« 海で荒波にもまれている漁師が、数日間陸に上がる、そのような狭間 | トップページ | ワゴンタクシーの座席で、コンビニ袋に包まれた下着をまくらにして、コートをはおり、寝転がって星空を見ている。 »

2010/11/27

国会運営、ムダが多すぎる。仕分けをしてもらってはどうか?

問責決議のような無駄なことをしている時間があるということは、つまり国会議員は暇なのだろう。不思議な話である。国政の難問、課題は山積しているというのに。

立法府たる国会の責務を果たそうと思ったら、現状、政策についての調査、研究、議論、それこそいくら時間があっても足りないはずだ。センセイ方の時間の使い方にとやかくものを言う筋合いではないが、国会運営、ムダが多すぎる。仕分けをしてもらってはどうか?

日本の国会で以前から不思議なのは、単なる数合わせになっていることである。政党は大事だが、一方で議員はそれぞれその判断力を買われて当選したはずであり、個々の案件について、自らの経験、良心、判断に従って投票する、ということがなかれば単なる数合わせの駒になってしまう。

党議拘束はある程度は必要だが、それが数合わせになってしまうと、要するに議員はろくに勉強しなくても党の方針に従って投票するロボットとなる。それでは、判断力を培うon the job trainingができぬ。

繰り返しになってもうしわけないのだが、政治部の若手記者よ、政局報道を断固拒否せよ。そんなくだらないことについて記事を書くために新聞記者になったんじゃないんでしょう。日本の将来を左右する政策課題について、自らも考え、誰が考えて、よい情報を持っているのか、そういうことを書いてください。そうじゃないと、ジャーナリストとしての腕は、一向に上がりません。

「小沢氏招致見送り 攻撃材料いっぱい、野党がカード温存」

「進退は総理がお決めになる」仙谷氏、揺れる自負心」

現在のasahi.comの見出しだけれども、こんな政界総会屋みたいない記事、書いていて楽しいのか? もうしわけないけど、こういうのは、速攻でディスります。TEDみたいになってください。

11月 27, 2010 at 09:02 午前 |