« 愛する店、自分の大切な場所がそのままある。それだけで、星を眺める力がわきあがってくるような | トップページ | 勉強法に悩んでいるみなさんへ (4)時間を自分の味方にしよう »

2011/10/16

大空の下で考えると、発想が変わってくる。

 カルチャーセンターの後で酒に酔って、「変われない日本なんて、もういいや。日本に飽きた」なんて言っていた男が、飛行機に乗って、たった1時間20分空の人となり、降りて空港に着き、車で走り出して、旭川郊外の大きな澄み渡った空をみたら、とたんに「人生もなかなかいいね」なんて思うんだから、気分なんて本当にいいかげんだし、一時の気分で人生をああだこうだなんて言うもんじゃないと思う。

 だって、本当に透明で、大きくて、空気もひんやりと気持ち良くって。いざとなれば、大きな空の下に逃げていけばいいんだよ。せこいやつらの話なんて、知るものか。

夜、居酒屋で懇談していたら、誰かが、中央の政治かが相変わらずバカやっているんだったら、北海道は独立しちまえばいいんだ、なんてこと言っていたけど、そういうの大いにいいね。食糧自給率200%だし、と誰かが続いた。

大空の下で考えると、発想が変わってくる。旅は大事だよ。

ほっけも、ビールもおいしかったな。ほっけは、内地で食べるよりもずっと肉厚でふんわりしていて、噛みしめるとじんわりと元気になる、そんな味がした。

10月 16, 2011 at 07:20 午前 |