« The blanket mood | トップページ | 龍馬伝 × プロフェッショナル »

2010/01/02

仕事というものの重み

仕事というものの重み

プロフェッショナル日記

2010年1月2日

http://kenmogi.cocolog-nifty.com/professional/

1月 2, 2010 at 07:41 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事というものの重み:

» 初春 須磨寺風情 トラックバック 須磨寺ものがたり
元旦に初詣にいけなかったので、 午前中に須磨寺へ出向いた。 [続きを読む]

受信: 2010/01/02 13:53:56

コメント

プールから出た時って
自分の体重が大男になったかの様に
重く感じたりしません・・

40歳代、会社に行ったり、
子育てをしたり
夫とけんかをしたり
親が面倒になったりと、
疲れてしまったとき、

プールの様な所に
ジャポン、したくなったり

でも上がるとまた重い、
とても立てないくらい!

そんな繰り返しをしていると
荷物が軽くなっていて、

もしかしたら私に、羽が・・なんて
背中を振り向いたて
錯覚だったと、笑ったり

そうこうしている間に
私のカメラはデジカメ掌サイズ

小さな花から大きな空から
大木の優しい樹皮まで

写して回れる
すぐれものになってたり

かついだ分だけ、軽くなる
いや、違ったわね、
泣いた分だけ優しくなれる・・

       reiko.G

投稿: R.グランマ | 2010/01/03 0:01:33

コメントを書く