« エルエスします | トップページ | Strange dancing. »

2010/01/10

「雑経験」が大切なゆえん

 人間の能力というのは
不思議なもので、
 何がどこで役に立つかわからない。

 自分が経験したこと、
取り組んだことが、脳の中で
分解され、育まれ、
思わぬかたちで生の支えに
なってくれる。

 その脈絡は、なかなか読み切れる
ものではない。

 『バザールでござーる』
や『ドンタコス』、『モルツ』などの
コマーシャルや「ピタゴラスィッチ」
で有名な佐藤雅彦さんは、
学生時代はホッケーをやっていたのだという。

 ものすごいスピードで飛んで来る
パックに、スティックを突き出す。

 そのタイミングを合わせるのが、
最初から得意だったという。

 そのような時間感覚と、
佐藤さんのCMの何とも言えない
リズム感覚の冴えは、関係している
ように思う。

 アインシュタインは、大学卒業後
職がなくて、しばらく家庭教師などを
して食いつないだあと、
特許局の職員となった。

 「街の発明家」が持ちこむ
混沌としたアイデアを
 聞き、整理して論理的に筋の
通った書類にする。

 その経験が、後にとても役に
立ったとアインシュタインは回顧している。

 どんな経験も、自分の脳回路という
「土」に投げ込んでいけば、熟成して
いつか助けてくれるかもしれない。

 「雑学」ならぬ、「雑経験」
が大切なゆえんである。

1月 10, 2010 at 08:54 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「雑経験」が大切なゆえん:

» ボクらの時代 中村獅童×市川亀治郎×中村七之助 トラックバック 須磨寺ものがたり
若手歌舞伎役者が3人集い、 出会いから現在、将来について、楽しく語り合う。 [続きを読む]

受信: 2010/01/10 11:52:08

» 最後の聖杯・藤屋河村家 トラックバック 御林守河村家を守る会
2月13日は茂木健一郎先生の講演会です。 [続きを読む]

受信: 2010/01/11 5:10:47

» 雑経験の大切さについて - 無駄な経験はない トラックバック あるシステム屋による開発の記録
「無駄な経験はない」というのはぼくの一番好きな言葉で、 このブログでも何度か触れている: あるシステム屋による開発の記録  無駄な経験... [続きを読む]

受信: 2010/01/31 15:39:27

コメント

『今はわからないけれども いつかどこかで経験が活かされる』と言うことですね。
先生がいつもおっしゃられている「難しいことと簡単なことの間の ちょっと難しいことにチャレンジすることで、脳はよろこぶ」と言うのも思いだされました。

どうなるかなぁと言う未知の世界の不安と やり終えた時の達成感・体験感のちょうどいいバランスで、またさらなるチャレンジとなり、人生が面白くなったりします。
その結果、自分が過去にやったことがつながったら 自分の脳内ネットワークが強くなりますね。
「こんなことやっても無駄かな」と考えることもありますが
まずは「やってみる」「続けてみる」と言うことの 背中を押してもらっている気がします。
『雑経験』の大切さを知ったことで、自分が一生懸命何かをしている時間を『無駄』だと思わないことを 改めて意識することができ 励まされました。

投稿: ☆山本由樹子 | 2010/01/12 12:53:42

先生のご著書『脳が変わる生き方』を拝読しました。
特に恐山院代の南直哉さんのことについて書かれている第四章が印象深かったです。南さんのおっしゃる人生を質入れしないという点は、素で生きるという事ではないかと思いました。
それ以外にも多々興味をそそられる内容で、これから先生の言葉を活かしていきたいです。

投稿: TAKEO | 2010/01/11 13:57:19

茂木さん、こんにちは:-)

`命が今、わたしをいきている’
親鸞の年で京都で目撃された1フレーズ。
ごらんになりましたか?

今回の記事を読んで、
私が今学んでいる
記憶の奥底の雑経験を振り返り
脈絡を見つけ、学び、生の支えや指針にする
ルドルフシュタイナーの考えた医学の
カウンセリング方法の一つ、バイオグラフィーワーク
に似ているなと思ってコメントしました。

これは基本的に予防医学に分類されるそうですが、
具体的には
自分自身で過去の一瞬を選んで、その場面をクレパスや水彩で描いたり、プラスタシンという粘土で作ります。
そして、2人もしくは3人で順番に3分ずつ何巡かしていく方法で進みます。

1巡目は、そのときの外的な状況(場所、立場、時間など)を。2巡目は内的状況(感情、意志、思考など)。3巡目、その経験が与えた影響4巡目、その出来事の本質、、、、、、と話していくのですが。。。

当然、3分づつなので、どんなに話が乗っていても交代する事になります。そうして今度はひたすら雨が土にしみこむように相手の言葉を自分にしみこませるよう聴きます。ここでの理想的な聴き方は、何の質問も判断もせず、ただ自分があたかも経験しているように思えるほどただ聴くという姿勢だそうです。したがって、不可能に近いですが、うなづくでもなく、促すでもなく、ただ仏面(笑)
こうする事で話し手は、相手に解らせよう、相手を楽しませようと思ううことなく、自分の思考や心情にぴったりとくる言葉を探して紡いでいける。
という事だそうです。

実際ワークをする事で、
私の命は私だけのものでなくて、大きな流れの中の一部で、
どれだけたくさんのひとと雑経験を共有してきて、それぞれの人生の学びを贈られて来たかと、命のつながりとあたたかさを実感しています。

それぞれの人生を
プレゼントとして世界に贈っていける。
なんて夢がある!!

私も勉強しています!!
茂木さんのドイツ語圏の人々へのギフト
はきっと、大きいはずです:-)

見たら死にたくなる人がいなくなる!?
「プロフェッショナル」楽しみにしています。
だいぶ前からプロフェッショナルに出て、茂木さんとお話できるのが
夢です。
その頃までには、きっとカムバックなさっていてくださいね。

美しい一年になりますように。

瑣末な日々の瞬間に
どれだけの人や世界との関わりがあって
それぞれの人生の学びがギフトとして送られていたか
と、気づいて
命は私だけのものでは

投稿: 温 | 2010/01/11 13:22:49

こんにちは

> どんな経験も、自分の脳回路という
「土」に投げ込んでいけば、熟成して
いつか助けてくれるかもしれない。


意識は脳の中を照らす光のようなものかもしれませんよ。(^^)

投稿: 意識の光のクオリアby片上泰助(^^) | 2010/01/11 1:12:57

茂木サン、雑経験は 人の大きさや、懐の広さにも繋がる所がありますね。
「面倒くさい事にも、チャレンジ!」してみる。
脳にいい事は、 もしかしたら 生きる修行と 同じ 。 最終ゴールは 「悟り」 ! ですか。

投稿: サラリン | 2010/01/10 23:03:09

自分が経験した事が、何がどこで生の支えになるかわからない。けれど、その脈絡がわかった時には、嬉しいでしょうね。
それこそ、生きていて良かったって思える瞬間となるのでしょうね☆

アインシュタインもいろんな経験をして、大発明に至ったのですから(*^_^*)私も、いろんな経験をして成長し、役立つ日を心待ちにしたい(^_^)v

投稿: 奏。 | 2010/01/10 20:02:39

茂木先生、いいお天気ですね^^
今日は、ほか論はいりませんね^^
自由学園界隈を散策し、ライト設計の建築にまつわるの歴史などの説明を聞きながら、旧自由学園明日館を歩き、ゆっくりティータイムを過ごした8日、友人たちと、先生の話題を私が提供・・
楽しく豊かな時間となりました、
学ぶ楽しみの世界に肩ひじ張らずに使っていたいものねって、ものすごい目的を掲げることなくネ・・、そんな会話^^
幸せを感じる一日でしたよ

ドンタコス、たら、ドンタコス・・^^
なつかしいです・・ 数あるコマーシャルの中で、すぐ思い出せる・・
佐藤さんとおっしゃるのですね・・、愉快でしっかり心に残る言葉を紡ぐ才能、すてきですね^^

ドンタコス、まだあるのかしら・・
長女は、お蕎麦アレルギーで、そば粉が少しでも混入してると
大変なことになってしまいます^^

ドンタコスは、おそれありということで、長女だけは口にできなかったスナック菓子でした、

バザールでござールは、走りましたよ~、5000円を一万円にしないとね、おこずかい倍増できない我が家では、娘たちは、ゴザールのお世話になりました、知らない佐藤さん、サンキュウでゴザール^^ふふふ
              reiko.G


娘たちと、真似っこし合って笑い転げた何でもない時間、
幸せなんて、そんな時間かもしれませんね、

投稿: R.グランマ | 2010/01/10 13:52:08

自分が今頑張っていることは、果たして意味があるのかな、価値があるのかなって立ち止まることってたまにありますよね。
でもそれが茂木さんがおっしゃったように即効性はないにしても、十年後、二十年後に助けてくれるかもしれませんよね。

だから一つ一つの経験を大事にし、より多くのことにチャレンジして雑経験を積む、温故知新たる姿勢は大切なんだなぁ、って改めて思いました。

投稿: Uto. | 2010/01/10 12:39:52

おはよう御座います・・・!

日々月々に重ねるいろいろな経験が「種」ならば、自分の脳回路は「土」と言うわけですね。

一生は長くて短いけれど、その間にいろいろな種類の「種」を「土」にたくさん蒔けば、そのうち思いもよらない「草木」が何処かでにょっこり生えてくるものなのだなぁ。

そしてその「草木」がいつ何時、どんな「花」を咲かせ、どんな「実」が実るか、全く解らない。

でも、それらの「花」や「実」は、必ずわが人生の何処かの局面で、何らかの形で生かされるのだ。

人生を豊饒にするには雑多な経験こそが欠かせない・・・自分のこれまでの人生経験から言っても、確かにこれは間違いないと、心から思う。

しかし、今までの経験だけで、満足していてはいけないと、つらつら思う。

もっと脳内回路の土壌に生える密林を、もっと豊饒に、生き生きしたものにしたい。

そしてその中からもっと素敵な「花」と「実」をつけてみたいものだ。

茂木さんはご自分の専門以外にも、文学や美術や音楽など、さまざまな分野にえいやっと飛び込まれ、ご自分の世界を豊かなものにされている。

メディアにも果敢に飛び込まれている。

先生のそんなご活躍を見て思うに、われもまた、もっといろいろ経験しなくてはならない・・・と考える。

今まで自分のしてない未経験な事柄に、今年は果敢に挑んでみたい。

投稿: 銀鏡反応 | 2010/01/10 10:50:26

  
   「雑経験」が大切なゆえん


    今まで「クオリア日記」
    拝読させて頂き
    良かったなと
    しみじみ思いました

    本日
    自分を肯定できる
    「雑経験」・・・・を
    読ませて頂き
    希望をあらたに
    前進する勇気を
    朝に頂きました

    「ありがとうございました」

     

投稿: 岡島妙英 | 2010/01/10 9:19:02

コメントを書く