« どんな環境にあっても、自分の純なる中心を失わない。 | トップページ | 母親が居間で叫んで教えてくれて、ぼくが二階から戦闘機のスクランブル発進のように駆け下りてくる。 »

2011/10/27

日本を救って前進させる、核心をついた設計を求めているさ。

磐田の駅からタクシーに乗ったら、方向と時間帯のせいか、なかなか着かなくてはらはらしたけれども、なんとか、18時前にYAMAHA発動機コミュニケーション・プラザに着くことができた。

池上高志が、マックをつないでいる。「よう!」

ものすごく楽しみだった。池上の話を、しばらく聞いていない。何の話をするのかな、と思ったら、グーグルの計算と、インターネットの話だった。

ものすごくわかるな。複雑系の研究が、大量のデータを扱うグーグル的存在の登場により、変質してしまった。少数自由度の「トイ・モデル」では、もはや太刀打ちできないんだ。

スライドのトーンが、かぶっていて笑ってしまった。あいつも、チュニジア革命とか、エジプト革命のスライドを使っていたよ。

終了後、YAMAHAの方々と懇親したあと、浜松のホテルのバーで飲んだ。「計算論」のレベルが大事だ、ということも、お互い独立に思っていて、驚いた。あとは、建設的な提案、画策いろいろ。

やっぱり、作るしかないよね。日本はいよいよ行き詰まってきたから、絶対に、建設的な意見が必要とされる局面になってきている。霞ヶ関だって大企業だって、マスコミだって、本当は、日本を救って前進させる、核心をついた設計を求めているさ。だって、それが、生命の本能というものだからね。



池上高志。浜松のバーにて。

10月 27, 2011 at 06:38 午前 |