« プロフェッショナル 小野二郎 | トップページ | In a flash, I realized how stupid I had been. »

2010/01/27

表現者としての美しい魂

 「オールナイトニッポンサンデー」のゲストに、加藤ミリヤさんと清水翔大さんがいらした。

 お二人が歌う「Love Forever」は素晴らしい楽曲。一つひとつの言葉が、ストンストンと頭の中に染みこんでくる。

君に出会えてよかった
切ないけれどよかった
ひとりの夜もそばにいてくれた
世界にたったひとりの
君に出会えてよかった
思い出は 夜の空 星になり 輝くよ

 音楽は、一つの音符の次にどのような音符がくるかで印象がかわる。長調と短調が典型である。つまりそこには固有の文法があり、広義な意味で、一つの「言語」である。

 音楽ができる人は、それだけで「バイリンガル」となる。聴くだけではいけない。自分で音楽をつくり、演奏し、歌うことで感覚性学習と運動性学習のループを閉じて、初めて音楽という言語を獲得していると言えるのである。

 良い楽曲とは、つまり、音楽と言語という二つの言語に通じるバイリンガルの固有感覚から生まれるのであり、ふだんは自然言語の中だけで生きている者にも、斬新な視点を与えてくれる。

あの日君がくれた夢の欠片
この手握りしめて離さない
きっとこんなに本気になれた愛
二度とない
君と出会えて世界は変わった
心動かす君探していた
あの日の二人に戻れなくても
離せないよ

作品がすべてであり、そこに向かう努力は惜しまず、そしてその結果としてどのように受け止められるかということについては言い訳をしない。清水翔大さん、加藤ミリヤさんは、そんな表現者としての美しい魂をもっていた。

放送は2010年1月31日(日)18時からです。


 ニッポン放送オンデマンド 

1月 27, 2010 at 07:49 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 表現者としての美しい魂:

» 梅が咲いたよ! トラックバック 御林守河村家を守る会
梅の木オーナーの皆さま [続きを読む]

受信: 2010/01/27 8:41:44

» NHKプロフェッショナル アンコール すし職人・小野二郎 トラックバック 須磨寺ものがたり
2008年1月に放送された時も、 すし職人・小野二郎さんの魅力に見せられたが、 アンコール放送で再度、小野さんの静かなる凄さを感じた。 [続きを読む]

受信: 2010/01/27 10:51:13

» アンティキテラの機械(1) トラックバック 御林守河村家を守る会
2月13日は茂木健一郎先生の講演会の日です。 [続きを読む]

受信: 2010/01/28 7:47:58

» たいせつなひと トラックバック POPO
この世にきみが生まれてくれて ありがとう きみとの出会いがあったから いまのぼく [続きを読む]

受信: 2010/01/28 7:53:28

コメント

茂木先生おはようございます!


Love Forever ぐっときますね。
。・゜美しい魂゜・。


先生、体調が優れないのでしょうか。(>д<)余り無理をされないようにお大事になさって下さいませね。


先生のお腹痛よ飛んでいけ~~!

(ノ>д<)ノ~~~~~~ΩΩΩ


投稿: wahine | 2010/01/28 7:39:19

私が今日聴いていたのは
AL DI MEOLA
"In My Mother's Eyes"

加藤ミリヤのアルバム”ROSE”でした。


"In My Mother's Eyes"は
私の中では映画『ニューシネマパラダイス』のラストシーンのような存在です。

かけがえのない人からのメッセージ、
戻らない時間と幼かった自分、
覚えていてくれた遠い約束、
ずっと応援してくれていた事、
たとえ目に見えなくなっても、
愛は空気になって、
時間を越えてゆく。

ありがとう。

投稿: tori | 2010/01/28 2:21:46

茂木さんも、邦楽聞くんですねヾ(^▽^)ノ
加藤ミリヤさんと清水翔太さんのlove forever…素敵ですよね☆
伝わらないと思われてしまうよりも、伝えてもらえた方が、私は嬉しいです(*^^*ゞ
行動が時として、言葉以上に相手に伝わるように。
音楽は、時として言葉以上に伝わることがある。
だからCDで聞くのも好きですがライブ等、生で聞く音楽が私は好き!
週末にライブに行く予定があるので、楽しみです♪

投稿: 奏。 | 2010/01/27 23:00:42

とても素敵な詞で、心にぐっときますね!

ある歌手が「歌は心よ」と言ったことが、ずっと昔から脳裏に焼き付いて離れない。

いく通りもの音素を組み合わせた響きと、自然言語を組み合わせる時、歌が生まれる。

歌がその人の心の鐘を打ち鳴らすとき、そこに「美しい魂」の発露がある。

その魂が仮令、他者に否定的に受け止められても、そこで決して「言い訳」をしない・・・それが美しい魂を持てる表現者としての流儀であり、謙虚さでもあると思う。

往々にして、表現者は自分の生み出した作品に対して、世間に如何受け止められるのか、気にしてしまいがちだ。否定的に受け止められると、中途半端な表現者だと、ついつまらない「言い訳」をするのだろう。

本当に美しい魂を持つ表現者なら、どんな形で世間に受け止められても、決して弁解はしない。芸術の世界で、後の頃に偉才と言われた人たちは、きっとそのような人たちだったのだろう。

今度の放送を、楽しみにしています。

投稿: 銀鏡反応 | 2010/01/27 22:35:49

茂木先生、こんばんは^^

明大での公園をお聞きしたかったのですが、また用が重なり欠席となりました、とても残念です
新宿で15日の夜、素敵なお話をお聞きして帰宅しましたら、
パソコンが危篤状態、素敵なサインのお礼も始め手のご挨拶のお礼もお話の感動もお伝えできませんでした、 
私のパソコちゃんは、今朝秋葉原より退院してきました^^

ほとんど毎日のように、コメントを差し上げていましたので、、
春に入院した時のように、かってにひとりぽっちになった気分でしたが
無い時間、無いと云うことの新しい感覚を思い出すことができましたが
でも2・3日は、喪失感で、しょんぼり・・
パソコンが、こんなにも大切になっていたなんて~~~
約8年間もお付き合いしたノートパソコンは
テーブルの上で、私の心のウインドウ役でした

ない時間、 本が読めました、
先生のご本三冊、村上春樹、一冊、それに友達から回ってきた市川森一の長崎の蝶々婦人の長編二冊もやっと読み上げることができました、友人に回覧しなければいけなかったので、まとまった時間が役に立ちました

学生時代の友人たちとの会で、私の茂木先生談義に、友人が2月12日には一緒に生きたいわ~ってことで、今から先生のお話に楽しみいっぱいです
 プロフェッショナルの加藤先生のお話も、盛り上がりました、なんて素晴らしい日本人がいるのでしょう!日本男児、もっともっと前に出よ!ですね~
エチカも見せていただきましたよ^^先生のファッションが、かわいかったです、懐かしい、ギンガムチェック!お似合いでしたが・・・
やはり茂木先生は、いつもの茂木先生が茂木先生^^

天皇陛下とも科学談義をなさったご経験のあられる茂木先生に
また、凡人お話をしてしまいました、

茂木先生は、ご本を読む私たちのビタミン剤!です
コーラスの練習も快調です、譜読みと発声の喜びや希望は、
夏ころにはステージで形になって現れるはず・・

今日の日記の美しい歌詞に心が揺らぎました、
31日には、きっと歌声を聞けることでしょう、
美しい魂が、年を重ねた心にも明かりを灯してくれるようです^^

              reiko.G


投稿: 安永玲子 | 2010/01/27 22:24:41

こんにちは 茂木サン 。メロディー に惹かれ、歌詞の思いに共感し、好きな曲になる。

音楽を創る人は 「バイリンガル」納得!

ラジオ放送、しっかり拝聴させて頂きます。

投稿: サラリン | 2010/01/27 15:19:37

音楽と言語というバイリンガル!!=良い楽曲!!

投稿: ふぉれすと | 2010/01/27 10:52:57

茂木健一郎さま おはようございます。風の冷たさを頬に感じる朝でしたが、ブログをお尋ねして、素敵な歌詞に出会えて、こころはとても温かくなりました。私は、人生の中で、今、ここに生まれて来て良かったと思える恋に出会って、生きている意味を確認した経験とともに過ごしています。素晴らしい詩のご紹介ありがとうございますm(_ _)m

投稿: 愛花 | 2010/01/27 9:16:42

茂木健一郎さま

偶然の前提として

偶然にと、これは避けられないことと承知

その上で偶然は嫌と
そうでないと
偶然をと、偶然を探す妙な必然的に

偶然は嫌だと認識の上で、偶然に享受は良いと私は考えてます。

投稿: 高木英樹 | 2010/01/27 8:55:02

コメントを書く