« 藪入り | トップページ | 人生の節目に長い距離を »

2011/12/05

不適応として表れることもある

そういえば、「野蛮人の会」というのだった。

世間では、あたまのいい人は適応できると言うのだろうし、進化論的にもそうなのだろうけど、圧倒的な頭の良さが、不適応として表れることもある。

いまどき、煙草を吸わない、吸うことを推奨しない方が適応的なのだけれども、養老孟司さんはなにしろ圧倒的に頭がいいから、そんな適応にはならない。

楽しかった。虫の話とか、エラスムスのこととか。

「野蛮人」というのは養老先生の命名で、要するに世間から外れた人たちということらしい。残念ながらの欠席は、内田樹さんに甲野善紀さん。

養老先生、ありがとうございました!


12月 5, 2011 at 06:53 午前 |