« 緊張のスパイラル | トップページ | 電子出版の動き »

2010/01/22

『茂木健一郎のアルキミミデス』

『茂木健一郎のアルキミミデス』

美術評論家/橋本麻里 脳科学者/茂木健一郎

『茂木健一郎のアルキミミデス イントロダクション:耳を澄ませば。』

http://www.radiodays.jp/item/show/200315

『茂木健一郎のアルキミミデス vol.1 森の奥にはインターネットがある。』

http://www.radiodays.jp/item/show/200316


1月 22, 2010 at 08:22 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『茂木健一郎のアルキミミデス』:

» 脳が変わる生き方 茂木健一郎 トラックバック 須磨寺ものがたり
人はどこまでも成長できる、 才能がなくても、何歳になっても成長できると、 茂木健一郎さんが力強くメッセージを我々に送る。 [続きを読む]

受信: 2010/01/23 10:19:12

コメント

茂木さんの能動的、活発な生き方にはいつも驚かされます

投稿: | 2010/01/24 0:14:28

茂木健一郎様
こちらをご紹介くださりありがとうございます。
昨日、ラジオデイズに登録させていただきました。
歩くこと話すこと聴くこと心を研澄ますことの
大事さをあらためて感じました。
これからも楽しみにしています。
ご研究とともに多様性のあるご活躍を
楽しみにしております。

投稿: Yoshiko.T | 2010/01/23 9:52:00

オオタカの巣という「言葉」が新鮮な"意味"を運んできてくれた、そんな気がしました。鳥の声も気持ちが良かったです。それからじぶんの聴くという時のスタンスというものも感じられて、それは、ラジオでゲストの方の「経験則を聴く」、というのもとても嬉しい経験であるのですが、たくさんのムズカシイ言葉に出会い(たとえば「風が吹けば桶屋が儲かる」とも言っておられましたね)、そのワケが分らないとおもいつつ聴いているとき、とても能動的になっているような気がして、それもまた嬉しかったです。

投稿: | 2010/01/23 0:07:27

コメントを書く