« クレイジーなプロフェッサーへの道 | トップページ | Wild Animals »

2010/01/04

『龍馬伝』の熱さ

 『龍馬伝』の第一回目を見た。
 とても面白かった。

 福山雅治さんの龍馬は、
やさしくて、芯が強くて、
そうして熱い思いがあって。

 これからどのように成長して
行くのか、楽しみだ。

 かっこいいなあ。
 
 岩崎弥太郎を演じる香川照之さんが
圧倒的にうまい。

 びっくりした!

 そうして、大友啓史さんの演出。

 『ハゲタカ』、『白洲次郎』、
そして今回の『龍馬伝』。

 今日本で最も注目されるドラマの
作り手と言ってよいのではないか。

 大友さんは、一つの演技で、
複数のカメラを回して同時に撮るので、
お互いに見切れてしまわないように
調整するのが大変だそうだ。

 また、複数のアングルから
見るので、舞台装置に
「穴」があっては行けないから、
大道具さんは普通のドラマ以上に
苦労するのだそうである。

 1月2日に放送の
『プロフェッショナル 仕事の流儀』
では、時間の都合で入っていなかった
けれども、福山雅治さんとスタジオで
こんな会話があった。

「福山さんは、脱藩したことがありますか?」
と聞くと、
「18歳の時に長崎を出て東京に来たことが、
ぼくにとっての脱藩だったと思います。」
と答えてくださった。

 龍馬が満26歳の時に土佐を
脱藩したことが、何と言っても
彼の生涯において画期的なことだと
思う。

 組織の論理で動いていたら、
新しい時代に必要な働きが
できない。

 藩のしがらみを振り切って
ひとりの人間として動くように
なれたことが、龍馬の礎となった。

『龍馬伝』の熱さが、日本の社会に
良い作用をもたらすように祈りたい。

1月 4, 2010 at 07:20 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『龍馬伝』の熱さ:

» ボクらの時代 江口洋介×松島菜々子×木村多江 トラックバック 須磨寺ものがたり
「救命病棟24時」第4シリーズに出演する、 男優と2人の女優が、 ドラマを通してそれぞれの人生観を語る。 [続きを読む]

受信: 2010/01/04 7:42:51

» 龍馬の生き方 トラックバック 須磨寺ものがたり
NHK大河ドラマ「龍馬伝」が昨日から始まり、 期待に違わず、大変引きつけられる内容だった。 [続きを読む]

受信: 2010/01/04 8:29:54

» 「龍馬伝」幕末の風雲児を思う・・・その1 トラックバック 星の王子様の宝箱
こんにちは。「星の王子様の宝箱」(stars-treasure)です。   いよ [続きを読む]

受信: 2010/01/04 9:54:23

» 龍馬伝「上士と下士~希望のヒーロー」 トラックバック よかったねノート 感謝の言葉にかえて
NHK大河ドラマが新春に登場しました。 「龍馬伝」 作・福田靖 出演者 /福山雅治 香川照之 大森南朋 広末涼子       寺島しのぶ 宮迫博之 佐藤健 草刈民代 児玉清 第一話が75分のロングバージョン。 フィルム仕上げ様の淡い情景が龍馬の子供時代の追憶に... [続きを読む]

受信: 2010/01/04 14:16:36

» 龍馬伝 トラックバック ロチオスタジアム
さぁ、本格的に仕事始めとなりました。素晴らしいお天気です。 あらためまして皆さま、今年も宜しくお願いいたします。 ところで、目クソはなんで目頭から出るがじゃろ? う〜ん、たしかに疑問だ。クソは普通、尻から出るもんなのに、目尻からは出てこない。う〜む……。 昨日から始まりましたね。NHK大河ドラマ「龍馬伝」。 坂本龍馬は個人的に大好きな日本史の偉人でもあり、福山雅治さんがいったいどんな龍馬を演じるのか、という興味とあいまって、放送前から非常に楽しみにしていた作品です。これだけ放送を待ちわびた大河も... [続きを読む]

受信: 2010/01/04 15:30:33

» 龍馬伝 「上士と目くそ」 トラックバック 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
大河ドラマ龍馬伝スタート!第1回は「上士と下士」。でも、下士やなくって、郷士ちゃうかったっけ?郷士よりも下士の方が、土佐藩の事を知らん人間にも分かりやすいからかな。いきなり、正岡子規が出てきたから「坂の上の雲」の続きかと思った今度の香川照之は、三菱財閥...... [続きを読む]

受信: 2010/01/04 21:31:58

» 正解のない問題 トラックバック POPO
最後に満点を取ったのは いつのことだっただろう 年をとればとるほど その機会は減 [続きを読む]

受信: 2010/01/04 22:55:18

» etude195 トラックバック 御林守河村家を守る会
(昨日で冬期講習が終わって  きょうからふつうの日々が戻ってきます。 [続きを読む]

受信: 2010/01/05 3:39:42

» 「龍馬伝」 トラックバック だんだん。第三楽章
 今年の大河ドラマ「龍馬伝」は、いわゆる「大河ドラマ」らしくない。  オープニングテーマからカメラワーク、画像の雰囲気まで、従来の作品とは違う。違うというのは、悪いという意味ではなく、個人的には好きな仕上がりになっている。  NHKの製作者は、新しい世... [続きを読む]

受信: 2010/01/05 9:40:24

» NHK大河ドラマ 龍馬伝始まりましたね トラックバック Small Factory 〜 小さな製作所
NHK大河ドラマ 龍馬伝始まりましたね 主役は坂本龍馬 幕末〜明治維新の中で活躍した人です。 自由気ままに見えるその性格が、ロマンをそそりますね。 そして今回は龍馬役にイケメンの福山雅治さん。 これは女子も観ますね! アニメでは、幕末機関説いろはにほへとに出てきま..... [続きを読む]

受信: 2010/01/05 21:40:55

» キャプテン トラックバック POPO
ひとり小舟を 漕いでいるのなら 風のおもむくままに のんびり進むのもいいだろう [続きを読む]

受信: 2010/01/06 0:09:17

» 龍馬伝 音楽 トラックバック みんなで幸せ♪
異聞・珍聞龍馬伝..... 【落語CD】三遊亭 歌之介「爆笑龍馬伝」爆笑ライブ第2弾!..... 『龍馬伝』の熱さ 『龍馬伝』の第一回目を見た。とても面白かった。福山雅治さんの龍馬は、 やさしくて、芯が強くて、 そうして熱い思いがあって。これからどのように成長して 行く....... [続きを読む]

受信: 2010/01/26 18:00:12

コメント

おはようございます 茂木サン。
龍馬伝 の福山サン、カッコいいです。龍馬の魅力と相まって 楽しみです。一年間の 長丁場ですが、 体調管理をされ お力が発揮されますよう 応援します。

昨日は 別の番組でも、龍馬について放送していました。
あまりに早い死に もっと生きていたら・・・と残念です。
生きていた時間を 振り返り 龍馬の意志や 未来に向けたビジョンを
感じ取れたら、そんな一年でありたいです。

投稿: サラリン | 2010/01/05 0:46:56

こんにちは

↓茂木さんのブログが中国系日本語メディアで紹介されていますよ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100104-00000013-scn-ent

「龍馬伝」は、中国から日本に来た人たちにも面白かったのでは?(^^)


投稿: 龍馬伝のクオリアby片上泰助(^^) | 2010/01/04 23:52:06

昨夜の『龍馬伝』、グイグイと引き込まれるようになって見ていました。

福山雅治さんの演じられた若き坂本龍馬は、優しい中にも芯の強さというものが見ているこちらにもびんびん伝わってきた。

そして、すでに時代の常識や枠を超えた、人間としてのスケールの大きさも。

きっと実際の龍馬も、福山さんが演じていた人物像の通りなのかも知れない、と思わせるに十分すぎるほどだった。

こんなに熱くなって大河ドラマを見たのは、何年ぶりであろうか。


おそらく遠い昔、中学校時代に見た『草燃える』以来かもしれない。

劇中で、源頼朝と北条政子の娘・大姫と木曾義仲の息子・義高の悲恋が印象に強く残り、悲恋ゆえに狂ってしまった大姫の姿が、今も時折頭に浮かんでくる。

『龍馬伝』もきっと、ずっと見ていると、忘れられない印象的なシーンが現われるかもしれない。

ところで、福山さんの演技は本当にすばらしかったが、少年時代の龍馬役を演じた少年が、純でかわいらしくて、清々しかった。

岩崎弥太郎役を演じられた香川照之さん、まさにうまかった。完全に若き日の岩崎本人になりきられていた。また、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之さんが、広末涼子さん演じる龍馬の幼馴染・平井加尾の兄役で出演していたのも印象的だった。

ドラマの中でそれぞれの役を演じる人々がとても熱かった。本当にそれぞれの役に皆さんが入り込んでいるというより、完全に役になりきっているという感じ(もちろん、単に『役になりきっている』だけでなく、最初からその人として『生きている』ように見えた)がすごく良かった。

とにもかくにも、これからの展開がすごく楽しみ。私個人においても、今年は久々に大河ドラマを見てすごす時間が出来ることだろう。


龍馬がその彗星の如く駆け抜けた人生で見せてくれた、組織や世間の常識にとらわれない生き方。

私たちはそこから未来をよりよく生きる為の、途轍もなく大きなヒントを、それぞれの立場で、得られるのに違いない。

ますます混沌とするだろう2010年代。組織の論理や世間の常識に頭を縛られている生き方は、これから一層難しくなるだろう。

これから『龍馬伝』を見つつ、魂の脱藩のためのヒントが得られるといいな、と思う。

出演者、ならびにスタッフの皆さんの、一層の御健闘に期待しています。

投稿: 銀鏡反応 | 2010/01/04 21:06:57

茂木さん、Hello(^-^)あけましておめでとうございます♪去年は茂木さんのクオリア日記に出会う事が出来て、うれしかったです♪色々な発見がありました♪ありがとうございました♪m(__)m私の中で「〜すぎ」という事がわかってきました。大切な人達に教えていただきました♪私のペースで一歩ずつ歩んで行きたいなと思っています。茂木さんの色々を一人のファンとして応援しています。今年もいい年になります様に♪

投稿: 水饅頭 | 2010/01/04 18:27:45

福山さんの目に惹かれて今回の龍馬伝を見るきっかけになりました。
そんな時にプロフェッショナルを見せていただきました。
茂木さんの脳科学者的に見る「龍馬」にものすごく関心を抱きました。
そして、福山さんの
「どうして一般の人間が偉人と会見してくれたり会談してくれるまでに至れたのか・・・」
など聞いているうちに、益々龍馬伝を見たい気持ちが膨れました

そして昨日「龍馬伝」見ました。
福山さん演じる、人間味を最大限に出しての龍馬に見えました。

茂木さんの言われるとおり、
2010年の日本が、
全力疾走で駆け抜ける熱い日本になりますように・・・

自分含めて、そう感じる一話でした

投稿: 第一話見ました | 2010/01/04 17:41:04

『龍馬伝』私も見ました!見応えがありますね♪
プロフェッショナルで撮っていたシーンも出ていました(*^_^*)
あ!ここだ!出てる出てる〜って嬉しくなりました(^-^)

これから、どう成長していくのか、楽しみで、ワクワクしますね☆

大友さんのカメラ撮影法。
調整は大変そうですが、そこをクリアしていけば、お互いに成長でき、そこには新たな自分がいて(#^.^#)

人を動かすのは、ややこしい論理とかじゃなく、心からの熱い思いや願いですよね(*'-')

投稿: 奏。 | 2010/01/04 17:17:08

茂木先生、3が日が過ぎ、はや4日、
快晴が続く年の始まり・・

礎 の言葉にであい、
きりっとしたき思いがよみがえります

老いも若きも、礎をどこかに見いだし
心の置き場所として進んでいけるか

簡単なようで、大切な言葉です、

先生の12月の講座、
クオリア日記
龍馬伝×プロフェッショナル
そして昨夜の第一回、t
龍馬伝の放送!

放送までのデモンストレーションのおかげで、
画面の中に入り込んだ気持ちで
視聴することができました

私の出身地に大いに関係する、坂本龍馬と、三菱財閥の祖
岩崎弥太郎の、素顔が幼き日から感じ取ることができ
もう、ひたすらの感動でした!
門に和霊神社って書いておこうかしら・・
聖書片手でも、違反じゃないでしょう^^
ちょっと、ハートがアップ気味

心の中の私の脱藩、一年間
脱藩、だっぱん、ダッパン、といいながら
バッタンしないように、 グランマも活き活きと生きる
一年であるようにわが身に 檄を飛ばしていますよ^(笑)

おばあちゃん、カッコいでしょ、齢の割に^^
あっ・・そうか・・ 私が誰か、ご存じないですものね^^
名もなき下級武士の妻です^^ははは~
                     
  リクエスト

   香川照之さん、素晴らしかったですね~!!!
   先生、いつか、都内で対談してくださいね、
   公開講座のゲストで!!!
   今から、参加希望提出です^^

               reiko.G



投稿: R.グランマ | 2010/01/04 12:41:04

茂木健一郎様
『龍馬伝』
しみいりました。
日本に龍馬になると思った人が
きっと増えて行くと感動じました。

投稿: Yoshiko.T | 2010/01/04 8:28:36

コメントを書く