« Quite close to the weakness often lies one's strength | トップページ | ヨーロッパの個人主義 »

2009/12/24

twitterとqualia journalについて

私のtwitterのIDは、kenmogiとkenichiromogi です。

kenmogiの方は、英語で書いています。

kenichiromogiの方は、日本語で書いています。

現在のところ、英語で書くkenmogiの方を主に使っています。
kenmogiの方でつぶやいている
英語の短文は、英語のレッスンにもなるように工夫していますので、ぜひfollowしてみてください!

http://twitter.com/kenmogi 

英文のブログ、
qualia journalについて、お知らせがあります。

最近、コメントスパムが急増しているため、対策として、
moderationをonにしました。今後のコメントは、
管理者によって承認された後に表示されることになります。

よいholiday seasonを!

12月 24, 2009 at 11:25 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: twitterとqualia journalについて:

コメント

とても寛大なアドバイスをありがとうございます!!

勝手にfollowさせて頂いてました。
短くても自分で英語の文章を書いてみることはとても勉強になりますので、私も頑張って続けてみようと思います。

間違いはあっても、ご愛敬。。。ということで。(*^_^*)

投稿: | 2009/12/25 12:40:17

お久しぶりにコメントです

あぁ。。クリスマスイブ。。。
ってことは今年もあと1週間なのですね。。

大学のレポート締切りも目の前にせまっています。
社会人で大学生。
4年での卒業は諦めようか。。。なんて最近では考えていたけれど

うん。
茂木さんのブログを読んだらなんだか元気が出てきました
諦めないで最後まで頑張ります

だって茂木さんも凄い勉強しているし
社会人だからとか年齢とか
言い訳にしちゃいけないですね

ありがとうございます

茂木さんもお体に気をつけて頑張ってくださいね

投稿: | 2009/12/24 22:45:33

温泉の入り方を読んで、随分深くしまわれていた記憶が浮上しました。小学生で読んだケストナー作の「点子ちゃんとアントン」。その中のある章で、銀行家の点子ちゃんの父親が、留守中泥棒から家を守った家政婦「でぶのベルタ」に御礼をします。その順はまず握手、そしてお金です。ケストナーはこの順を違えてはいけないよ。と章のまとめで読者の子どもたちに念を押しています。おとなになると、心の表し方を考えるようになりましたが、その都度ケストナーの言葉が頭の中に浮かんでくるのです。しかしケストナーは温泉のことは言っていませんでしたので、私は効能書きを先ず読みます。

投稿: | 2009/12/24 16:30:44

茂木健一郎さま

文章に工夫をされていらっしやる英語の勉強につながる

これこそが
簡単に理解できる難しい記述

茂木健一郎さま
工夫されていらっしゃるのは日本語のもですよね
工夫されているからこそ
例えば
今朝更新

清水港と一文字

私の連想は黒鯛が釣れると有名な清水港と連想

そしてコメントとして投稿をさせて頂ける

今晩、投稿させて頂きます

難しいことを難しく記述、実は簡単

難しいことを簡単に記述、実は難しい
そして
読み手は、その工夫に気がつかない


茂木健一郎さまの工夫は多岐にと実感です。

英語のは、やはり英語の勉強にと工夫されていらっしゃる
やはり、と実感です
そんな私
英語辞書を、まだ購入していない私です。

投稿: | 2009/12/24 13:00:00

コメントを書く