« 床屋にいる時というのは、不思議なことに人間はリラックスするもので | トップページ | During the dinner party even, I strolled onto the night street alone. »

2010/02/14

私がなぜ街の風情に惹かれたのか

河村隆夫さんのお誘いで、静岡県の島田市に来た。

島田市民会館で、講演させていただく。

_____

 「失われた20年」がさらに長引く気配のある日本。今日は、脳を元気にするにはどうすれば良いか、ということを話したいと思います。

 今の日本を楽しく生きるために必要なことは、二つの「才能」に要約されると思います。
 一つは、「困難」や「苦しみ」を情熱に変えることです。
 もう一つは、自分の「困難」を笑いに変え、生きる力を得ることです。

 楽しさを感じる原因と、学びのきっかけになることは共通しています。すなわち、予想ができることとできないことが入り混じっている「偶有性」の状態です。・・・・・

______

夕刻、街を歩いていて、「みのる座」を見つける。ドイツ語で「カンマザール」と書かれている。

ひと目で好きになった。

夜、島田市の方々と懇親する中で、私がなぜ街の風情に惹かれたのか、その理由がわかったような気がした。

2月 14, 2010 at 08:02 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私がなぜ街の風情に惹かれたのか:

» 「死と身体」 コミュニケーションの磁場 内田樹 トラックバック 須磨寺ものがたり
内田樹(たつる)さんの「死と身体」・・コミュニケーションの磁場、という一冊の作品。 この作品に出会うきっかけは、茂木健一郎さんのブログで内田さんを知り、 内田さんのブログを読み、そこで紹介されていた内容に興味を感じ読むきっかけとなった。... [続きを読む]

受信: 2010/02/14 11:20:34

コメント

こんにちは

>今の日本を楽しく生きるために必要なことは、二つの「才能」に要約されると思います。
 一つは、「困難」や「苦しみ」を情熱に変えることです。
 もう一つは、自分の「困難」を笑いに変え、生きる力を得ることです。


私は、日本人一人一人が「希望」に向かう事だと思います。
日本人一人一人が1%希望に向かえば、国内総生産は1%上がると思います。(^^)

投稿: | 2010/02/15 4:06:03

茂木健一郎様
現在この世界に必要な知慧や元気のわくメッセージをありがとうございます。

投稿: | 2010/02/14 22:57:18

携帯で調べた島田市の市憲民章、とても素敵でした!

録画していた岡田先生の回を見ました!
出ていた生徒に昔の自身が重なり…岡田先生のすごさ、優しさがわかり、見ていて泣いていました。
そして昔の私にも、岡田先生のような方がいました。その人と出会えたから、今の私がいます。

投稿: | 2010/02/14 22:06:45

茂木先生こんばんは。そして、HAPPY VALENTINE! (そういう行事がお好きかどうか・・感謝をこめて気持ちだけ送ります。) 

当方、空模様のせいか、全く気力が湧かず、セロトニンの分泌を促す為と称し、事前に物色したチョコとkeyboardとの間を指が行き来して
います。こういう時、この場所がmy powerspotになっている。ありがたいことです。

春風が吹いたら、軽いコートをはおって、初めての街で迷ってみよう。

’Can you tell me the way to ・・? !
’Sorry I'm stanger here.'

こんな一瞬だけでも楽しいものですね。

投稿: | 2010/02/14 21:53:05

「チャンス」や「笑い」「楽しみ」に
換え、100%生きるチカラにしている茂木さんが大好きです!

なんの根拠もなくポジティブになるのではなく、
どんな状況においても、理論的に説明できる
ポジティブ人間になりたいと思いました。

私がなぜDr.茂木に惹かれたか…
このブログを読んで理解できた気がします。

投稿: | 2010/02/14 13:25:46

茂木健一郎先生 

始めまして、島田のおもちゃのポッポの鈴木と申します。

昨日は島田での講演ご苦労様です。

おもちゃのポッポに御来店頂き来店中の子供たちも店員の皆も大変喜んでいました。

公演中でもポッポの事を話題にして頂いたとの事を講演に参加したお客様よりお聞きしました。
真にありがとうございます。

また島田においでの際には是非ポッポにお寄り下さい。


投稿: おもちゃのポッポ | 2010/02/14 13:16:44

静岡県は島田市に行かれたのですね。

“「困難」や「苦しみ」を情熱に変えること・・・自分の「困難」を笑いに変え、生きる力を得ること”

茂木さんのおっしゃったこのことは、よく言われる楽観主義(正しい意味での)の本質を言い当てているような気がする。

困難な混迷の時代を、生き生きと元気に生きるためには、最低でもこの2点が如何しても要ると思う。

人生で抱える苦しい“マイナス”要素を“プラス”に変えゆくことこそが、きっと自らを変え、やがては社会や時代を変え行くに違いない。

投稿: | 2010/02/14 12:27:28

魅かれる対象の傍にいたいですか、離れていたいですか。
私はただ眺めていたいのです。
関われば自分が投影されてしまい、対象の在り方も変わってしまう。
自分が入らずにただあったその存在を眺めていたいだけなのです。
読書と同じかもしれない。

投稿: | 2010/02/14 10:49:43

コメントを書く