« 今森光彦さんとの対談 | トップページ | Full of life! »

2009/12/30

やなちゃんと、ブルーマウンテン。

 ぼくのところで博士号をとって、
今理化学研究所の藤井直敬さんの
ところで研究を続けている
柳川透くん。

 いろいろなものを注文する時に、
「高級なもの」「一番高いもの」
が好きだった。

 「やなちゃんは、きっと、
一番いいものを注文するに違いない」
と皆が思っていた。

 その期待にやなちゃんはきちんと
応えていたのは偉い。

 一度、すずかけ台の「てんてん」
でてんぷらを食べた時、
やなちゃんは「あわびの天ぷら」
を注文した。

 ぼくも、少しお裾分けしてもらったが、
やわらかくて美味しかった。

 柳川とご飯をたべたり、
お酒を飲んだりする機会が減ったのは
さびしい。

 ぼくが子どもの頃、高いものにあこがれた
思い出としては、小学校5年生の時の
コーヒーがある。

 小倉の母の親戚の家に遊びに行った
ときのこと。

 母の妹の、「綾子おばさん」
が、喫茶店でコーヒーをおごって
くれるといった。

 大人っぽい雰囲気のある店で、
それまで私はそんな店に入ったことが
なかったし、入っても
コーヒーを注文したことなどなかった。

 綾子おばさんは、一時期新宿に
住んでいて、私と二つ違いの妹は
「新宿のおばさん」と呼んでいたのである。

 不思議なことに、綾子おばさんが
小倉に住むようになってからもしばらく、
「新宿のおばさん」と呼んでいた。

 新宿のおばさんが、コーヒーを
おごってくれるというので、
メニューを見た。

 そうしたら、「ブルーマウンテン」
というのが一番高かった。

 当時の値段で、600円とか、700円
したように記憶する。

 「ブルーマウンテンがいい!」
と言ったら、新宿のおばさんは笑った。

 そうして、「けんちゃん、高級なものを
頼むね」と言った。

 「ブルーマウンテンを飲むんなら、
砂糖もミルクも入れちゃダメよ。」

 実は、それまで、コーヒーを
ブラックで飲んだことがなかった。

 砂糖やミルクなしで飲めるのか
どうか、心許なかったが、
 おごってくれるおばさんが
そう言うんだから、仕方がない。

 店の人が、ハンドドリップ
で淹れてくださった。

 衆人注目の下、
私は、カップの中の褐色の液体を
味わった。

 「どう?」

 「おいしい。」

 生まれて初めて味わう、
苦くて、そうして頭の芯がカーンと
刺激されるような感覚。

 あの「出会い」は今でも
鮮明に心に残る。

 背伸びをして
「ブルーマウンテン」を注文した
少年の日。

 あの時のことを、柳川透君が
高級なものを注文する時に
いつも無意識のうちに思い出して
いた。
 
 そんな事実に、昨日都内を移動
していて突然気付いた。

 潜在していても、気付かなかった。
 
 やなちゃんと、ブルーマウンテン。

 私の中で、メタ認知が一つ成立した。


柳川透くん。昨年のSociety for Neuroscience meetingの際に、ホワイトハウスの前で。

12月 30, 2009 at 08:57 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やなちゃんと、ブルーマウンテン。:

» 個のチャレンジ トラックバック 須磨寺ものがたり
毎月一回発行される「神戸市商店街新聞」の2010年一月号に、 商店街の務め(役割)とは?と題し、 大変刺激を受ける内容が書かれてある。 [続きを読む]

受信: 2009/12/30 9:24:39

» etude193 トラックバック 御林守河村家を守る会
ボタンを押していただければ幸いです [続きを読む]

受信: 2009/12/30 19:57:18

» etude194 トラックバック 御林守河村家を守る会
(今日は大晦日。  神さま詣りの日です。 [続きを読む]

受信: 2009/12/31 7:56:41

コメント

茂木健一郎さま

おはようございます

小樽の大晦日

小樽天狗山スキー場さまも早めにクローズ

そして路線バスも夕方には店じまい

本日は、ささっと滑って早めに切り上げます

さて、起きます

7時をまわって目が覚めてです。
昨日はコブを少し滑り
楽しい感覚です。

投稿: | 2009/12/31 7:11:59

こんにちは

> ぼくのところで博士号をとって、
今理化学研究所の藤井直敬さんの
ところで研究を続けている
柳川透くん。

> いろいろなものを注文する時に、
「高級なもの」「一番高いもの」
が好きだった。

柳川さんは、「お金持ちダイエット」をしているのでは?(^^)

店の中の「高級なもの」「一番高いもの」を選んで食べると、美味しくて、少ない量で脳が満足する。普通の味を選ぶと量で脳が満足しようとしてしまう。

デフレの時代、柳川さんは、救世主でしょ?(^^)

投稿: | 2009/12/31 0:19:38

 う~ん…僕は必ず一番安くて味が想像できないものを選びますが、何時からそうなったのかなぁ?

 安さ至上主義。奢りには最大限の謙遜で答える。

 誰に植え付けられたのだろう?…見当はつくが。

投稿: cosmosこと岡島義治 | 2009/12/30 18:47:13

今年一年、楽しい講義を聞かせていただき、本当にありがとうございました。
いつか、できれば寺子屋のような、誰にでも開かれた、しかし学ぶ志のある方の集まりなどを主催していただけると嬉しいです。そこでは仕事関係者、及びお仕事のお話しはご法度ということで。(^_^;)

良いお年をお迎えください。
明日が、来年が茂木さんにとって希望に満ちた世界でありますように。

投稿: | 2009/12/30 12:35:34

いい仕事してますね~^^
そんな言葉思い出しました
丁寧に美味しいコーヒーを入れるマスター

きっと、今召し上がっても馥郁とした香り豊かな
味わい深いブルーマウンテンのはず・・、

バックには、未完成交響曲とか、田園が流れていたりして・・ リストの愛の夢は・・・小倉の雰囲気じゃないし・・

それにしてもお茶目なおば様ですね・・ ストレートの味の洗礼は
幸か不幸か、茂木少年の脳裏に、忘れられないブルマンとして焼きついたのですしょうね^^ 現実は夢を破ってストレートに突進してくる
のですよね、年齢には関係なく^^

初登場のやなちゃん あっけらかんとした笑顔いいですね、
きっと、アワビのてんぷらにつながる、幼き日のメタ認知があるのかもしれませんね・・ やなちゃんお勤めの理科研あたりも少し変りましたよ、、国立病院の隣に女子大が進出・・ 少しは、人の花が咲くようになっていますよ^^ 
たまに行く孫や私、ニアミスしてるかも知れませんね^^

風貌ってありますね・・^^  如何にもおいしそうなお顔^^
表情に、満足が漂って、哀愁が不足気味・・ ははは^^

クリスマスに、次女が小さなナッツの缶と一緒に、ハイお父さん^^って、渡した荒挽きコーヒーの一袋、
アラ、お父さんも良かったわね・・ お父さんの好きなナッツまで・・との私の言葉に、 私・・ この頃コーヒーを飲むゆとりもないわ~ そういえば・・って、言った横顔が、気にかかりました、
全身ゆとりの様に見える、おっとり娘だったのに・・・・

私も、アワビのてんぷらまだ頂いたことがありません、

主人の口から近頃よくでる言葉、
旨いものも、食わんとな~
今のうちに、食わんと~~
よかろう~ このぐらいなら~って、メニュウに食い入る姿
Caro Mio,kuwanntokuwannto! って耳を疑います
あなたったら、イタリアン?

大蔵省の婆に笑顔でこびをうる愛する夫に、
人生長いわ~ って笑顔とため息が出ます

何処かに、メタ認知を感じています^^

                 reiko.G

投稿: | 2009/12/30 12:00:56

茂木健一郎様
おはようございます。
私のブルーマウンテンとの出会い思い出も
懐かしいです。
美しいものや佳いものとの出会いは。
やなちゃんは、きっとどこかで
ことは粋(最高のもの)から習いなさい
と教わったことがあるのだと思います。

投稿: Yoshiko.T | 2009/12/30 10:11:53

   
   「ブルーマウンテン」

    美味だったのでしょうか

    苦さ・かおり

    だったのでしょうか

    素敵な想い出

    銀座の紅茶を思い出しました

     「ありがとうございます」

投稿: | 2009/12/30 10:01:45

コメントを書く