« 今日も暑いだろうけれども、仕事の前にきっと走ると思う。 | トップページ | 取り逃がしてしまったモンキアゲハの黄色い斑紋のダンス。 »

2010/08/16

ユニヴァーシティ・チャレンジ

ユニヴァーシティ・チャレンジ(University challenge)は、イギリスのBBCで1962年から放送されている大学対抗のクイズ番組である。

司会者が、次々と問題を出し、それに答えていくというシンプルな形式。

問題の内容はストレートな教養問題。ブザーの押し間違えや、誤答に対しては、1994年から司会を続けているジェレミー・パックスマン(Jeremy Paxman)が容赦ない追求を行う。


日本でも、これと同じフォーマット、あるいは似たようなフォーマットで番組が出来ないかなと思う。

ユニヴァーシティ・チャレンジでは、オックスフォードやケンブリッジといった、「名門」と見なされている大学のチームが、それほど有名ではない大学のチームにしばしば負ける。この「下克上」効果が、日本にも必要だと思う。

統計的にみて限定的な根拠しかない「偏差値輪切り」に伴う意味のない大学のブランド信仰を、がちんこの実力勝負で打破できたら大いにオモシロイと思う。

たとえば、東大チームがコテンパンにやられたら、大学名だけで人を判断することの愚かさが何よりも雄弁にわかる。(もちろん、東大チームがものすごく強いということもあり得るけれども。)

どなたか、編成に企画書を出してみようという方はいらっしゃいませんか?

http://bit.ly/boybpQ 
University Challenge - Emmanuel College, Cambridge vs University of Manchester (P1)

8月 16, 2010 at 06:57 午前 |