« The bearable lightness of being | トップページ | フランクフルト空港 »

2010/04/11

バラ色の朝日に似て

綱渡りの一週間だった。

朝4時くらいに起きて、仕事をする。そんな日が続いた。

あまり睡眠を削るのはどうかと思うけれども、朝早く起きて出かける前に充実した時間を持つのも楽しい。

身体を覚ますために、外に出てしばらく歩く。

この季節は、あちらこちらに桜が咲いていて、やわらかな空気の中に佇んでいる。

子どもの頃から、朝が好きだった。

これから、いろいろなことが起こるぞ、と身体が身構える、あの心地良い緊張感を友にしていた。

もう少し眠りたいな、と思っている身体の芯で火が灯り始めて、やがてのびのびとした活動に移行していく。

あの時間が好きだ。雪山の斜面に映えるバラ色の朝日に似て。

4月 11, 2010 at 07:09 午前 |