« (本日) 文化講演会 | トップページ | Ilya Farber »

2010/01/18

JTを小脇に抱えるのが

 このところ、駅のキオスクでJapan Timesを買うのが習慣となっている。
 英字紙は、Herald Tribuneを宅配で購読していたことがある。その頃の私の考え方は、できるだけGlobal Standardでということで、ニュースが世界共有のものが多いHerald Tribuneを読もうというものだった。

 それが、さすがに毎日英字紙が来ても留守がちの私としては読まずに溜まってしまうということで、キオスクで買うスタイルに改めた。しばらくはHerald Tribuneを買っていたが、そのうちに次第にJapan Timesに移っていった。

 一つの大きな理由は、英語で日本のことを表現しなければならないという強い動機付けを持つに至ったということがある。
 日本人は、今まで、自分たちの生活のこまごまとしたことは普遍化できないと思い込んでいたところがあって、英語宇宙に移し替えることをさぼってきた。しかし、それでは、日本人の魂は救われないと確信するに至った。

毎日ウィークリーに月一度連載している英文エッセイのテーマを、一月からJapanese Journeysと題して日本文化についての随想にしたのも、そのような思いからである。

"Up to the chef" (毎日ウィークリー1月16日号)

Japan Timesを読むと、当然のことながら日本のことの様々が、英語で表現されている。
その一方で、海外の通信社や新聞社との協力で、Global Standardな記事も多い。

The Japan Timesという題字の上には、ALL THE NEWS WITOUT FEAR OR FAVORとある。

いつしか、Japan Timesは、私の一番好きな新聞へと成長していった。

今や、JTを小脇に抱えるのが東京を歩く時の私の「ユニフォーム」となっている。

1月 18, 2010 at 06:48 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JTを小脇に抱えるのが:

» etude201 トラックバック 御林守河村家を守る会
2月13日は茂木健一郎先生の講演会の日です。 [続きを読む]

受信: 2010/01/18 8:09:40

» MEGAQUAKE巨大地震 KOBE15秒の真実 その時地下で何が トラックバック 須磨寺ものがたり
昨日、 NHKスペッシャル「MEGAQUAKE巨大地震  KOBE15秒の真実 その時地下で何が」が、放送された。 [続きを読む]

受信: 2010/01/18 10:21:39

» 日本的なるもの トラックバック POPO
異国に行くと 日本的なるものに 気付かされる 譲り合う精神 暗黙で分かり合える [続きを読む]

受信: 2010/01/19 0:51:12

コメント

文化講演会拝聴できませんでした。こころからざんねんです...
「昨晩のラジオ番組を連想です ... 」「英語で話すこと ... ずーっと話続けているうちに、自然に日本語へと、こなれていくと思います!」などなど ... 皆様のコメントを拝見しながら、きっと英語の話題が入っていたのだわ、と思いました。

わたしは、茂木先生の英語版 qualia journal が毎朝とても楽しみです。どちらかといえば、英語版のほうが楽しいです。もちろんきちんと理解できるまで読むことには時間がかかりますし、英単語や文法の理解以上に困難な内容の朝もたくさん。けれど、しつこく読みます。:)

そして、(おまけに)、時間が許す限り自分が感じたことを posting します。いつもいつも、英語のミスが後に発覚して、大きく後悔しますけれど、でも茂木先生からもここで読んでくださっている方々からも、きっとお許しいただける... と思います(日本人的甘えです、ごめんなさい)。わたしの場合、こんなとき何か、「書きたい」「伝えたい」という気持ちのほうが「恥ずかしい」「こんなこと言ったら失礼だわ」という気持ちよりも大きくなっているような気がします。

投稿: michiko | 2010/01/19 7:39:20

こんにちは

>いつしか、Japan Timesは、私の一番好きな新聞へと成長していった。

>今や、JTを小脇に抱えるのが東京を歩く時の私の「ユニフォーム」となっている。


キンドルがカラーになり、JTのカラー版がダウンロード出来れば良いですね。(^^)

投稿: JTのクオリアby片上泰助(^^) | 2010/01/19 2:33:39

茂木サン 、どんどん日本や 日本人の良きところを

英語で 紹介 お願いします。

それは国外での経験や 世界を見ている茂木サンだから、
違いがより、鮮明に分かるのでしょうね


投稿: サラリン | 2010/01/19 0:21:16

茂木健一郎さま

昨晩のラジオ番組を連想です

読んだのか!
まさか、日本語でじやないよな!

私の場合は英語が出来ないので、なんですが

茂木健一郎さまも、ご学友の方さまも凄いです発想が。

そういえば
ラジオ番組にて
大学の先生という肩書きを誇示したがりの方について
そんな方の名刺
大学名を名刺の真ん中に大きく、なになに大学と大きく書き
小さくご自身の名前を書けば良いのに、とある方さまのお話、ふと思い出しました。

肩書きっていうのは
便利なんでしようね

例えば
どこかに旅行などで予約の時に
さりげなく
肩書きを、宿泊先さんの方に申しながら、
今回は個人的な旅行なので特別なことされないで下さい、と、さりげなく肩書きを誇示した後に

福沢諭吉さまについて
日曜日、テレビ朝日さんの番組で
福沢諭吉さま
お武家の着物姿にて農民さんに道を訪ね
親切に農民さん道を教えてくれた
しかし、着物を変え訪ねると、ガラッと変わり横柄な態度の農民さん
これは、良くないと福沢諭吉さま気づかれたとの
私は北海道は小樽にて
長崎屋さんの地下食品売り場にて弁当を買い長崎屋さんの多目的広場にて年末年始のスキー

茂木健一郎さま、
見に来て笑っていた人いましたよ、私などは
そういう人を見ます
人を見るんです
勉強なんです
人を笑いに見に来る人を見て 人を笑うというのは、私の場合はお金の価値観を持ってますので
やりくりしながらのスキー、磯釣りですので

茂木健一郎さまのラジオ番組
北海道の方が東京に出てこられタクシー運転手さんのお話
私は笑うなどなく
きちんと拝聴させて頂きました

学問のすすめ

やけに上から目線と昨晩までは
しかし
茂木健一郎さま
14才から学問に触れられた福沢諭吉さま

福沢諭吉さまだからこそ論じられます

学問のすすめ

格好良いです福沢諭吉さま
と気がつきましたのは
茂木健一郎さまのお陰です
ラジオ最高です。

投稿: 高木英樹 | 2010/01/19 0:05:28

私たち日本人は、日常の細やかな生活を普遍的なものにするのが苦手だったんですね。
苦手だからといって、そのままにはできません(>_<)それでは、切なすぎます。
その時は苦手でも、時が経つことで変わることがあります。

英語で話すこと…ずーっと話続けているうちに、自然に日本語へと、こなれていくと思います!

生活に、なくてはならないもののように(*⌒▽⌒*)

投稿: 奏。 | 2010/01/18 23:09:10

電車の中で英字新聞や原書を読んでいる方に遭遇すると、男女問わず「かっこいいなぁ」と思います。
英字新聞ておしゃれですよね♪
読み終えたら、お弁当包んでもいいですし♪
私めも読めないですけど、週①位で買ってみます♪
昨日「読む書く話す脳活用術」読み終わりました♪
読書術も良かったのですが、英語学習法がとても参考になりました♪
(英語で考えて話すってできないので)茂木さんは耐える力が強いですよね♪
マラソンでも苦しい所まで耐えて一点を超えると楽しくなるのと、勉強は似てますね?
脳トレで英語頑張ります♪いつか、英語圏の方と冗談言えたらいいなぁ~(^o^;)

投稿: 眠り猫2 | 2010/01/18 13:41:39

    
   文化講演会
        拝聴出来ませんでした
        ・・・ざんねん・・・

   ジャパンタイムス
        参考になりました
        「有り難うございます」

投稿: 岡島妙英 | 2010/01/18 10:31:13

コメントを書く