« I hadn't seen a single one of them. | トップページ | 脳のトリセツ 「天才」は努力する »

2010/02/24

文明の星時間  スーパーボウル

サンデー毎日連載

茂木健一郎  
『文明の星時間』 第103回  スーパーボウル

サンデー毎日 2010年3月7日号

http://mainichi.jp/enta/book/sunday/ 

抜粋

 クリーヴランド滞在最終日の午後は、スーパーにいた。次から次へと自家用車がやってくる。レジには人の列。皆、スナックやビール、ワインを買って、いそいそと帰っていく。
 「スーパーボウル観戦の準備をしているんですよ。」
 アメリカ滞在10年の日本人がそう解説した。心なしか、どの人の顔も楽しそうである。私の気分も高まってきた。
 夜、ダウンタウンのスポーツバーに出かけた。もう試合は始まっている。カウンターに座った三人連れが、「そこだ!」「行け!」と声を出している。
 ルールがわからないままに、しばらく画面を見つめていると、競技の勘所のようなものはどうやら伝わってきた。
 単なる力ではない。数字と論理に裏付けられた戦略の勝負。どんなフォーメーションをとるか。どこにボールを出すか。猛烈なスピードで計算するコンピュータのような頭脳が必要。それでいて、動きを支える強靱な肉体も不可欠。なるほど、いかにもアメリカらしいスポーツである。

全文は「サンデー毎日」でお読みください。

本連載をまとめた
『偉人たちの脳 文明の星時間』(毎日新聞社)
好評発売中です。


2月 24, 2010 at 07:30 午前 |