« 桃源郷はここにあった。星のや京都 | トップページ | 今度夕暮れの空を見上げるときは、アタマの中から、できるだけカメラを追い出すことにしよう。 »

2011/10/23

ずっとぶっこわれた青い靴でがまんしていたのが、急に靴持ちになっちゃった。

ずっとはいていた靴がこわれたので、白いビートルズのりんごが入った靴をかった。

そしたら、かかとのところが痛くなった。なにしろ裸足で歩き回っているので、すれるのだ。

さわってみたら、靴の内側が、キャンバス地ということもあって、紙ヤスリみたいになっている。困ったな、と思って、たまたま通りかかかった店で、また靴を買った。革靴のまじめなやつ。でもやわらかくて、履きやすい。

しめしめ、と思っていたら、フジテレビで朝倉さんが「はい、茂木さん」と靴をくれた。神原さんが持ってきてくださった。恐縮。「誕生日のプレゼントです。」

わあ、はきやすい! スリップオン! でも、これで、京都に靴持っていかなくてはならなくなったよ。

ロッカーにでも、と思ったけれども、乗るのが品川で、帰り降りるのが新横浜だから無理だ。

すごいなあ、たった3日で、三足の靴がぼくのところにやってきた。ずっとぶっこわれた青い靴でがまんしていたのが、急に靴持ちになっちゃった。

でもね、裸足だといつ寒くてたまらなくなるかもしれないと思って、リュックの中にはいつもエマージェンシー・ソックスを入れている。

10月 23, 2011 at 07:43 午前 |