« The free system would gradually outgrow the controlled system. | トップページ | twitterがでてきて、ブログの見え方が変わった。 »

2010/03/16

プロフェッショナル 秋山正子

『プロフェッショナル 仕事の流儀』

どんなときでも、命は輝く

~訪問看護師・秋山正子~

 人間らしい温かさは、どんな仕事にも必要だろう。とりわけ、秋山正子さんのような、それぞれの人の家庭に入り、闘病を支える方にとっては、人間力は大切だ。

 秋山さんが、その笑顔で相手を安心させ、リラックスした中で看護を受けることができる状況をつくる、その人格の力はすばらしい。

 そのような人間としての力も、看護という専門性があってのこと。もし、好意や熱意はあっても、専門性が欠けている人がいたら、安心してゆだねることはできないだろう。一方で、専門性は高度でも、人間としての力に問題があったら、心を安らかにすることができないだろう。

 高い専門性と、大いなる人間力と。その両方を合わせ持っている秋山さんだからこそ、何かとてつもないことが起こる。その「化学反応」の現場を目撃した。


NHK総合
2010年3月16日(火)22:00〜22:49

http://www.nhk.or.jp/professional/

すみきち&スタッフブログ


日経BPコラム 専門性と人間力の化学反応
訪問看護師・秋山正子(produced and written by 渡辺和博)

3月 16, 2010 at 08:46 午前 |