« 文明の星時間 ほんとうの歴女 | トップページ | While my fondest memories would ever remain with the small time things »

2010/02/03

週刊ポスト 脳のトリセツ ストップウォッチを使え

2010年2月12日号

脳のトリセツ 第28回

ストップウォッチを使え

「タイム・プレッシャー」をかけることで脳は本気になる。
時間内で課題をこなそうと潜在能力が最大限に発揮されるのだ。

抜粋

 どうやったら、自分の仕事の効率を上げることができるのか、短時間で多くのことをこなすことができるのか。そんな悩みを抱えている人は多いだろう。
 世の中が低成長だろうが、日本の経済が停滞していようが、そんなこととは関係なく、自分自身の脳の「高度成長」を維持する。いわば、自分の生き方と世の中の経済状況を「デカップリング」することをお薦めしている私としては、生産性を上げる方法をいろいろと読者に伝授したいと思う。
 一つ、きわめて簡単な方法がある。それは、「ストップウォッチ」を使うことである。ごく簡素なものでいい。ストップウォッチやタイマーを用いることで、仕事の効率を上げ、脳の生産性を高めることができるのである。

全文は「週刊ポスト」でお読み下さい。

http://www.weeklypost.com/100212jp/index.html

2月 3, 2010 at 07:43 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週刊ポスト 脳のトリセツ ストップウォッチを使え:

コメント

この記事は、まず職場の若手にコピーして読ませるよう上司から厳命されました。まさに隗より始めよ、です(笑)。
こういった実践的なビジネストレーニングに通じるお話は、僕自身、大いに参考になります。

投稿: | 2010/02/03 19:21:05

コメントを書く