« 「変わり者を消費すること」 | トップページ | ボディコンでもいい。たくましく育ってほしい。 »

2013/03/31

夢は早く実現した方がいい。その先にいけるから。

 ぼくが子どもの頃、プリンはミックスを買って来て家でつくるものだった。母親が、牛乳を温めてよくつくってくれた。シロップは、粉を水に溶かしてつくった。

 ぼくはプリンが好きだった。あの、バニラの香り! 今思えば、合成したものだったのかもしれないけれど、冷えて固まるのが待ちきれなかった。

 幼稚園を出る頃から、ぼくはある思いを募らせた。カップ一つのプリンじゃ、物足りない! もっと大きなプリンを食べてみたい! バケツみたいな大きなプリンを食べてみたい! 思う存分、食べてもたべてもなくならないプリンを食べてみたい!

 大きなプリンを食べることが、ぼくの夢になった。

 そんなぼくの「夢」を、母親は聞いていたんじゃないかな。ぼくも、言っていたんじゃないかな。

 ぼくの7歳の誕生日に、母親が本当に大きなプリンをつくってくれた。といってもバケツにつくるわけにはいかない。四角い弁当箱につくってくれた。

 ぼくは、喜び勇んで食べ始めた、すぐにイヤになった。まだこんなにあるのか、と思った。結局、残してしまった。

 それで、ぼくは、大きなプリンを食べることが、夢だとは、もう思わなくなった。

 ふり返って思う。
 夢は早く実現した方がいい。
 その先にいけるから。

 想像していただけの時は、大きなおおきなプリンは、それは素敵だったんだけどね。

3月 31, 2013 at 09:54 午前 |