« Imagine no universities | トップページ | My mother and Hibari »

2009/12/15

概念世界のパス回し

 移動しながらWittgensteinを
読む。

 Wittgensteinは大学を出た後、
ノルウェーに行って一人で小屋を建てて
住んでいた。

 その時代の気配を想像し、
耳を傾けながら。

 そうして、Wilhelm Kempfが
ピアノを弾く時の表情。

 竹ノ塚の改札を出ると、
羽生善治さんの姿が見えた。

 将棋連盟の山田穣太郎さんとともに、
竹の塚小学校へと向かう。

 体育館で、羽生さんと一緒に
子どもたちに将棋の魅力を語る。

 集中することの大切さ、
理解することと、記憶すること。
 目標を持つこと。
 人とかかわること。

 最近、ごく普通の子どもが、
いかに活き活きしているかということに
瞠目される。

 一瞬のうちに、気付き、目を開き、
笑い、歓声を上げる。

 そこには完璧な人間の原型がある。
 
 そして羽生善治さん。

 見えないものを見ている。
 何ごとも物質中心的、
見かけ重視の現代において、
将棋という概念世界のパス回しに
傾注する羽生善治という人の
顔の表情が、いかに深い示唆を
与えていることか。

 集英社の鯉沼広行さんが
迎えに来る。

 吉祥寺の成蹊小学校へ。
 
 講堂で、今度は保護者の
みなさんにお話しする。
 
 子どもの脳の可能性は、驚くべき
ものなのです。
 ぜひ、それを伸ばす手立てを
して上げてください。

 「良い学校」に行くことと、
能力を伸ばすことは相関はしますが、
必ずしも一致するわけではありません。

 成蹊は、噂に聞いていた通り、
静かで美しいたたずまいだった。

 やがて鯉沼さんと出た街は、
歳末の慌ただしい匂いがした。

12月 15, 2009 at 07:29 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 概念世界のパス回し:

» etude180 トラックバック 御林守河村家を守る会
ボタンを押していただければ幸いです [続きを読む]

受信: 2009/12/15 7:55:20

» 点から線へと繋がっていく トラックバック 須磨寺ものがたり
須磨智慧の道で行われる、 「智慧の道ウィーク」の開催に向け、 須磨寺町自治会館で会合をもった。 [続きを読む]

受信: 2009/12/15 10:06:54

» 第 517話 30秒だけください トラックバック 進化する怪物たち
デジブック 『30秒だけ』 [parts:eNozsDJkhAMmJmMTAyYjYwNGptQ0k8RUi8Q0AzfdoMCw+OQS74pgl7JwM30mGDA2xacKahATE5J6AEAfFEo=] 今日も 1日 いろんな感情になる自分がいました。 それでも 1日の最後には 幸せな気分で 締めくくれる 幸せ者です。 自然を 感じる感覚が 鈍ってきている、 明日 明後日 自分の湧きあがる感覚に 光をあてながら  もちろん 試験勉強も。 ... [続きを読む]

受信: 2009/12/15 23:29:39

» etude181 トラックバック 御林守河村家を守る会
ボタンを押していただければ幸いです [続きを読む]

受信: 2009/12/16 7:31:17

コメント

茂木先生こんばんは^^
今日は今年最後の診察日でした
主治医の先生がが[良かったですね、これで新しい年を笑顔でをお迎えになられますね]っておっしゃってくださいました、
とてもうれしく、この春からの辛かった月日を想い胸にこみ上げるものがありました

今年は、偶然音楽の誘いでクオリア日記に出会え、図らずも、この3か月クオリア日記に一方的に私のむだ話を続けさせていただき、何故か心に活力が湧いてくるのを実感しています、
まるで実験の様な約3ヶ月が経過しました

どうしてこんな私の様な者のコメントも読んで下さるのでしょう、先生は天才的な科学者、私は凡人、何の関係もない・・
どうしてか、書いてしまいたくなるのは、どうしてなんでしょう?

先生の打ち上げ花火に、まあ綺麗! っていい続けている間に
まあ綺麗!って言いたくなってしまい、私がコメントを書いても先生には何ってことないでしょうに、まあ綺麗!って気持ちが続いて、私は、今では学生にもどってしまった気分です、^^

孫のいるおばあちゃんなのに、本当にそんな気分がしてくるのです
ミューズがいたずらをしているのでしょうか・・・^^
人間って不思議だな~っと、自分の心に語りかけています

読書力がついてきたことを喜んでいます、
先生の文章が、誰かに語りかけているような文体で、
読んでいて疲れないからかもしれませんね、お会いしてお話をしているような気持ちになります

そ~そうなのよね~ とか、本当にそうですね・・ などと
心の中の声で会話する気分になったりできますね、
本当にふ不思議なかたですね、

先生は、森や林や、空に向かって話すように
自然に言葉が出てくるのでしょうね、

私は先生に向かって書いていますが、
クオリア日記は、先生の文章を読む人に向かって書いておられますね、

一般人には、見知らぬ大勢の人に向かって文章を書く習慣がまだ足りません、これは、不思議な魅力をもっていることに気がつかされています

>将棋という概念世界のパス回しに傾注する羽生善治さんという人の表情がいかに深い示唆をあたえていることか・・

子供と大人の紹介記事を読んだ後の様な気がしています^^
変ですね^^
                 reiko.G


投稿: R.グランマ | 2009/12/16 22:16:41

茂木健一郎さま

おはようございます

昨日の朝日新聞夕刊

水着の番人

という記事

日本水泳連盟の古橋さんに頼まれて高速水着の番人として中京大学の先生がご活躍

きちんとされた方がと安心しました。

私は、もちろん
日本水泳連盟になど関係ない一般市民

全日本スキー連盟会員の普通の市民です

古橋さん、水面下では
常識をもたれ人選されていらしたんですね。

驚きでした。
さて
起きます。

投稿: 高木英樹 | 2009/12/16 7:13:22

こんにちは

> 子どもの脳の可能性は、驚くべき
ものなのです。
> ぜひ、それを伸ばす手立てを
して上げてください。


まずは、大人が可能性の追求をあきらめない事では?(^^)

投稿: 可能性のクオリアby片上泰助(^^) | 2009/12/16 4:51:54

おはようございます 茂木サン 。
今週は 全国的に 寒いようです。 一枚羽織る物 にぜひ。

最近、茂木サンは、小学校に講演されていて、 子供達の元気、エネルギーは 凄いですね。

ワクワク の期待感が 楽しい気持ちを倍増させる。 私達 大人も 子供達を見習い、
何か ワクワク 見つけましょうか。
笑顔 が 増えたら、回りに感染して 広がりそうです。

羽生サンの 仕事の流儀みました。流れを感じとる!
感覚を 教えていただきました。

投稿: サラリン | 2009/12/16 1:45:28

茂木健一郎様
子どもの表情、感受性にふれるとどきどきするものを
感じます。生きているということはこういうことなの
ではないかと思うのです。

投稿: Yoshiko.T | 2009/12/16 1:28:02

茂木さん、成蹊にいらしてたんですか。僕の母校です。

投稿: 井出 隆一 | 2009/12/16 1:09:53

茂木健一郎さま

今晩の半井小絵さん

私、大好きな黄色
お洋服に自然な髪型

ナチュラルに幾分かポニーテール
恰好よく、もちろん週間予報も凝視と北海道の積雪も。

キロロさんの場合
スキー場の係さん
以前から存じ上げている方々としかお話は一切しないので
リフトのシーズンパスを受け取りの時にしか
後は必要な会話
スキーチューンをお願いしてますキロロさんのお店のヴアンクールさん、お昼の食事にレストランの方としか会話はしないので

キロロのスキースクール?そんな人たちなどは知らないので

私は一般スキーヤーの立場です
私は一人で滑ってスキーの本質を楽しむことが大切としています
そんな私にはスキースクール?などは知らない

私は一切、スキー指導などもしていないし
キロロのスキースクールで習うことなどないので
昨シーズンは
2月、つまり今年の2月のキロロでキロロのイントラが、私がコブを滑った後、横に来たので
なんだ?
それで2月の段階で昨シーズンはスキーを中止
きちんと
ヴアンクールさんにも話てます、昨シーズンのこと
その上で
私は普通にスキーを楽しみたいんです、とも

私はスキー場で私、スキーを楽しむことを邪魔されるのは嫌と
きちんとした意志を持ってます。

シンプルにスキーを楽しむ
簡単な単純な意志です。
妙な挨拶をしたがりが一部スキー業界にはいますよね。

私は普通の一般スキーヤーです。
さて、寝ます。

投稿: 高木英樹 | 2009/12/16 0:33:15

     良い日を先生お過ごしになられましたね

     「子どもの脳の可能性」

     活き活きした顔

     明るい未来を

     思う事ができました
     「ありがとうございました」

投稿: 岡島妙英 | 2009/12/16 0:19:23

将棋もピアノも論理が構築する美だと思います。
相手の将棋を詰む快感と、楽譜を読みながらベートーベンのピアノ曲のロジックを理解しながら、音符間に関係をつけ、弾けるようになる快感は似たものがあります。将棋がもっと人口に膾炙することを望んでやみません。将棋史最強の棋士、羽生さんに文化勲章を!!!
茂木先生のWittgenstein講義、非常に楽しみで、時間があればぜひ拝聴したいと思っております。理系的頑丈な骨組みで新しい概念を構築する、これこそ本物の哲学だと思います。先生にはミシェル・セール張りの講義を切望いたします。

投稿: レンズ職人 | 2009/12/15 23:39:46

茂木さん!今日、遅いですが・・・「脳にいいことだけ」をやりなさいを全部読ませていただきました!!

おもしろかった・・・

2回目読みたいので、茂木さんのたしか~勉強術の本に書いてあっ、細切れの時間を使うやつでトイレや風呂で読みたいとおもいます!

投稿: ファルコン | 2009/12/15 22:41:23

連日コメントさせて頂いてますが、自分の集中力の無さを痛感しております。先生と自分とでは、才の違いの他に決定的に違う所は、正確性です。先生は正確に記憶し、正確に表現し伝える事が出来ると脱帽いたします。負けないぞー

投稿: cosfeet | 2009/12/15 19:24:37

親愛なる茂木先生様。
知識の秘匿性はそれこそ、天文学や数学の創始まで遡る事ですね。
10の長さの輪の紐を与えられ、「これで自分の土地を決めろ。」そう領主に言われ人々は試行錯誤する。長方形や三角形、円や不思議な形を作ってみる。最後に2.5x2.5の正方形が一番広いと知る。しかし、閃いた人間は利益を守るため内密にした。数学の始まりだと聞いております。大学は共通の分野で他人と正面から衝突して、なお健全な人間関係と学問への純粋な情熱を研鑽していく場だと思います。それのみかと。それに抵抗のある人は行く必要は無いかと。ところで、先生の英字記事は毎日拝見し勉強させてもらっております。独特な言い回しを見付けた時は嬉しくなりますよ。直ぐ忘れてしまう情けない脳ですが、先生がこの場所を維持してくださればいつでも講義を受けられます^^

投稿: cosfeet | 2009/12/15 19:01:33

質問をしてもよろしいでしょうか。とても興味があります。
失礼でなければいいのですけど。

"移動しながらWittgensteinを読む。"

この茂木先生の読書は何語だったのですか?そこにあって選べるのならば、何語にしますか?


投稿: michiko | 2009/12/15 18:20:47

最近、羽生さんの「上達するヒント」を実際に駒を並べながら読んでます。

アマチュアの棋譜を基に羽生さんが示す指し筋はナチュラルで本当に美しいですね...!

羽生さんはまさしく将棋界のモーツァルトだと思います。

投稿: zitterbewegung | 2009/12/15 17:56:19

はじめまして。
私が信じて一番大切にしているいることは
DREAMS KNOW NO LIMIT 「妄想は無限大」です。
大人になった私の妄想も無限大なんだから、
こどもの妄想はもっともっと無限大。
「無限」に、もっと、があるのもおかしいけど、そんな気がします。

茂木先生の言う、こどもの脳の可能性とは、私の言うことと違うかもしれませんが、
おんなじコトを信念にしているようで、うれしいです。
これも妄想かも。

投稿: ムー | 2009/12/15 17:16:59

吉祥寺にいらしてたんですね♪猫めのterritoryなのに気付きませんでした~残念!

ウィトゲンシュタインて、ハンサムですよね♪
オスカー・ワイルドタイプ?
(そゆえばワイルドも俺様でした(笑))
あ、茂木先生もハンサムですよ
私的には、好きなお顔です♪知性的♪
(最後は知性と優しさではありますまいか?)
ウィトゲンシュタインも、天才らしいですね?
次回明治大学の講義(1月27日)是非伺いたいなぁと思っています
(え?ウィトゲンシュタインを勉強しなさいって?ヒィィ~

ケンプは、朴訥で素朴な所が好きです。(・ω・)/
このピアニストの音を聴き分けるってクオリアですよね?(クオリア猫)
ほんとにどこで感じているのやら~

脳って不思議です。夢をどこで見てるかも不思議なんですけど、imageの残像なんでしょうか?
是非ラジオでお答えしていただきたいです

それでは今日も良き日を♪

投稿: 眠り猫2 | 2009/12/15 8:40:15

コメントを書く