« たった二本のライナー。  | トップページ |  米長邦雄さん。大きい人だった。 »

2012/11/01

プロフェッショナル班の場所が、移転していたこと。

NHKでの収録の合間に、30分くらい間が開いたので、廊下を抜けて、エレベーターに乗り、「10」を押した。

何度、このルートを通ったことだろう。降りて、左に曲がって、その奥に。。。と思ったら、ない。

呆然としていると、「社会情報番組は、****に移転しました」という掲示がある。

10階の、ちょうど反対側の方に、そう書いてあった。いるかな、とのぞいていると、すどちんが一人で机に向かっているのが見えた。

「あっ、すどちん!」

すどちんが、びっくりしてこっちを見ている。

「あれ、茂木さん、どうしているのですか?」

「いや、エル・ムンドなんです。」

「あっ、そうか。タカさん、あっちにいると思いますよ。」

「タカさん、さっき会いました。出るところだって。」

すどちんが指す方向に一緒にいくと、確かにその一角があった。「プロフェッショナル 仕事の流儀」という看板がある。

そしたら、みんないた。宮川さんとか、久保さんとか、末次さんとか。それに、粟田さんまで!

新しい人もいた。お名前聞いたけど、忘れちゃった! (ごめんなさい!)

みんなで、写真を撮る。昔の仲間たちが、がんばっている姿を見ると、本当にうれしい。久保さんは、いつの間にかCPになってしまったし。ぼくもがんばる!

粟田さんが、新米をくださった。粟田さん、ありがとう!

時は流れていく。でも、いっしょにいた時間は決して消えない。それは、伏流のように。

11月 1, 2012 at 06:45 午前 |