« NTT R&D フォーラム | トップページ | Emergent contingency »

2010/02/25

「あら、まあ」

駅のトイレに入ろうとしたら、女の人があわてて走ってきた。そうして、車いす用のトイレのドア・ボタンを押した。

するすると、ドアが開いた。

中に、お兄ちゃんが座っているのが見えた。毛糸の帽子をかぶった、今風のお兄ちゃん。彼は慌てていた。それはそうだろう。用を足している間に、ドアが開いてしまったのだ。

女の人は、「まあ、あら」と言って、逃げてしまった。あっけにとられたのだろう。

困ったのはお兄ちゃんである。ズボンをずり下げたまま、カニ歩きしてドアの方に出てきた。

武士の情け。それ以上見ずに、私は歩み去った。

本当は、「あら、まあ」の女の人が、ドアを閉めてあげればよかったのだけれども、それよりも恥ずかしさの方が先だってしまったのだろう。

街に出ると、まるで春のような空気。椿事で温かな気持ちになった。

2月 25, 2010 at 07:42 午前 |