« アスリートになれ。市川海老蔵さんの『伊達の十役』。 | トップページ | 生きることは、頼りなく、心細いことなのだと感じる。 »

2010/12/06

さんざん遊んでも、まだ日が高く昇っている。それがうれしくて、楽しくて。

子どもの頃、母の実家があった小倉に帰る度に思っていたこと。九州は日が長い。南にあるということもあるし、西だから、日本標準時だと太陽の進行が遅れ気味ということもある。

ナガサキアゲハや、モンキアゲハ、ムラサキシジミにムラサキツバメ。その頃、関東では見たこともなかった蝶を追いかけて夢中になって、夕暮れになって親戚の家に帰ると、もうびっくりするくらい遅い時間になって、みんながお膳でご飯を食べていた。

「けんちゃん、どこ行ってたと?」

「まだ明るかったけん」

覚えたての九州弁で、そんな風に言いわけしたっけ。

蝶をおいかけて、さんざん遊んでも、まだ日が高く昇っている。それがうれしくて、楽しくて。何かとてつもなく得をした気分になって。

あの頃に、たった一日でも戻れたら、どんなに幸せだろう。

霧島アートの森の清澄な空気の中を歩きながら、そんなことを思い出していた。それは、昨日。

そして、今日は、大阪の雑踏の中に道を探して。

12月 6, 2010 at 02:41 午後 |