« 笠原さんは「なるほど」と言って、ぼくのぼろぼろの私服を見た。 | トップページ | Rick, you are better even than google! »

2010/02/07

アメリカに来て、和牛というのも何かと思って

今起きた。

日本は夜だが、アメリカはこれから活動開始である。

昨日、仕事を終えて夕飯はステーキハウスに行った。

ぼくはリブアイ・ステーキにした。

メニューを見て、びっくりした。

「日本から輸入の、100%純正和牛ビーフ」というメニューがあって、他のメニューとは段違いの110ドルという値段がついている。

アメリカに来て、和牛というのも何かと思って、誰も注文しなかったが、やはりサシが入っているのだろうか。

何だか元気のない日本だけれども、このように外国から高く評価される文化もある。

自分たちの良いところをメタ認知して、磨いていくしかないだろう。

リック・バロンの家で、象の置物を見つめる笠原裕明さん


雪の中、さあ、仕事を開始。


過去40年分のカレンダーの前で


圧倒的に高い和牛ビーフ

2月 7, 2010 at 09:18 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカに来て、和牛というのも何かと思って:

» 茂木先生著書遍歴(10) トラックバック 御林守河村家を守る会
茂木先生の著作は2月13日島田市民会館会場でお求めいただけます。 [続きを読む]

受信: 2010/02/08 8:05:31

» 準備するまで待ってください トラックバック 須磨寺ものがたり
午前9時半、冬空の寒さの下お馴染みの女性達が、 待ち遠しい人を待つかのように立っている。 [続きを読む]

受信: 2010/02/08 10:23:48

» 『化粧する脳』茂木健一郎   トラックバック 観たり・聴いたり
 先日、証明写真を撮りに、地元の写真館に行った。昔、証明写真はちいさなカメラ屋さんで撮ってもらったが、いまはそのカメラ屋さんはない。あるのは写真館か、街角のセル [続きを読む]

受信: 2010/02/08 17:07:37

コメント

きょう(日本時間の午後6時半)、職場から家に帰ってTVを見ていたら、大根おろし添えの肉や、照り焼き風の肉をはさんだ和風ホットドッグ「JAPADOG」を売っている屋台の映像が出ていた。場所は今度のオリンピック開催に沸く、カナダのバンクーバー。

すし、和牛、照り焼き・・・ご存知のように今や日本食もすっかり国際化した。が・・・それを作って海外に広めているのは「人間」。

日本と言う国の、一番の資源は、人材しかない。

ちなみに先に紹介したホットドッグの屋台の社長も、日本人だった。

P・s・二枚目のお写真、茂木さんのお鼻の穴が心なしか広がっているように見えましたが、気のせいでしょうか(微笑)。

投稿: | 2010/02/08 21:46:01

茂木さん、Hello(^-^)色々な画像とか文♪いつもありがとうございます♪(^-^)yところで、茂木さん♪100%?♪和牛いいですね♪私も食べたいです♪(^3^)(笑)うらめしや〜♪(笑)(^.^)それでは茂木さん、また今度です。

投稿: | 2010/02/08 19:05:29

  
   110ドルの和牛

   はて

   誰が

   注文するのでしょうか?

   ランチ  or  ?  

投稿: | 2010/02/08 10:23:42

リック・バロンさんのお宅の
ブルーのソファとインテリアの
色合いが良いですね~?

さあ~と、仕事開始の表情に・・・ちょっと・・うふふ。
寒そうですが、頑張ってくださいね~☆

帰りの飛行機は、お気を付けて下さいね!

投稿: | 2010/02/08 3:33:09

茂木健一郎様
今日のmissionを楽しまれてくださいネ☆

日本の良さをメタ認知ですね。
しみじみと考えます。

投稿: Yoshiko.T | 2010/02/08 0:36:28

こんにちは

>「日本から輸入の、100%純正和牛ビーフ」というメニューがあって、他のメニューとは段違いの110ドルという値段がついている。

>アメリカに来て、和牛というのも何かと思って、誰も注文しなかったが、やはりサシが入っているのだろうか。

>何だか元気のない日本だけれども、このように外国から高く評価される文化もある。

>自分たちの良いところをメタ認知して、磨いていくしかないだろう。


日本は資源がない貿易国家、資源は人材だけ、人材に投資をするしかないでしょう。


>リック・バロンの家で、象の置物を見つめる笠原裕明さん

笠原さんの写真が、ゲストを迎える家の主人のようで面白い。(^^)

投稿: | 2010/02/08 0:29:13

コメントを書く