« There was something definitely primitive in literally eating "from hand to mouth". | トップページ | いかにして人間をつくるか »

2010/01/28

自分の脳には可能性があると信じられるような

自分の脳には可能性があると信じられるような

プロフェッショナル日記

2010年1月28日

http://kenmogi.cocolog-nifty.com/professional/

1月 28, 2010 at 08:07 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分の脳には可能性があると信じられるような:

コメント

茂木健一郎さま

おはようございます

ノーベル賞を受賞されました日本の方が

大学の学生さんから講演の際に質問されたことに、お答えされたそう

役にたたないことは止めなさい、と周囲から

それについて

相対性理論も当初は、受け入れされなく軽々に論じては・・・云々かんぬん

茂木健一郎さま

これを聴いて

まったく、その通りである

との反応がとの


私は、それこそが軽々すぎると

人の話を聴いているようで聴いてない人の反応というのは恐ろしい


相対性理論を引き合いに出されている訳ですよね
そこまでに至る経緯

アインシュタインさんの、ご努力は並大抵ではないことは茂木健一郎さまの書籍よりも読みとらせて頂いて実感です

都合の良い部分

役にたたないなど軽々には、と

ただし
前提があることに深い思考が日本にはないんですね

相対性理論を、なぜ引き合いにノーベル賞受賞された方が申されたか

学生さんが取り組んでいることがアインシュタインさんのような経緯を踏まえ行っていて相対性理論のような本質的に本物なことであれば

役にたたない、のではなく理解の浅い周囲から本質を見抜き凄いと判り評価が変わるだけであり

実は役にたたないこと
、とは主観的なことで本質的には意味ないこと

ただし

相対性理論を引き合いにされている意味深長に気がつかないと

そこまでのことを
あなたはしていますか?
役にたたないなど軽々には
というのは

本質的には気休めですよ
それを真に受け

まったく、そのとおり
と思うなど恐ろしい

それを楯に
また、やりたい放題ですか、と

日本は、なんで思考が低いのでしようか

アインシュタインさんの、ご苦労の本質を軽々しくしすぎです。

さて起きます。

投稿: | 2010/01/29 6:26:45

茂木健一郎さま

偶然という言葉が嫌いな私

それは偶然という自然の法則は良いのですが
人為的に偶然を偽る不自然さが私は嫌いなだけであって
本質的な偶然 本当の偶然は実に良いと心では
そういう前提の私

今晩、先ほどの半井小絵さん
不意に 私もテレビを観ながら まだ半井小絵さんの出番ではないのでは、と ですから 
半井小絵さん  あ!!という表情
テレビを観ていた私も あれ!!と 
こういうテレビを観ていて自然な偶然は本当、偶然と思います。


NHKテレビベストスキーでも講師をされました
以前、スキークラブ所属であり難く
雫石スキー場のスキースクール校長先生
松ノ木敏雄さま
「 高木くん まだまだスキー、上達する可能性がある!!」

茂木健一郎さま
これはスキーに限らずなことだと思います
私、習っていて怖いと唯一想い、でしたことは

高木の上達レベルは、これくらいだろう と 教えている方が。

そう私、自身、考えながら習っていたら嫌ですので
実はよく、お尋ねしていたんです、ですから

松ノ木敏雄さま
「 高木くん まだまだスキー、上達する可能性がある!!」

とても習い易かったです よし!上達する!!!と 

中学生の時 そういえば バレーボール部に所属をしてましたが
身長が低いので球ひろい、 あとは顧問の先生にボールを渡す役
これが、ですね大変なんです
顧問の先生にボールを渡すに、しても 先生の動きの次を先回りして考え動かないと先生からビンタを喰らい
そして
ボールを渡すにしても一球、一球 心を込めて
おねがいします と渡さないと 心が こもってない と またビンタ

え?? でした当初
帰宅後 母に先生からビンタがと言うと

母、怒った怒った 英樹、ちょうど良い お前の根性を鍛えてもらいなさい 先生がビンタしたよりも もっと痛くとホウキで叩かれ
先生からビンタを喰らったなど二度と言わないように と 母

ちなみに 特に顔が腫れるとかではなく 普通の顔の状態ですし
上手い人がビンタをすると 痛みはなく でしたけどね。

ただし体罰は禁止ですので そのあたりは 

先を読んで行動とバレーボールを含め
中学生の時に徹底されたのは本当、あれは、あれで。

でも実際
ボールを渡す時

おねがいします、おねがいします おねがいします

これ おねがいします という言葉の意味、語源 

そもそも、おねがいします これは、なんだ??

妙な修行よりも本当 おねがいします という言葉などなど
言葉って と ボールを渡しながら 妙な感覚でした記憶も鮮明に。


バレーボールは身長の関係もあり、球ひろい など でしたが
スキーは身長 関係ないので スキー、心底、楽しいです。

スキー 簡単に上達ですよ松ノ木さまに習い、でしたらね。

誰もが上達する可能性がある 申されてましたことも鮮明に覚えてます。


投稿: | 2010/01/28 20:11:08

コメントを書く