« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »

2012/04/26

私にラベルを貼ってください!

かつては、右だとは左だとか、リベラルだとか保守だとか、国際派だとか国家主義者だとか、いろいろなラベルが有効だったのかもしれないけれども、今や時代が複雑になりすぎて、ある見解だけで一人の人をラベル付けするのは困難だと感じている。

そもそも、人によって意見が違うのは当たり前。仮の10の政策があり、YES/NOの確率が1/2だとするとすべて一致するのは1024人に一人である。もちろん実際には分布に偏りも相関もあるわけだが、見解が異なる人と共生し、意見を交換していかなければこの世はもはや成り立たない。

以下に、私、茂木健一郎の見解を列挙します。

皇室 伝統を最大限に尊重。皇室典範の改正問題については、慎重に検討。何よりも今上天皇、皇族方のご意向が大切。

国旗 日の丸が、国旗

国歌 君が代が、国歌

教育条例 卒業式などにおける、国旗、国歌に対する特定の行動の形式的強制には反対。ちなみに、私自身は立つし、歌います。アメリカ大リーグを見に行くと、なんとなく星条旗に対して起立し、うろおぼえのアメリカ国歌をうたいます。

TPP 推進する。

原発 エネルギー安全保障の観点から、その利用の可能性を閉ざすべきではない。

消費税 10%に上げることに賛成。英国のように、一定の範囲内で、財務大臣が政策決定を通して、国会の議決を経ずに税率を変更できる制度にすることを主張

死刑 廃止へ向けて国民的議論を高める

記者クラブ 廃止、記者クラブ以外のフリーランスのジャーナリストへの門戸開放へ向けて、メディアの努力を求める。

教科書検定 電子教科書の導入と平行して、廃止、ないしは大幅に縮小

日本人の英語 TOEIC依存からの脱却

新卒一括採用 廃止。国際的な人権法則に反し、企業のコンプライアンス上も重大な疑義がある。

連帯保証人制度 廃止。

大学入試 ペーパーテスト偏重を改める。センター試験のみを課し、二次試験は面接やエッセイなどの総合判定。

憲法 現憲法は絶対的な存在ではない。

核兵器 日本は核兵器をつくらない。米軍の核の所在については、明らかにしないこと自体が抑止力。その上で世界的な核軍縮を進める。

さて、私は右なのでしょうか、左なのでしょうか。保守なのでしょうか、革新なのでしょうか。国際派、それとも国家主義者? ラベル貼りが上手な方は、どうぞ、貼ってみてください! 

コメント、お待ちしております!

(スパム防止のため、コメント欄は、内容を確認して承認するまで表示されない設定になっています。
メールアドレスを書くと、ココログの仕様に基づき表示されてしまうので、それが困る、という方は、メールアドレスを空欄のままで投稿ください!)


4月 26, 2012 at 10:07 午前 | | コメント (46)

2012/04/21

そして、人生は続く。

NHKの西玄関を入って、「右の方です」というから、歩いていったら、今日の収録の場所は、102スタジオだった。
 わあ。
 懐かしさがこみ上げた。
 4年と三ヶ月、毎週のように『プロフェッショナル仕事の流儀』の収録のために通った場所。

 その頃のことは、「プロフェッショナル日記」
に書いてある。最後のエントリーは、2010年6月の「細田美和子さんの送別会」だったんだね。

 開始まで少し時間があったので、10階の社会情報番組に上がってみた。土曜の午前中ということもあって、さすがに誰もいなかった。たかさんの机の上に、ビッグ・イシューを4冊置いた。

 本当は、フリスクを差し入れしたかったんだけど、第一食堂の横の薬局が、開いていなかったんだ。

 102スタジオに戻って、中を覗くと、なんだか大きな気がする。

 あれ。あのV字のスタジオが入っていた頃って、もう少し小さく感じていなかったっけ?

 そしたら、102は改装して、照明とかも変えて、前より大きく感じられるようになったらしい。入ってすぐ右の機材置き場も、ずいぶんきれいになっていた。

 控え室に入ったら、本当になつかしかった。ここって、有吉伸人さんがごろっと座って、それをぼくが写真に撮った部屋じゃなかったっけ。

 ツイートしていたら、カワボウ(@kawabou)からつぶやきが来た。

@kenichiromogi しかしマジで懐かしいっすね。それにしても、よくフリスク食べてたなぁ、あの頃。自分が持ってなくても、必ず誰かが持ってたwww

アニキ、ひしっ!あれ、前よりポニョ度が...。なんちゃって(笑)RT@kenichiromogi: かわぼう! ひしっ! RT @kawabou: 1捧げた青春の日々が懐かしい。RT むかし、NHKのチャリティで、ぼくが描いた絵

 カワボウの言う通り、本当に青春だった。。

 そして、人生は続く。

4月 21, 2012 at 04:01 午後 |