« 人生というのは難しいもの | トップページ | クレイジーなプロフェッサーへの道 »

2010/01/03

"I am happy. I will live long."

"I am happy. I will live long."

「私長生きするわ。」

The Qualia Journal

3rd January 2010

http://qualiajournal.blogspot.com/

1月 3, 2010 at 07:56 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "I am happy. I will live long.":

コメント

遅ればせながら、『麦秋』を観ました。

ゆったりとした描写の中に、生き生きとした生命の音楽が流れているように感じました。

原節子さんが演じる朗らかな娘。結婚による家族との離別を目前に、独り泣き崩れる場面。
・・・とても切なく、激しく心揺さぶられるものがありました。

穏やかに繰り返される日常。
繰り返しの中にあるかけがえのないもの。
無数の分岐点の通過。
二度とは戻らない日々。
気付かぬうちの変化と成長。
きっと、いつしか、生きていることの懐かしさに目覚めるとき、
一瞬、一瞬への感謝が生まれるのかもしれません。

ラストの、畑一面の麦が風に揺れているシーン・・・懐かしさと温かさの余韻で満たされます。

原節子さんの太陽のような笑顔、とてもまぶしいです。

投稿: 須戸 和美 | 2010/01/17 23:40:25

こんばんは、茂木サン 拝見しました!
小津 安二郎監督の 「東京物語」良かったです。茂木サンや たくさんの方々が おすすめしているのが 分かりました。
当時の尾道の風景 や東京の街並み と そこに住む家族の日常 と 佇まい。
登場人物の 淡々とした会話 と 仕草が、 妙に
わたしの心に 入り込み くすぐったい感じ。
笠 さん と東山智栄子さん 夫婦の会話が、 また穏やかで 長年連れ添った味があります。素敵!

原 節子さん、綺麗です。優しさを感じます。

ご夫婦が、いろんな場面で何度も「ありがとぅ」と 感謝の言葉を言っていました。とても心地よいです。
見終わった後、温かい気持ちになりますね。
次回 他のおすすめ作品も 拝見させて頂きます。
茂木サン、 遅ればせながら、小津映画は 凄いです!
ご紹介頂き、ありがとうございます。

投稿: サラリン | 2010/01/05 0:27:46

おはようございます 茂木サン 。
いつも 母親は 子供を思い、案じてくれます。映画の中の お母さんの 素直な言葉に、 みんなが 更に嬉しく 感じた事でしょう。

いろんな愛情表現が ありますが、素直な言葉は 一番心に響きます。

ありがとう。
たくさん笑って、好きな事して、元気で、長生きしてね。
親を思う子も 案じております。

投稿: サラリン | 2010/01/04 6:12:32

そうですね・・
若いころは、40歳代の女性がなぜか好ましく見えなくて・・
そんな、すごいわけがあったのではないのに、

40歳代になってみて、70歳くらいまでには、
旅先で、楽しい最中にぽっくり病で・・ なんて不謹慎なことを
ボヤ~ッと想像したり、

今は、あ母さん幸せよ、なんて恥ずかしげもなく娘たちに言えたり、
おまけに、私長生きしたいと思いますよ、お母様も、!?まあ同じですね~^^ お互い、ながいきしましょうね^^ おほほほほ^^

などと、娘の嫁ぎ先のお母様と笑い合ったりしています
いい人間関係が保たれている、幸せを感じます

先生のご両親、いい息子さんに恵まれてお幸せですね、
母が言っていました、幸せとは、自分が感じるものよ、
一生不幸せな人もいるのよね・・・・って、

私、感じています、幸せ! 人とは比べられない幸せ^^
茂木先生を知ることができたのは、
真新しい幸せ、 いいお正月です^^
                  reiko.G

投稿: R.グランマ | 2010/01/03 22:17:42

I was surprised first that Noriko said yes
to the indirect proposal in " Early Summer ".
I love the appeal of Haruko Sugimura without
regard to appearances.
The unanticipated yes was quiet but resolute,
it was the exact " dramatic turning poit ".

It brought me deep impression and understanding
of the film.
I realized again how the Pacific War
still lived in Mr.Ozu's mind.
He never criticized it loudly,
but characterized people as survivors
rather ironically and comically.

I would like my mother to say
it is nice to live long.

投稿: 島唄子 | 2010/01/03 14:21:46

コメントを書く