« タカさんは、ガンジーになった。 | トップページ | 高野委未さんの修士論文の発表。 »

2010/02/04

朝青龍さま

長い間、お疲れさまでした。すばらしい相撲を見せてくださって、ありがとう。

2月 4, 2010 at 07:57 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝青龍さま:

» アノマリー トラックバック POPO
人間はロボットじゃない 他人と同じじゃ 生きている意味がない 異なるから面白いん [続きを読む]

受信: 2010/02/05 7:40:36

コメント

朝青龍が辞めさせられたことはとても残念です。
日本人はモンゴル出身の朝青龍には勝てなかった。
勝てないが、そこで「品格という正義」を持ち出して
無理やり引きづりおろしてしまった・・。
どうも納得ができない。
正々堂々と戦って不動の横綱として存在していた
朝青龍の強さに品格はやどっていなかったのか。
ぼくは品格以上のものがあったと思います。
力士を判断するのは土俵の上で十分であって私生活まで
過干渉すべきではないでしょう。

品格などという規格に押し込められたお利口な日本人は
規格外の朝青龍には絶対に勝てない。
少なくとも朝青龍を辞めさせることによって
二度と勝てないという状況にしてしまった。

あの婆さんに横綱の何がわかるのか?
日本の何がわかるのか?
まったく理解ができない。

投稿: | 2010/02/05 15:31:40

彼はきっと鬱が治ったら新しい事をして新しい魅力を見せてくれるに違いありません。
日本の国技を盛り上げてくれた御礼に、これからも彼とモンゴルを応援しましょう!
モンゴルは近年の大寒波による被害で草をまかなえなくなった家畜が沢山死に、財産を失った遊牧民が困窮、地下の土管に住むしかないようなストリートチルドレンが沢山います。
ドキュメンタリー「グレートジャーニー」の中でもモンゴルで生きる事の厳しさが伝えられていました。

酔った上での暴力は二度と繰り返してはなりませんが、彼をここまで追い詰めたのは私達日本人ではないでしょうか。若い頃から親元を離れ、異文化の中でもかなり特殊な世界の中、血の滲むような忍耐を重ねて来た若者に対して、私達はどれだけの温かさがあったでしょうか。

投稿: | 2010/02/05 12:49:07

茂木さんの感想に賛同!
本当に、朝青龍、異国の地でよく頑張ったね。お疲れ様。

朝青龍の型破りな「型」は、従来の相撲にはない面白さを
相撲に加えてくれていたように思う。最後の仕切り前に勢い
よく回しをたたく仕草、場内をかっと睨みつける表情、どれ
も闘志をむき出しにしながらも、ある種の「型」を持ってい
たように私には感じられた。歌舞伎役者の一連の仕草と見栄
のような。これを日本の伝統と言わずして何が日本の伝統か。
また決まり手も多彩だった。特に先場所の琴欧洲戦で見せた
「かいなひねり」や把瑠都戦での豪快な投げは、どちらもモ
ンゴル相撲を応用したものだと言う。従来の相撲の型にモン
ゴル相撲の型が組み合わさることによって、新たな型を体現
していたのではないだろうか。一相撲ファンのはしくれとし
て、今回の事件により、相撲の進化可能性(あるいは持続可
能性)を、相撲業界のみならず、日本の文化として閉ざして
しまったのではないかと思うと、残念で仕方ない。

投稿: | 2010/02/05 12:36:16

私は残念でなりません。正直相不透明な撲協会、マスコミに対する疑問が増すばかりです。 ゛品格゛って?


古いしきたりを守るのも大事かと思いますが現状は ハワイ、ロシア、モンゴル異文化の力、人材を必要としているのなら、枠に無理矢理収めるのではなくもっとキャパを広げても良いのではと思いました。


相撲全く興味ありません&観ていませんでしたが、暴れん坊朝青龍が出てきて、(最初は余り好きではなかったのですが、)マスコミに色々叩かれても、言われても乗り越え、力強い相撲をとる姿にいつしか朝青龍が出ているとガンバレー!!!負けんなー!!!と応援していました。今場所の優勝も嬉しかったのに本当に残念です。


あれだけバッシングされながらも25回も優勝、凄いです! ガッツポーズいいじゃないですか!


強靭な精神力。朝青龍さん、ありがとうございました。☆☆☆☆☆

投稿: | 2010/02/05 10:07:24

夫が外人で日本に帰国した時に相撲観戦に連れて行ったのがきっかけで10年前から相撲を見始めました。私も夫も朝青龍の闘志にみなぎる相撲が好きでした。日頃から言われているように日本人力士には見られなくった闘志や根性や粘りがある相撲は見ていて気持ちがいいです。相撲とは、伝統やしきたりのある競技で品格やマナーが問われるなら、何故、歴史や作法を徹底して教育しないのか、、外国人力士を入れ始めたときからこのような問題を想定して、教育をもっと徹底することは出来たのではないか?外国人でも日本人でも相撲の伝統に染まらせたいなら相撲界で徹底的に伝統教育するべきだし、それが難しいならもう少し個性を出させる相撲界に進化してもいいんではないでしょうか。

投稿: | 2010/02/05 8:48:49

私は朝青龍が好きです。
異国で闘って横綱まで登り詰めた彼の姿に、いつもエネルギーを貰いました。
もう相撲をとる姿は見られないけど、彼の闘志がモリモリあふれる取り組みはずっと心に残ります。
日本人もとっくに忘れている『品格』とやらを、もう押し付けられることはありません。
これからの人生を満喫して欲しいと思います。
Jリーグに入っても結構いけそうな気がするのは私だけでしょうか?
な~んちゃって。

投稿: | 2010/02/05 6:41:35

本当にお疲れ様です。

伝統を守るために…伝統を打ち破るために…

この歯痒い気持ちはなんでしょうか?

いつかこのモヤモヤが晴れて

素直に、日本文化に触れて

感動したいものです。

投稿: | 2010/02/04 22:56:16

同感です。お疲れ様でしたとありがとうございました。

投稿: | 2010/02/04 22:40:06

朝青龍の突如の、引退表明のニュース。TV番組を見ていたら速報で、それは流れた。

角界にいる間、史上3番目という優勝回数という見事な戦績をあげた、ブルーウルフ(蒼き狼)。

家でその、詳しいニュースを見ながら、さほど驚きもしなかったが、実感が湧かない。

角界から、また立役者が去っていってしまう。とても残念なことだが、今後は新天地で、思う存分に活躍していってほしいと思う。

投稿: | 2010/02/04 20:51:45

茂木さんっつ!

ありがとうございますっ

投稿: | 2010/02/04 20:43:25

コメントを書く