツに短パン。ごくごくラフな格好だ。

「旅行するのが、私の仕事なんだ。」

男が、そういった。ますます???の数が増えた。旅行してレビューを書く、トラベル・ライターだということ?

 私は、好奇心を押さえられなくなり、思わず彼に聞いた。

「それは、どういうこと。。。。?」

 彼の答えは、思いもしないものだった。

「ぼくは、パイロットなんだ。」

ぼくの中で、ラムネの泡が弾けた。

「ワオ! すごい! それはあなたにとって良いことだね。楽しんで!」

「よい一日を!」

彼は、私よりも一つ下のフロアで降りていった。

人は見かけによらない。

あの小柄で、ラフな格好をした彼がパイロットとは!

いつも、制服を着てホテルにチェックインするとか、チェックアウトするというイメージしかなかったので、わからなかったのだろう。

ハワイを訪問のみなさん、気をつけてください。となりの短パン、Tシャツのラフな格好の若者は、パイロットかもしれませんよ!

話しかけてみてください。そうすると、彼は答えるかもしれない。

「旅行するのが、私の仕事なんだ。」と。

4月 22, 2013 at 12:38 午後 |