« 「椅子を三つ並べて寝る」空間がなくても、養老さんと意識についての議論ができて、本当によかった。 | トップページ | 東京大学Liberal Arts Collegeに関する私案 »

2011/10/09

きっと、それは、誰でも、そこに戻りたいと思うような、人生の「真昼どき」なんだよ。

 ずっと、スタジオの前室にいる習慣だった。だから、中で、前説のひとたちがお客さんをわかせている、と気付いたのは、しばらく経ってからだった。

 気付いたあとも、前室で荒俣さんや、中尾さんや、YOUさんや、いろいろな人と話していることが多かったから、前説のひとたちの様子を見ることはできなかった。

 なぜ前回、のぞいてみようとおもったのか、よくわからない。下克上、というやつかな。
 
 スタジオの入り口から入って、端の方に立っている。そんなことをしているのは、ぼくぐらいなものだから、ちょっと悪いことをしているような気がするよね。

 お客さんの前で、二人組が話している。

 「じゃあ、声を出す練習をしましょう。私が質問したら、続いて大声で言ってくださいね。いいくにつくろう、はい!」
 
 「鎌倉幕府!」

 「おっ、いいですね。今日のお客さんは、賢いし声が大きいですね。」

 「じゃあ、今度は、ぼくがいきますね。なくようぐいす平安京!」

 「お前、自分でぜんぶ言っちまうんじゃないよ!」

 お客さんが湧いている。

 近くに立っていらしたディレクターの方に、「なんというコンビですか?」と聞いた。

 「ギンナナ」です。

 「ギンナナ?」

 「銀座七丁目劇場から来ているんですよ。」

 「へえ。そうなのか!」

 ギンナナの二人が、一生懸命前説をしている。そこにはカメラは回っていないけれども、彼らの姿は、
もう既に輝いている。

 きっと、それは、誰でも、そこに戻りたいと思うような、人生の「真昼どき」なんだよ。

10月 9, 2011 at 08:44 午前 |