« 奥田知志さん | トップページ | 週刊ポスト 脳のトリセツ 〝脳の高度成長〟を保つコツ »

2010/01/28

文明の星時間 等伯の余白

サンデー毎日連載
茂木健一郎 歴史エッセイ

『文明の星時間』 第99回 等伯の余白

サンデー毎日 2010年2月7日号

http://mainichi.jp/enta/book/sunday/ 

抜粋

 長谷川等伯(1539年〜1610年)は、現在の石川県七尾市に生まれ、安土桃山時代から江戸時代初期にかけて活躍した絵師。今年没後400年を迎えて、展覧会などが企画されている。
 代表作の『松林図屏風』は国宝に指定され、多くの人に愛され続けてきた。10年程前にNHKが実施したアンケートでは、調査対象となった日本美術の傑作100点のうち、『松林図屏風』が最も高い評価を受けた。
 まさに、日本人が大好きな『松林図』。その魅力の秘密は、大胆に描かれた「空白の構図」の中にある。日々の生活の中から、空白が失われてしまったように見える現代。それでも、私たちの中には「空白への感受性」が細々と息づいているのだろう。

全文は「サンデー毎日」でお読みください。

本連載をまとめた
『偉人たちの脳 文明の星時間』(毎日新聞社)
好評発売中です。


1月 28, 2010 at 08:06 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文明の星時間 等伯の余白:

» 空になれ トラックバック POPO
その器には何も入っていない きみが何かを入れるのだ 枯山水の庭の前に佇んで 水を [続きを読む]

受信: 2010/01/29 0:53:27

コメント

どんなに、埋め尽くした、と思っても、次から次へと新しい空白が現れてくる。

埋めるたびに現われる、まっさらの空白は、新しいものや考えを生む創造の限りなき天地。

われらが「空白への感受性」を無くさない限り、創造性の湧き水は涸れることなくコンコンと湧きつづけるはずだ。

「松林図屏風」・・・等伯の傑作にして、日本人にとっての大切な宝。何とかして見に行きたいものだ。

投稿: | 2010/01/30 22:43:17

サンデー毎日で拝読しました
長谷川等伯の松林図屏風は日本の宝ですね♪
屏風絵は痛みやすくなかなか見る機会がないので、絶対見に行きます!
「余白の芸術」楽しみです。

投稿: | 2010/01/28 18:12:18

コメントを書く