« 時折噴火する人は、ふだんの静かな佇まいこそが | トップページ | 連続ツイート 「胸がざわざわすること」 »

2010/10/12

連続ツイート ジェントルマン

ジェ(1)きのう、東京タワーの下のかくれ家レストランで、チャリティ・イベントがあった。そのとき、その話をしたので思い出した。ジェントルマンのことを書こうと思う。

ジェ(2)ジェントルマンとは、イギリス生まれの呼称だが、決して、金持ちだったり、社会的地位が高い人のことを指すのではない。むしろ、ジェントルマンとは、他人に対するある成熟した態度のことである。

ジェ(3)BBCのコメディ『リトル・ブリテン』の中の「ルーとアンディ」のスケッチ。車いすのアンディは、わがまま放題。何の文句も言わずアンディの世話をするルーは、みすぼらしい格好をしていても「ジェントルマン」である。 http://bit.ly/czN8PH

ジェ(4)ジェントルマンは、相手によって態度を変えない。映画『マイ・フェア・レディ』で、貧しい花売り娘のイライザをヒギンズ教授はバカにするが、ピッカリング大佐は、丁重に扱う。美しくて着飾っているからレディーなのではない。相手がレディーとして扱えば、誰でもレディーとなる。

ジェ(5)恋愛において、男性がよく失敗するポイントがある。女性が、何か言ったとき、それが論理的に矛盾すると考えてしまう。3日前に自分が言っていたことと違うじゃないか、支離滅裂だ、などと思ってしまうのである。

ジェ(6)しかし、女性が矛盾したことを言ったり、前言を翻したりするのは、その背後に淋しい気持ちや、不安な気持ち、愛が足りないという思いがあるからである。事実と違うとか、論理的に矛盾するなどは大した問題ではない。その背後にある思いこそ、受け止めなければならない。

ジェ(7)どんなに支離滅裂で、めちゃくちゃでも、その背後にある気持ちをやさしく受け止めて、黙々として従う。そして、揺るがない。そのような男性は、どんなに貧しく、ボロを着ていても立派なジェントルマンとなる。

ジェ(8)どんなことがあっても他人を受け止めるジェントルマンであるためには、自分が大地となること。強く、成熟していて、世間知に長けている。そのような人間を目指せば、あなたもジェントルマンになれる。

ジェ(9)ジェントルマンとは、つまり、愛のある「やせがまん」のことである。不安や哀しみで揺れ動いている他者をやさしく受け止める。そうして、自分は、一切弱音を吐かないのだ。もちろん、一種の理想に過ぎぬが、すべての美意識は、地上からほんの少し浮上している。

以上、ジェントルマンについての連続ツイートでした。

(2010年10月2日、http://twitter.com/kenichiromogiにてツイート)

10月 12, 2010 at 08:21 午前 |