« 神津島、丸金の塩辛 | トップページ | 「かぶく」ためには勇気を持たねばならぬ »

2010/11/01

原生林が戻ってきた。

野幌の原生林の入り口に、開拓百年記念塔がある。ずいぶんと大きい。階段を上ろうとしたが、中から声が響いてきたので、自然に森に足が向かった。

どんどん歩いていく。ふと見ると、携帯の電波が消えていたので、もう呼び出せないなと思った。

このまま奥に進んでいってしまおうとも思ったが、17時までには戻れと言われている。どこまで行けばいいのか、景色から自然にわかるはずだ。

かさかさと音がする。気配に包まれる。前方に、ぼんやりと明るくなったところが現れる。白樺が立っている。何となく開けて、気持ちがいい。ああ、今日はここまで来ることになっていたのだなと思って、くるりと踵を返した。

大学の講堂に行くと、学生たちがわんさかいる。いろいろ話して面白かったな。

終わって、講堂の外に出ると、ひんやりとした空気に包まれる。どうやらさっきの原生林が戻ってきた。このまま、しばらくは、都会へも運べそうだ。

11月 1, 2010 at 09:33 午前 |