« 脳のトリセツ 「天才」は努力する | トップページ | 「あら、まあ」 »

2010/02/25

NTT R&D フォーラム

中央線を三鷹で降りて、NTT武蔵野研究開発センタにお邪魔した。

NTT R&D フォーラム2010。研究開発の様子を、拝見した。

とても面白かった。これからのICTにおいて、NTTが構築してきたインフラは、大きな支えになる。

たとえば、今注目を浴びているAmazon Kindle, Sony Reader, iPadなどの電子書籍、映画流通においても、ユーザーが特にキャリアとの関係を意識しなくても、out of the boxですぐにサービスが利用できる。そんな時代がすぐそこまで来ている。

その結果、携帯電話のネットワークが支えるビジネスの範囲が、拡大し始めた。たとえば電子書籍においては、NTTは、日本で言えば日販や東販のコラボレーター、ないしはコンペティターになりつつある。

論理的に考えれば、以前から明らかだったこと。そのようなことが、いよいよ現実のこととなりつつある。今、無線・有線のICTに絡んで、取り組むべきこと、やるべきことのto do listはきわめて多い。

エキサイティングな時代がやってきた。

情報ネットワーク時代の偶有性の問題に絞って、一時間お話する。とても良いオーディエンスだった。

NTTの数々の素晴らしい研究を見せていただいた。

ありがとうございました!

https://event.ecl.ntt.co.jp/forum2010/info/lecture/index.html 

2月 25, 2010 at 07:39 午前 |