« Tree house | トップページ | (本日)ミューズがここに降りてくる! 宮本亜門さんとの対談 »

2009/12/12

志を共有する集まり

雨の南青山。

高田純次さんといろいろなことを
話す。

高田さんは、「東京乾電池」
に関わるなど、演劇経験が
深い。

新宿梁山泊や、状況劇場の舞台で、
最後にばっと開けて
外のリアルな風景が取り込まれる演出。

「あれはいいよね。あれはね、イギリスの
演出家が最初に始めたんですよ。」

「あっ、そうなんですか。」

「サーの称号までもらった人なんだけれどもね。」


高田さんたちの演劇は、即興で、
事前に集まってストーリーをどんどん
決めていってしまうのだという。

「だから、初日と楽日では、やっている
ことがぜんぜん違うんですよ。」

そういう演劇だったら、やってみたいな。

還暦を越えたという高田さんだが、
相変わらずダンディーで元気。

「5時から男」の元気さは
時間帯に関係なく発揮されている
ということを知る。

明治大学。合田正人さん主催の
講演会の第4回。

スピノザと、オスカー・ワイルドの
話をした。

終了後、香港理工大学の
Gino Yuがトークをしてくれた。

合田研と、私の研究室の
学生、それにキュレーターの渡辺真也
が加わって懇親会。

朝日カルチャーセンターを終えた
合田正人さんも合流。

いやあ、楽しかったな。

志を共有する集まりというのは、
突然何の前触れもなく
できるものなんだね。

大切なのは、反射神経と即興性。

驚いて身体をくねらせる魚のように。


さあ、これから講義。


合田正人先生

12月 12, 2009 at 09:54 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 志を共有する集まり:

» 自分の店の匂い トラックバック 須磨寺ものがたり
久しぶりに姉から電話があり、 互いの家族の状態や、 商売の話しをしたりした。 [続きを読む]

受信: 2009/12/12 11:02:11

» 合田正人 x 茂木健一郎 第四回 トラックバック もぎけんPodcast
9個の動画が連続して再生されます。 "Ethica de Profundis" ... [続きを読む]

受信: 2010/01/22 19:06:55

コメント

クオリアの本質を極めてゆくmission。かっこいい!
若い時、斜め読みでもライアル・ワトソンとか見といて
ラッキー。生にスパイラルを感じる。
素人は、感じるだけ。
なんでこうなるの・・で終わりをきっちり詰める方々にただただ畏敬の念。しかし、使える記号が文字と数字というのが、なんだか
歯がゆいのですが。

投稿: すかいろ | 2009/12/13 11:05:20

茂木健一郎さま

茅ヶ崎の手前
平塚の釣具屋さん
かめ屋さんに参る十字路のそばのガストさんです。

朝食にステーキセットです
朝食でステーキ、生まれて始めてです。

私はスキー
指導員はしてませんが

スキー指導員よりもスキーに対して半端ではない志は負けてはいません

ニセコのスキー場を世界的にニセコと
それには別々のリフトを共通にニセコバスさんのリャトルバスも、そのバスで乗れますよう水面下で私が動き商品化は事実です
それでスキー以外
箱根の小田急さんと西武の箱根戦争終結も水面下で私が

箱根の小田急さんのバスを西武鉄道で販売
西武新宿までの西武鉄道の切符もセットとして

ニセコの全山リフトバスを実現させて、ニセコを例にして箱根を

事実です

私は一切表に出てはませんでしたが事実のこと

寝言でもなく

私は見た目、おとなしいですが事実のことです。

本質です言い切ります。
ガストさんでの朝食
ステーキセット、私は美味しくです
私は普通の感覚です。

投稿: 高木英樹 | 2009/12/13 4:08:09

こんにちは

私たち意識は、無と言う次元に生まれた宇宙という木の成長点ではないでしょうか?(^^)


>高田さんたちの演劇は、即興で、
事前に集まってストーリーをどんどん
決めていってしまうのだという。

>「だから、初日と楽日では、やっている
ことがぜんぜん違うんですよ。」

神様たちと言う観客がいるなら、私たちも同じ事をしているのでは?(^^)

投稿: 即興のクオリアby片上泰助(^^) | 2009/12/13 3:54:30

茂木健一郎さま

NHKテレビさまの土曜日の夜 7時からのニュースにて

札幌藻岩山スキー場さんのニュース、雪が少ないとの

札幌藻岩山スキー場さんといえば
以前
私、あれが最初で、その後はないことが

リフトから手袋を落としたことです

札幌藻岩山スキー場さんの事務所に携帯電話から手袋を落としたことを申し上げましたら

スキー上手いでしよ!気をつけながら、ご自身でリフト下の手袋を拾いに行って下さい

札幌藻岩山スキー場事務所さん、その前にバスの時刻を電話にて
あれ?高木さん!

私、またまた!分かっているみたいに!

分かってますよ
黄色のスキーウエアですよね

私、
・・・ そうです。

おかしいな、と
札幌藻岩山スキー場さんのリフト乗り場にて係員さん私に

ご苦労様です!


私は一切スキー指導はしてませんが
北海道のニセコについては私が
東急さん当時のコクド、北海道中央バスさんと
三社別々でしたリフトのバスを全山共通と、そのバスでニセコバスさんの巡回シャトルバスにも乗れるよう
その商品化に水面下で私が本当に動き商品化されたこと事実
それは一般的には知られてはませんが本当の事実
そんな私は見た目、目立たないので
それなのに
札幌藻岩山スキー場事務所さんは高木さん!黄色のスキーウエア!
リフト係員さん私に
ご苦労様!

ふと思い出しました。

私は北海道中央バスさんが経営の小樽天狗山スキー場さんでも楽しくスキーです
キロロスキー場さんのシーズンバスも小樽天狗山スキー場さんで割引リフト券の対象に今季から

キロロスキー場さんのシーズンバスの私、とても嬉しいです。

さて
本日の神奈川県は茅ヶ崎の沖磯へ釣行

磯屋さんにマキエサの予約も万全です

本日は
勝負師の服装を下に着てです

いまはないコクド
その
コクドアイスホッケー部の本物のユニフォーム
ジャージといいますが
レオマークの
ちなみに
コクドアイスホッケー部がライオンズのレオにの、それもコクド本社に私が申し上げコクドアイスホッケー部のジャージ
レオに

コクドアイスホッケー部主将でした鈴木貴人さんの本物のジャージ、私が持ってます
その本物のコクドのジャージを本日は下に着て

お魚釣りも勝負師
ですから
勝負師のコクドアイスホッケー部の鈴木貴人さんの魂 着て行きます

早いですが起きます。

今日は妹夫婦が着ているので朝食は外食です
ガサガサできないですからね深夜に

さて、ファミレスさんにしようか、ラーメン屋さんにしようかな

そして茅ヶ崎に参る前
平塚のオールナイト営業の釣具屋さんの
かめ屋さんにも参ろと

オールナイト営業
助かります。


私はスキーでの志も半端ではないですし
お魚釣りも真剣に真面目にです。

ニセコにも行きたいですが
なにせ、お金が
あれ?今まではニセコに宿泊のお金の捻出は平気でしたのに
あ!
お魚釣りを始めてからは
キューキューしている気がします

釣り竿でしよ!リールでしよ!渡船代金にマキエサ代 ウキに、それから・・・

茂木健一郎さま
スキーよりもお魚釣り、お金がかかっている気がしますのは気のせいでしょうか!

10枚貯めますと一回無料に乗れます、茅ヶ崎は、えぼし丸の お楽しみサービス券
現在 7枚目です


志は人生の羅針盤

茂木健一郎さまの書籍、ブログ、ご出演のテレビ、その3つも私には人生の羅針盤です。

脳とクオリア
難しい書籍ですが何となく良いんです


人生の羅針盤
哲学的

茂木健一郎さま
お魚釣りの時は
お魚釣りのクオリアに集中すれば良いですね
つまり
雪の富士山、きれいだな!とか、それは置いて
お魚釣りに集中
無意識のクオリアではなく
意識的にクオリアとは集中力も必要かと

支度して参ります
茅ヶ崎に!

投稿: 高木英樹 | 2009/12/13 2:18:17

茂木健一郎様
茂木教授の深く響くお声をもぎけんpodcastやYouTubeで
お元気な姿とともに聴かせていただけるのが
本当に嬉しいことなので、よろしかったら
どうかよろしくお願いします。

投稿: Yoshiko.T | 2009/12/13 2:16:22

こんばんは 茂木サン 。
明治大学生の 大勢の中
今まさに 講演が始まる直前。

貴重な 画像です。

茂木先生、ありがとうございます。
壇上側(アングル)で 感じられて

お疲れ様です。充実した毎日をお過しですね。

投稿: サラリン | 2009/12/13 0:01:56

楽しそうな一時ですね〜☆
そうなのか〜(*^□^*)
志を共有する集まりは、何の前触れもなくできるものなんですね〜?
そうゆう集まり、素敵ですね(^-^)

集まりの中で、それを受け入れ、一緒に作り上げていくことが大切だと、思います(o^∀^o)

投稿: 奏。 | 2009/12/12 19:35:20

合田教授プレゼンツの明大での講義、お疲れ様でした。

高田純次さん…「天才たけしの元気が出るテレビ」以来、長年TVで拝見してますが、いゃ~、何時見ても本当に面白い人ですよね(^0^)

いきなり即興で面白いことを言っては、皆を笑いの渦に巻き込んでしまう。「こんにちは、ブラッド・ピットです」なんて言って(笑)

その場の思いつきで、ストーリーをドンドン作って、それが一つの面白いお芝居になる。まさに生き物ですね。

その場その場で生まれる、面白く、そして奥が深いエンターテインメントには、ピョンピョン飛び跳ねて、どこに行くか分からないスリリング性があるものだなぁ…。


お客を笑わせる為にプロットを集めて構成し、徹底して作りこんだコメディも好いけれど、とにかくアドリブでドンドン笑わせるコメディ(それも奥行きのあるコメディ)もウハウハ笑えて、お腹をより思いっきりよじらせてくれるのだろう。

コメディでも学問界でも、ある志を持つひとりがいれば、同じ志をもつもの(=同志)が寄り集まって、そこから一つの生き生きした集まりが生まれてくる…それも時間帯も場所も何も関係なく、いきなりそこに出現する。

生きている集団とは、まさにそういうものなのだな、とこのエントリーを読んで感じる次第。


志を共有し、なおかつ熱く燃える人々の集まりに、暗闇に光るひとすじの光を見るようです。

それでは…この辺で失礼します。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/12/12 18:14:00

茂木先生、おばんです(・ω・)/
昨日は楽しい授業をありがとうございました
舞台から見るとこんな感じなんですねおや、しもぶくれ猫(私)も小さく写ってますよ~(虫めがね)猫耳が出てる…ヤバい(汗)
舞台からの視線て新鮮です
昨日は「鏡の中のアリス」を読んだのですが~凄いです!この本!
意味深なアリスの言葉↓
「あたしはね、キティ、あたしの夢か、赤の王様の夢か、どっちかに違いないと思うの。
赤の王様はもちろんあたしの夢の一部分だわ。
だけどあたしも赤の王様の夢の中にいたんだわね。
やっぱり赤の王様の夢なのかしら?」

一体誰が「この夢」を見ているんでしょうね?
ではまた~(^-^)ノ~~

敬愛をこめて

投稿: 眠り猫2 | 2009/12/12 17:49:38

明大での講義聴講させていただきました。
異端とされたスピノザ、投獄されたオスカー・ワイルド、それぞれが孤独の内に書き綴った言葉に大変刺激を受けました。なかでも"Who can calculate the orbit of his own soul?"というde Profundis中でのワイルドの言葉が胸に響きました。
次回はウィトゲンシュタインの私的言語批判を取り上げるとのこと、しっかり予習して臨みたいです。


投稿: atomos | 2009/12/12 13:48:36

もぎ先生♪

小学校のとき、運動会でソーラン節を踊ったことがあります。
踊る場所は舞台でもないし、わたしたちが演じたのは、
魚でなくて波なのですけれど。

ほとんど忘れましたが、ソーラン節格好いいな、
とおもったことだけは覚えています。

自分が波の動作をする。
網を引く動作をする(漁師になる)。
歌舞伎みたいな動作もする(見得を切るような)。
色々なおもいを、体で表現する。

自分の頭でなくて身体が、
物語と一体になる感覚が楽しかったです。

今年はミルクパニックからずっと、
茂木先生からいろいろなことを教わりました。
どうもありがとうございました。

投稿: ぽよmura | 2009/12/12 13:32:18

いいな!
ううう。
とてもとても拝聴したかったです!!!

最後が聞けないなんて
最終回だけのがす連続ドラマの様です(涙)。

投稿: 光嶋夏輝 | 2009/12/12 12:52:48

コメントを書く