« 自由意志の話 | トップページ | What a great job Socrates did in ancient Greek. »

2010/03/13

野生を忘れぬ動物たちよ、ソフィストたちを駆逐せよ!

中央公論で東浩紀さんと話した時、東さんは、ソクラテスは偉かった、周囲の人たちが、こうするとうまく行く、とお金をとってコンサルティングするようなことをしていたのに、「オレは一緒に酒を飲むだけでいい」とお金をとらなかった、と言っていた。

現代も、わかったようなことを言って人を騙すソフィストが多く跋扈する時代という意味では、ソクラテスの時代と似ている。

「無知の知」以上に大切なことがあるだろうか。たとえば、異質な他者に対する「測り知れぬ」という留保を持たない決めつけなど、自分が楽して堕するための怠慢以外の何ものであろうか。

人生の目的はこうだとか、あいつはこうだ、あの国はこうだという決めつけほど、語り手の知性の劣化の指標となるものはない。

ソクラテスが獄中で最後に読んでいた本は『イソップ物語』だったと言われている。

野生を忘れぬ動物たちよ、ソフィストたちを駆逐せよ!

3月 13, 2010 at 09:41 午前 |