« 東京大学Liberal Arts Collegeに関する私案 | トップページ | Y字路のあたりの風景はね、とてもいいんだよ。 »

2011/10/10

地上の白磁は、かすかな光を映して、天上の月に対照している。

近づくと、もう崖のあたりから、ざわざわと大きな声が聞こえた。
回り込んでみたら、何のことはない、白洲信哉が座って、肉を焼いている。

「おお、来ましたか。」

顔を見ると、赤い。

「もう飲んでいるんでしょ。」

「違う違う。飲んでない!」

ビールをぼくも飲んだ。改めてみると、やっぱり顔が赤い。

「飲んだでしょ?」

「2、3杯だけですよ。はははははは。」

信哉は口は悪い。口は悪いけれども、肉を焼くのはうまい。

信哉が焼き上げた肉を、骨董仲間に持っていく、そのところを、指でつかんであちちちと食べるのが鳶で一番うまい。

でも、本当にあちちちになったぞ。箸、箸!

李朝の白磁に、信哉がすすきを活けた。ぼくは骨董なんてまったくわからないから、「へえ」と言っていたら、瀬津さんが、「触るといい」というので、なでなでしたら、本当に気持ち良かった。

「ね、白磁っていうのは、これなんですよ。」

お月様が出た。地上の白磁は、かすかな光を映して、天上の月に対照している。

信哉の肉がおいしくて、お酒も進んで、また寝ちゃったよ。起きたら、信哉が横でおい、みたいな感じで肩をゆさゆさしてた。

大雨になったね。とぼとぼ歩いていたら、すべての光の向こうに、さっきの白磁が見え隠れするような気がした。

10月 10, 2011 at 09:12 午前 |