« 笑っていいとも | トップページ | Try to forget »

2010/03/27

蒸気機関車

今度は、やり方もわからないのに、蒸気機関車を運転してしまった。

最初の駅に近づいて、ブレーキのかけ方がわからないことに気付いた。早めに減速しすぎて、また加速した。ホームのお客さんがうろうろしすぎて、ぶつかるんじゃないかと恐かった。

そのうち、蒸気機関車は廊下のようなところを走っていた。ぼくはいつの間にか外にいて、追いつこうと必死に走っている。ところが、太ももがやわになってしまっていて、ゆっくり走っている蒸気機関車との距離がなかなか縮まらない。
 
いったん起きて、うとうとしている間に蒸気機関車は現れた。夢というのはいつでもどこでもふしぎだ。

3月 27, 2010 at 06:40 午前 |