« Japanese Journeys: Tokyo's green 'river of light' | トップページ | 野生 »

2010/02/10

開高健ノンフィクション賞 募集中

開高健ノンフィクション賞

現在作品を募集中です。締め切りは2月末日まで。

行動する表現者として、旺盛な探究心と人間洞察の結晶を作品に昇華し続けた作家・開高健──。小説のみならず、ルポルタージュ文学の傑作「ベトナム戦記」「フィッシュ・オン」「オーパ!」をはじめとする作品群で日本のノンフィクション文学に大きな足跡を残した同氏を記念し、ここに「開高健ノンフィクション賞」を創設します。従来の枠にとらわれない、広いジャンル、自由なものの見方・方法によるノンフィクション作品を募ります。
 どうか、ふるってご応募ください。

【主催】(株)集英社 後援/(財)一ツ橋綜合財団
【受賞作】正賞=記念品
     副賞=300万円(単行本化の際は別途印税)
【締切】第8回2010年2月末日
【発表】「小説すばる」「青春と読書」
(ともに10月号)誌上 

http://www.shueisha.co.jp/shuppan4syo/kaikou/index.html  

2月 10, 2010 at 10:25 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 開高健ノンフィクション賞 募集中:

コメント

茂木健一郎さま

原因は岩手県は盛岡雫石スキー場スキースクール校長先生の松ノ木敏雄さまが原因

数年前
久しぶりに習いたく
すると、高木くん
僕のところではなく他のスキー場に行きなさい

北海道中心のスキーにしてますが更なる上達をと申し上げでした私に松ノ木敏雄さま

そこで富良野ですか?

松ノ木さま
高木くん、富良野でなく他は?

小樽天狗山スキー場さん中心にしてましたので

あとは小樽天狗山?しか
すると松ノ木敏雄さま

高木くん小樽天狗山スキー場中心なのか?
それは!高木くん雫石に来るな!小樽天狗山スキー場に必ず行きなさい

そして毎度ながら小樽天狗山スキー場さんに
小樽市内へのバス停で
感じの優しそうな方が時間、何時ですか?と

松ノ木敏雄さまと同じ全日本スキー連盟のハンチング帽子の方
それでお話をしてましたら
ウチの娘、全日本スキー連盟ナショナルデモンストレーターなんです
と言い出され

え?

それで輪島さんというナショナルデモンストレーターさんのブログに
お父様?と質問
すると
ウチの父が路線バスに乗るはずない
でしたが、聞いてみたら高木さんと話をした!と言ってます!
と確認の後の次のシーズン
小樽天狗山スキー場で
その輪島さんが前でリフトに乗りそうな
でしたが
偶然にしては松ノ木敏雄さまのことと言い
なんだか疲れてリフトには輪島さんと乗らなく
その後が大変

小樽天狗山スキー場のリフトにてん
高木さん、なんで輪島千恵さんとリフトに乗らず?
小樽天狗山スキースクール校長先生からとがめられ、
え? なんで知ってるの? 疲れに疲れて

そんなこんな
輪島千恵さんはキロロのスキースクールの先生になられ
一度は受講してみようかな?
スキースクールの申し込みを2年前にしましたが
キロロの社員さんがスキースクールで習ってはダメと

その申された方のこと
松ノ木敏雄さまの奥様の松ノ木和子さま

え!あの方、存じ上げてます高木さん、キロロの、その社員さん全日本スキー連盟のデモンストレーターでした方ですよ!
私、ひー!スキー業界狭いけど狭すぎ


今回は疲れないスキーをする
リフトも一人で乗る
それが
ご一緒、いいですか?
という方
お話をしていて私は町田市から着てます申すと、町田市の玉川学園を卒業しました、と、その、かなり目上の方
そして
明日から輪島千恵さんに習うんです
言い出され

え?え?偶然にしては無理やりリフトに乗ってきて挙げ句、え?
疲れる
そして昨日
偶然?リフト乗り場にて輪島千恵さんが

私、偶然の偶然に偶然で偶然があるのかな?他のリフトに行きました
そして本日
滑ろうとした私に
横の知らない方が

後ろに輪島千恵さんがいますよ!
まあ、ご親切に教えてくれましたが
松ノ木敏雄さまの小樽天狗山スキー場に行きなさいから
偶然に偶然で偶然が偶然にも偶然
なにがなんだかで
本日は後ろを振り向く余裕はなく

ただ今までとは違い散漫なことなくスキーに集中し滑りました

私、今回はスキーに集中できてよかったです

小樽に泊まりキロロさんでスキーが安上がり
素晴らしいスキー場
キロロリゾートスキー場さんです

明日は帰京
スキーに集中できて

私はスキーを楽しみました今までとは違い散漫にもならず

茂木健一郎さま

明日、木曜日
数日後の日曜日

久しぶり
神奈川県は茅ヶ崎の沖磯でお魚釣りをしようかなと考えてます今のところ
木曜日まで北海道にいて数日後の日曜日に茅ヶ崎で磯釣り

スキーの疲労が残ってなかったら日曜日に本当
茅ヶ崎で磯釣りです
さて
寝ます。

投稿: 高木英樹 | 2010/02/10 23:54:28

開高さん。私はお会いした事がないですが、なぜか存在を近くに感じる方のひとりです。短編「玉砕ける」が好きです。学生時代を振り返ったエッセイの中にあった細面の若かりし開高さんの写真。とてもナイーブな感じ。男女の事に関してはちょっと乱な描写、きっと女の人に対してはうぶだったんじゃないかな。

投稿: tori | 2010/02/10 13:03:04

コメントを書く