« 東アジア共同体について(2) | トップページ | 「(日本の大学は)言語的に閉じている」 »

2013/01/03

小林秀雄を学ぶ「池田塾」、塾生募集について

 小林秀雄さんの担当編集者を長年つとめられ、生前の小林秀雄さんを深く知る立場にある池田雅延さん(元、新潮社編集者)を「塾頭」とし、小林秀雄さんの著作を読み、その思想に触れ、困難な現代を生きる糧とすることを目指す「池田塾」は、昨年発足し、一年間、学びを重ねてきました。

この度、第二期の参加者(若干名)を募集いたします。第一期の参加者はそのまま原則的に継続するため、少人数の募集となります。 

 なお、毎回の会合に、私、茂木健一郎も「塾頭補佐」として同席いたします。

 会合は、ほぼ月に一回の週末、東京近郊の小林秀雄さんゆかりの場所で行われる予定です。午前11時〜午後1時くらいまで会合を開き、その後懇親の場が設けられる予定です。小林秀雄さんのテクストを入手することや、現地までの交通費を除き、参加者の負担や義務は一切ありません。

 会合の性質上、また会場のスペースなどから、お受けすることができる参加者数が限られるため、やむを得ず選抜させていただきます。以下の事項を記した自己紹介の書類ファイルを、メールにて
茂木健一郎
kenmogi@qualia-manifesto.com
までお送りください。
細かい形式は一切ありません。
締め切りは2013年1月8日(火)午後10時まで。

塾生にお迎えする方には、2013年1月11日(金)までに応募者にお伝えいたします。

なお、選抜は、塾頭の池田雅延さんと塾頭補佐の茂木健一郎が共同で行います。

(1)、小林秀雄のどんな点に関心があるのか、お書きください。

(2)世の中の森羅万象、さまざまなジャンル、現代の問題など、小林秀雄以外で関心があることについてお書きください。

(2)御自身のバックグランドをお書きください。どのようなことに関心を持ってきたのか、取り組んできたのか、何に情熱を向けてきたのか、これから何をしようとしているのか、通常の履歴書のような形式でなくてもいいのですが、どんな方がわかると助かります。

(4)御自身のお人柄がわかる、スナップ写真や作品等などを添付してくださってもかまいません。

(5)twitterのアカウント、facebookのアカウントや、ブログなど、御自身のオンラインでの活動、発言内容がわかるような情報があったら添えてください。

(6)こちらから連絡できるように、メールアドレス等の情報をお願いします。地方在住の方もいらっしゃるかもしれないので、住所までは必要はありませんが、どのエリアにお住まいかお記しください。

重要! 応募書類をお送りいただく際、メールのsubject(題名)には、「池田塾入塾志望書」とお書きください。そうでないと、見逃してしまう可能性があります。

今回残念ながらスペースの都合で塾生に選ばせていただけなかった方も、何らかのご縁と思い、大切にしていきたいと思います。

みなさんのご応募をお待ちしております。

2013年1月3日 茂木健一郎


小林秀雄さん


池田雅延さん

1月 3, 2013 at 08:35 午前 |