« ベージュ色のぬた | トップページ | 魂の会話 »

2010/01/07

Dissonance

Dissonance

不協和

The Qualia Journal

7th January 2010

http://qualiajournal.blogspot.com/

1月 7, 2010 at 07:37 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dissonance:

コメント

☆追伸☆
今遠藤周作氏の「人生には何ひとつ無駄なものはない」(朝日文庫)を拝読してますが、名言の玉手箱みたいです♪お悩みの方、いかがでしょ♪私には良く効きました♪
①人間は自分の自由意志であれこれ選択できるのではない、自分がそこへ持って生まれた状況の全てを肩に背負って生きていかなくてはならない。
②今ぼくが無駄にしてはいけないのは、ぼくが味わった苦しみ、ぼくが他人に与えた苦しみだった(モーリヤック)
③人間は他人の人生に痕跡を残さずに交わることはできない④善も限界をすぎれば悪になり、愛も限界をすぎれば人を苦しめる
⑤正しいと思ってやった行為が、他人を苦しめていることはよくある
遠藤周作

投稿: 眠り猫2 | 2010/01/07 15:48:36

晩春の午後、日の差し込む部屋で上質の白ワインを傾ける……だなんて、お洒落ですね~茂木さん
大人の香りがいたします(・ω・)/

ベーコンの絵は面白いです?
色んな画家がいらっしゃるんですね~
そうだ、週刊西洋絵画の巨匠のエッセイ、ぜひ一冊にまとめて下さいね?
楽しみにしてま~す
茂木さんの絵画を題材にしたエッセイ、美しいです

美しいといえば、とびきり美しい人を発見しました!

栗城史多さんという若干27歳の登山家です!
単独無酸素エベレスト登頂を目指している凄い人です!(無酸素登頂は今までもラインホルト・メスナーだけじゃないかと記憶してますが)
先日テレビ(NHK)をつけたら丁度番組をやっていて、釘付けになりました。
詳しくは栗城史多さんのブログをご覧になって下さ~い
番組は1月9日の16:45から再放送予定の模様です。感動間違いなしです!ではまた~
追伸
ベージュのぬたって言うのやめて下さい…(ぞわぞわします(笑))

投稿: 眠り猫2 | 2010/01/07 15:29:37

24時間経過したとは思えないように、
昨日の朝とそっくりの空の色、
そして、きい~んとしまった冷たい空気、

でも昨日の朝ではない証拠が、
先生からのプレゼント、新しい顔との出会い!^^

先生、絵の好きな私、素人なりに結構いろんな絵を見てきたつもりですが・・ 今朝の彼の顔は初めての出会い!、びっくり!
 あっ!え~ いいい~ おぉ~ ううう~**^^

鏡で自分の顔を始めて眺めた猿の気持ちに似た気分・・^^

目をそらしたりじっと眺めたり、知らんふりしたり・・
やはり気になってまた近寄ったり、
最後は激しく足でけってみたり・・

ちょっと違いますが、似たような気分で眺めている間に、ふと
学生時代に初めて読んだ時の、夜と霧 の読後のあの何とも言えない感情を思い出しました

読後、部屋に置いて寝ることができないで、真夜中起きだして
玄関の下駄箱に隠して、ほっとして眠りについたことを思い出しました

不協和音は一種の心の聴覚の迷路感覚、時に不協和音の混沌の美を味わいつつ、協和音から醸し出される愛にも似た安らぎを、頂くことができるのかもしれませんね、

見たくない物を凝視し、聞きたくない音を聴く、そしてすべてを自分の心の中に混色されとどまっていく絵画の様に、有る意味での美の想像過程を信じ、その不思議を感動として受容したいものだと、おもったりしています

協和音も不協和音おも含めての愛の世界、
先生の今朝の日記は、画の顔の向こう側にほほ笑む優しさと一緒に輝いています、

 大切にしたい文章、 ありがとうございます

投稿: R.グランマ | 2010/01/07 11:34:49

It may sound strange,
dissonance gives me a hand
to diversify my life.

When I feel dissonance in the things
of the mind, it usually breaks my illusion.
It's a light knock of realities,
and forms a new personality who tastes
the rough with the smooth.

" the dissonance in distribution becomes
something akin to love."
Such an art expands my field of view.
Consonance will be a robe of feathers,
on the other hand, I will be able to
shed my skin through a dissonant sign.

投稿: 島唄子 | 2010/01/07 10:17:56

コメントを書く