« 朝青龍さま | トップページ | Cleveland »

2010/02/05

高野委未さんの修士論文の発表。

高野委未さんの修士論文の発表。考え得る限り、もっとも素晴らしくできた。

高野さん、偉いね。がんばったね。

すずかけ台の居室につくと、高野さんの先輩たちが資料の印刷などを手伝っていた。

それはこの上なく美しい光景だった。

無私の心。自分もまた、その試練をくぐり抜けてきたのだから。いつか通ってきた道なのだから。

打ち上げを青葉台でやる。最初は部屋が寒かったので、何人かは、まるでジュウシマツのようにかたまって座っていた。またそれが、修論を手伝っている心のうるわしさに通じる気がして。

人間をもっと信じようよ。そうしたら、他人に、もっともっとやさしくなれるとぼくは思う。

そんなことをシリウスにつぶやいたら、そうだね、と確かに言った。

2月 5, 2010 at 04:39 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高野委未さんの修士論文の発表。:

コメント

高野さん。論文発表、おめでとうございます!

そしてみんな、その道を通ってきているからこそ…後に続いてくる人への、その思いやりがあるんですね♪

人をもっと信じよう(*^_^*)
そしたら広がる。見る世界がかわる。

投稿: 奏。 | 2010/02/05 20:55:07

今の時代ほど、無私の心が宝のように大切に思える時はない。

人を信じること・・・それも最後まで信じてあげること。

信じあう人と人との間に、暖かい心が通い合う。信頼の絆でつながりあう互いの間に、崩れざるものが生まれる。

『人間をもっと信じようよ。そうすれば、他人にもっともっとやさしくなれるとぼくは思う』

今の『人間圏』の世が殺伐たる砂漠と化したのは、人間がお互いを信じあうことを忘れてしまい、疑ってかかるのが常態化したからかもしれない。

砂漠になった心は、他人に対して、やさしくなれない。

信じあう、無私になる・・・それが人の心の大地を潤し、やさしき『利他』という名の“草花”を育てる。

『利他』の心こそ、大切なれ。高野さんの未来に光輝あれ・・・!

投稿: 銀鏡反応 | 2010/02/05 19:53:14

茂木サン、 大小の試練を乗り越えて 人は大きく、強くなるのですね。
学生時代だけでなく、生き続けていく間、大小の試練はやって来る。覚悟して、頑張るしかない!

高野さん、お疲れ様でした。皆さん、お疲れ様でした。
最近、まだ鳥の美しさを感じ始めています。

投稿: サラリン | 2010/02/05 18:52:55

  
    茂木先生

        先生はどうして

        自然体で

        いつも温かく

        いつも素直で

        いつもクールで

        穏やかで

        愛を感じる語で

        柔らかで

        率直で

        「素敵なのでしょうか!」

投稿: 岡島妙英 | 2010/02/05 10:25:27

茂木健一郎さま 他人を心から信じることが、自然に思いやりの輪につながり、つながっていく人達のこころ和は、いつでもあたたかいのですね!茂木先生は、とってもあたたかい方ですね!

投稿: 蓮華 | 2010/02/05 9:32:23

おはようございます、爽やかな朝の茂木先生^^

夜の闇を切り開き朝日が差し込む夜明け
 
いつか…と思いながら、

空を仰いで生きている私たち

それは、  そうだね・ のささやきの声のため・・^^

春はあけぼの、私もシリウスに呟いてみました

・・・・・  確かに・・

じゅうしまつの声に交じって^^

明け方の北の空を過ぎる、光る宇宙ステーション

光り輝くシリウス、冬の大三角形

人は夢を託すことができると信じている

❀みしらぬ高野秀未さん、修士論文発表までの到達
 おめでとうございます^^
               reiko.G

投稿: reiko.G | 2010/02/05 9:13:46

コメントを書く