« 文明の星時間   隕石とクレーター | トップページ | Japanese Journeys: Tokyo's green 'river of light' »

2010/02/10

週刊ポスト 脳のトリセツ 〝アスリート”海老蔵に学ぶ

2010年2月19日号

脳のトリセツ 第29回

〝アスリート”海老蔵に学ぶ

「結果が全て」「言い訳は無用」「誰も助けてくれない」……
孤独な戦いを続ける姿は大いに参考になる。


抜粋

 1月のある夕方、東京の新橋演舞場に出かけていった。市川海老蔵さんの舞台『伊達の十役』を観に行くためである。
 海老蔵さんの舞台には、何とも言えない華がある。そのことは、以前からわかっていたが、その「華」の理由を、改めて納得したような気がした。自分の心身を鍛え、ある一つの表現をする。その当否について、自らは一切語らないこと。そのような強靱な精神に裏付けられているからこそ、海老蔵さんの舞台には華があるのだと納得したのである。
 舞台から離れて、ひとりの人間として会う海老蔵さんは、自由闊達で気さくな若者である。細やかな心遣いをする。気をそらさない。みずみずしく、元気な生きもの。そのような海老蔵さんが、広く人気があることは肯ける。
 一方、舞台の上では、海老蔵さんは鬼になる。龍になる。気迫はすさまじく、その体力、気力も並大抵ではない。そのような目を見張るような変化の根本的な原因は、海老蔵さんがひとりの「アスリート」であることに求められる。

全文は「週刊ポスト」でお読み下さい。

http://www.weeklypost.com/100219jp/index.html

2月 10, 2010 at 09:16 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週刊ポスト 脳のトリセツ 〝アスリート”海老蔵に学ぶ:

コメント

茂木サン、 海老蔵サンは 芯の強い方ですね。
まだ若いけれども、すでに 3歳位から 歌舞伎の稽古が始まり、
20年以上の歌舞伎をやってこられた。
その経験は、ベテランの域に達していらっしゃる。

一つを極めた方は、魅力的になる という事ですね。


投稿: | 2010/02/11 7:05:43

    
     「華」

        雅な

        語

        (本当に茂木先生の
         視野・広域に
         感銘する者です)

投稿: | 2010/02/10 9:41:12

コメントを書く