« 龍馬伝 × プロフェッショナル | トップページ | "I am happy. I will live long." »

2010/01/03

人生というのは難しいもの

 フリスクが好きで、よく買っている。
 有吉伸人さんも好きで、
フリスク仲間である。

 コンビニや駅の売店で見つける
度に買っている。
 最近のお気に入りはブラックである。

 私の親しい人は、私のリュックの中から
フリスクの空きケースが出てくるのを
何度も見ているはずである。
 
 一度など、橋本麻里さんが、
リュックのポケットから空きケースが
5個くらい連続して出てくるのを
見てあきれていた。

 取り出しては振ってみる。音がしない。
 それで、次、と探してみる。

 食べ終わったらケースを捨てれば
いいのに、何となく愛着がわいて
そのままになっているから
始末が悪い。

 一度に食べる個数は、なんとはなしに
「3個」と決めている。

 特に根拠があるわけではない。
 
 ケースを振って、ちょうど3個
出すのは難しい。

 他人にお裾分けする時、
ケースをさささと振って、
その人の手のひらにちょうど
3個出た時には、なんとはなしに
うれしくて、心の中でがっつぽーずを
している。

 2個だったり、1個しか出なかったり、
逆に5個も出てしまった時には
「しまった」と思う。

 フリスクのケースから何個出るか、
その統計をとったら面白いと
思うが、そんな研究をする人もなかろう。

なぜフリスクが好きなのか、と聞かれると
困る。

ケースの上のFRISKという文字を見ると、
まるで疾走しているようである。

Shapens you upというキャッチコピーも
あったように思うが、
確かにしゃきっとするんだろう。

50粒で21kcalというのも、
安心できる。

そんなことを書きながら、テーブルの
上にフリスクを見つけたので
食べてみた。

一振りで1粒。もう一振りで2粒で、
合わせ技で3粒になった。

なかなか、一度に3粒というのは
できない。

人生というのは難しいものである。

1月 3, 2010 at 07:55 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生というのは難しいもの:

コメント

あけましておめでとうございます。

いつもブログ拝見させて頂いています。

わたしもフリスクが大好きなので

フリスクへの熱い思いを知って、思わず嬉しくて

笑ってしまいました。以前はフリスクがクセになってしまい

禁フリしていましたが、今は私も1回3個で落ち着いてます。

茂木さん、フリスクケースに入れてみてはどうですか?

ちなみに私は☆柄です。

投稿: naomi | 2010/01/04 7:48:31

こんにちは


ミントは、目が覚める感じがあり、ドーパミン回路が出来やすいのでは無いでしょうか?

最近、脳のドーパミン回路と言う事を考えています。何かを好んですると言う事はドーパミン回路が出来ている事ですし、仲の良い友人と過ごすと言うのも、脳の外側のドーパミン回路だと思います。

茂木さんが言う偶有性にも関係していて、偶然理想の仕事に出会う、偶然理想の異性に出会うも、ドーパミン回路が脳内外に偶然出来る言う事ではないでしょうか?

私も、フリスクが好きで、買うと、すぐ一箱食べてしまいます。(^^)

投稿: フリスクのクオリアby片上泰助(^^) | 2010/01/04 5:21:14

茂木健一郎さま

ふと、目覚めました今
あえて書きます
私はスキー、下手ではないです

茂木健一郎さま
脳科学的にクオリアとしてスキーの滑り方を
身体の使い方、コブに入った時の瞬時に感じるクオリアに反応する
その時の雪質、コブの形状、次の次のコブまでの雰囲気、それをクオリアとして今まで体験したコブでのクオリアを瞬時に思い出しながら
ですから、それをイメージとしてと申しても良いかと

今、ふと、昨日、キロロリゾートさまの長嶺側のコブの形状を思い出すこと出来ます

これは磯釣りにしても同じです
磯釣りでのクオリアがあるんです、漠然と感覚とは、雰囲気などは実はクオリアとして記憶していることと解れば楽なことなんですよね

もちろん
フラットのバーンを滑る時の、スーッと滑るスキー板の感覚
それが解りやすいクオリアかと

私は
デサントさんの黄色いスキーウエアで
スキーブーツは
青ですが少し水色っぽい青いラングのスキーブーツ
身長は161センチの小柄なんです私は。

雪国育ちではない東京生まれ、住んでいるのも東京は町田市
でも私はスキー、下手ではありません。

さて、またしばし睡眠です。

投稿: 高木英樹 | 2010/01/04 1:51:34

 人生とは良くなっていくもの、何とかなるもの:          私はある物を一日8粒飲んでるのですが(健康オタクなもので)、大体8粒、瓶から取り出せますヨ。アバウトであまり考えてないからかもしれませんが。その物のおかげか、最近、若くなったと言われたり、駅でばあちゃんに道、聞かれたんだけど、「そこのお姉ちゃん」って言われました!!

投稿: ママちゃん | 2010/01/04 0:51:33

茂木健一郎様
「人生というのは難しいもの」
心機の時期にずしりときました。
茂木さんの実像の様々なコントラストが
ずしりと感じられました。
しみじみと感謝しています。

投稿: Yoshiko.T | 2010/01/04 0:32:48

こんばんは 茂木サン 。フリスク お好きなのですね。空き箱は→□(ゴミ箱)へ 。
数多い物は、周りの方へあげる事ができるので、食べやすいですね!
差し出されたら、周りも頂きやすくて 、仲間ができますね。

今年 年男のラッキーナンバーは 3かな?


投稿: サラリン | 2010/01/04 0:10:50

茂木先生^^ 

きちっと3粒99パーセントの確率で出るようになると
フリスキーチャンピオンになれるかもしれませんね^^

私は昔ピンキーの病みつきになったことがあります^^

どうちょっと・・ との私の誘いで、掌を出してくれた人に3粒、
そう思っても、一粒、 ちょっと少なすぎで、もう一回
次に強く振って五粒、あらら・・

あんな小さな粒粒にも、
人の心の交流の可笑しみがありますね^^

人生、人とかかわって生きていきたいと思える、
健康な気分の、お正月の始まりです^^

フリスキーのちっちゃい粒いいですね
小粒で、シャキット!^^
reiko.G


投稿: R.グランマ | 2010/01/03 21:59:28

私もフリスク好きですよ!口の中に入れると、しゃきっとした感じになります(^-^)

茂木さんのリュックのポケットは、魔法のポケットみたいですね♪

人生は、難しいですね(^^;)
対、人だから、自身の思うようにいかない…という時もありますが、それぞれのタイミングで、うまくゆくこともあると思うんですヾ(^▽^)ノ

だからめげずに、うまくいくことをイメージしてます(*^。^*)

それにしても、好きなものの理由を考えても、分からないことの方が多いように思います。
食べ物なら、私の好きな味だから好き〜とかに、なります(*^_^*)

でも、人についてだと、理由がつけられません。嫌いな人なら、あの人、こ〜だからイヤって理由がつけられますが、好きな人だと…頭より先に心が動くので(〃▽〃)

投稿: 奏。 | 2010/01/03 20:56:32

いつもブログ拝見させていただいてます。
フリスク“1度に3個”に妙に共感しました。
私もなんとなくなのですが、なぜでしょうね。

投稿: ちゃぼ | 2010/01/03 19:48:50

茂木さん、あけましておめでとうございます☆

>人生というのは難しいものである。

だから『面白い』んですよね☆☆☆

投稿: おちょん☆雀 | 2010/01/03 14:50:56

茂木健一郎さま フリスクに初対面いたしました。気分爽やかという以上に、3個はちょっとキツイお味でした。フリスクの言葉の語源は、ふりむくでしょうか?..いろいろな意味を含めめて、お口直しに大切ですね!

投稿: ヒロ | 2010/01/03 11:41:14

    
   「フリスク」

        買って
        3個
        食べてみます

     
   「人生というのは難しいものである」
    をわかるために・・・笑い!

   「ありがとうございました」

投稿: 岡島妙英 | 2010/01/03 11:23:45

茂木健一郎さま フリスクとは、どうのようなお菓子なのでしょうか? 先生がとてもお気に入りのご様子、私もブログを読みながら大変興味をいだきました。さっそくコンビニに足を運び、フリスクのブラックさんにお目にかかってきます。

投稿: ウグイス | 2010/01/03 9:43:36

おはよう御座います。

茂木さんの大好物のフリスク・・・そういえば、電車の車内広告で時折「shapen your up!」というキャッチフレーズを見かけます。

いかにもおっしゃるとおり、気分がシャキッとしそうな語感がありますね。

最近はフリスクのようなミント菓子はめったに口にしなくなったが、子供のころは明治製菓の『カルミン』が大好きだった。駄菓子屋の店先などによく置いてあったものだ。

今思えば、カルミンはフリスクよりもはるかに巨大で丸いタブレットだった。ミント味の他に、いちご味もあったかと記憶している。

フリスクみたいに小さいと、確かに一度に3粒は難しいですよね…。そこに「人生の難しさ」を見出すとは、実に茂木さんらしい。

ミントはそんな難しい人生を、さわやかにしてくれるアイテムの一つなのでしょう…。

これから一層きつくなる2010年代になるやも知れませんが、フリスクやカルミン以上に、スカッとさせてくれる存在が現われてくれるとよいですね。

投稿: 銀鏡反応 | 2010/01/03 9:26:01

茂木健一郎さま

キロロリゾートさまへのバス車中にて

フリスクのブラック

一時、入手ができまして
お店にてブラックのフリスクを見たときに心の中で

あ!お噂は、かねがね
茂木健一郎さま、有吉さまにおかれまして絶大なご支持のブラック フリスクさん!
私も賞味をぜひ!

後で効いてきますねブラック フリスクは

ところで
この頃はブラック フリスク
入手困難なんです

ブルーのフリスクです私。

投稿: 高木英樹 | 2010/01/03 8:43:10

コメントを書く