« Thunderbird 2, my friend. | トップページ | Star of the Giants »

2009/12/26

クリスマスも深夜になると

「あさり」の昼食からゼミが始まる。

いつも、研究室の飲み会で
お世話になっている「あさり」。

奥の座敷に座ると、
ついつい、「生ビール4つ」
とか頼みたくなってしまう。

前に座った石川哲朗に、
「最近、何か面白いことあった?」
と聞いた。

石川が、「やっぱりダークマターですかね」
と言った。

「ダークマター見つかったのか?」

「なんか、イベントが3つ見つかって、
統計的に有意になるためには5つなければ
ならないそうなんですが。」

「それは、新しい物理かもしれないな。」

生姜焼き定食が来た。

あさりの生姜焼きは、やわらかくて
おいしい。
卵の黄身の中につけてしばらく
置いたような味。

「他にも、何か面白いことあったか?」

「量子検索ですかねえ。」

「それ、encripitionと関係しているのか?」

「データを読み取り可能な形で
蓄積しないままに、検索するのです。」

研究所へ。

ゼミ。

高野委未、田辺史子、野澤真一が
それぞれ熱弁を振るう。

関根崇泰が、「いちばん面白い発言を
した人にこの目玉おやじの汁をあげます」
と不気味なことを言って缶詰を
見せた。

みなそれでもめげずにがんばって
議論した。

おやじ汁は野澤真一がもらった。
おめでとう。

NHK。

『プロフェッショナル 仕事の流儀』
の打ち合わせ。

ディレクターが必死になって撮ってきた
VTRを見て、どのような質問をするか
考え、議論する。

4年間にわたって続けてきたこと。

今回初めて担当した宮川ディレクター。

本当に、よい仕事をしている。
異国でいろいろ苦労もあったろうに。

宮川さん、ありがとう。

塩谷賢が、かつて言ったこと。

「この世界は、瞬間毎に死んでいく
たくさんの可能性で出来ている。」

渋谷の街は、さまざまな会を
楽しむのか、たくさんの人が
出ていた。

クリスマスも深夜になると、
サンタクロースもなぜか照れくさそうな
顔をしていて、
曖昧な様子で夜の静寂をやり過ごしていた。

12月 26, 2009 at 08:00 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスも深夜になると:

» etude189 トラックバック 御林守河村家を守る会
ボタンを押していただければ幸いです [続きを読む]

受信: 2009/12/26 23:28:45

コメント

茂木さん、Hello(^-^)っえ〜〜〜と?(笑)?♪(笑)茂木さんタ♪(^_^)-c<^_^;)本当に?♪(^3^)&у(^-^)いつだろう?♪(^3^)達とは今日が初めてですか?絵も?全て?ポッかぁ〜ん(笑)(ToT)у♪ところで、茂木さん♪いつも×エンドレス♪(T-T)満腹(^o^)у(笑)それでは茂木さん♪(^3^)また今度です。

投稿: 水饅頭 | 2009/12/27 5:24:11

茂木健一郎さま

おはようございます

日曜日の本日、茅ヶ崎の沖磯に釣行とは違います
北海道は小樽へ本日より参る、です
目覚まし時計で起きました、びっくり
今までは、その前に自然と目が覚め
しかし、お魚釣りのよう!と昨晩、考えて就寝
すぐに寝つき、目覚まし時計で、北海道にスキーでは初めてです。

さて、スーツケースに荷物、なんとか収まり
スキーブーツもインナーを外しシェルだけに
インナーは、もう一足のを併用し、なんとか15キロにスーツケースを抑えました全体的な重さを。
それには最終的な考え方
小樽駅前の長崎屋さんが、あるから!

シェイプにシェイプのスーツケースの中身

あ!と、最終的には日用品ですので

長崎屋さんが、あるから!どうしてもの、どうしてもの時、買えば良い!
そんな発想で順位を決め
スキーブーツのシェルを一位、次にスキーウエア、などなど
順位が低くはシャンプーとか
そんなこんな、収まりました
さて、起きます
北海道は小樽に向けて
まずは朝食です。

投稿: 高木英樹 | 2009/12/27 4:16:31

こんばんは 茂木サン 。
寒い日が 続きます。暖かい服装で お出かけください
仕事をしていますと 能力や能率 、忍耐、観察判断が大切ですね。
そして、もう一つ 精神的に支えになるものが
ある人は強いようです。
私も 信じている神様が居て 仕事の基礎に なっています。安心しています。

プロフェッショナルの皆さんも 深夜のお仕事、 お体をいたわってくださいね

「目玉おやじ汁」は マグロのめだまの 缶詰ですか?

投稿: サラリン | 2009/12/27 1:05:59

こんにちは

>石川が、「やっぱりダークマターですかね」
と言った。

>「ダークマター見つかったのか?」

>「なんか、イベントが3つ見つかって、
統計的に有意になるためには5つなければ
ならないそうなんですが。」


ダークマターは、星間に漂っているなら、私たちの体にも漂っているのかも?(^^)

投稿: ダークマターのクオリアby片上泰助(^^) | 2009/12/27 0:25:49

茂木健一郎様
”チューボーですよ”拝見しました。
海老蔵さんのようになられる日も遠くありませんね。
とっても素敵でした。
茂木さんの想いの真摯さって全て素敵だと思います。
すべてすべて茂木さんの思いが叶っていきますように。

投稿: Yoshiko.T | 2009/12/27 0:16:53

初めまして。クリスマスも行ってしまいましたねー。今夜のチューボーに御出演の茂木先生は、不思議な可愛さに溢れてコレが料理番組である事をチョイチョイ忘れておりました。理論の茂木先生がなんでこんなに可愛げなのか?日本の政治家がどーたらこーたらの話題より茂木先生の現実的な理論応用のお話をフムフムとお聴きしている方が人生楽しくて。奥様にも『今、君の脳内ではドーパミンが…』なんて仰るはずはないでしょうが。誰でも一年、五年、十年…と同じ顔を見合っていると素敵な部分を感じ取る機能がマヒするのでしょうか。茂木先生は現代に於いては珍しいお人柄かとも思います。もしかしたら先生とディズニーランドとかご一緒出来たら童心にかえってとても楽しく過ごせそうな気がします。そんな可愛さです。テレビ出演はこれからも応援していきますので番組は続けて下さいね。チューボーの話に戻りますが点数付けは先生だけに辛口でした!またコメント致します!

投稿: neko | 2009/12/26 23:59:20

今年のクリスマス(*^_^*)
私は、普段言えないありがとう!を友人たちに言うことが出来ました(´∀`)

改めだと恥ずかしくて最初は、どうしようか迷いましたが、たまには良いですよね?~(^◇^)/

続けることって、その過程で、いろいろありますよね。
そして願わくは、その思いを叶えたい。

投稿: 奏。 | 2009/12/26 22:10:48

もう一つ気づいたのは、(気づくのが遅いですけれど)

茂木先生の生活は、とてもはっきりした時間と場所の区切りがあって、
当然のように、あっさりと、異なる場所へ移っていらっしゃる。

突然段落が変わるから。..such as ..

"NHK。"


わたしの今は、学生であることもあって(これはただexcuse)
ほんとうにだらだらです。
インターネットに“caged”されている感もあります。

投稿: michiko | 2009/12/26 15:32:42

「クリスマスも深夜になると、
サンタクロースもなぜか照れくさそうな
顔をしていて、
曖昧な様子で夜の静寂をやり過ごしていた。」


超お忙しいなかでも
このように人やものごと見る

その方法論とはなんでしょう。


(こんなときは方法というより前提というのでしょうか?)

投稿: michiko | 2009/12/26 14:45:33

塩谷様のいうように、瞬間毎に死んでいく、たくさんの可能性で成り立つ世界に生きる私たち。その中で主に窒素と酸素からなる、透明な大気を吸いながら、日々刻一刻と、過去現在未来の絶え間なき流れを思う。

クリスマスの輝きに希望を見いだせず、亡くなっていく無数の命。何もわからぬままに人々の希望と喜びをその一身に受けて、今そこから生まれ出でようとする命。どんな命にも時の流れと無数の可能性は、平等にまさに与えられ、また与えられた筈のものだ。

一瞬一瞬生まれては死に、生まれては死に、を繰り返す時という名の見えざる生き物、それはひとつの力学としては存在しているが、生命たちの一挙手一投足に終始寄り添い、それは命つきる時まで変わらない。

その時とともに呼吸する「私」という個体は、今年・2009年において、様々に与えられている筈の可能性に、一つだにでも挑んでいたであろうか。挑んでいたとしても、それは中途半端な挑戦に終わってしまっていたような気がしてならない。

来たる2010年こそは、生まれては死んでいく数多の可能性の、その一つの、今まで自分がやったことのない、あるいは、やりのこした「何か」に挑んでいきたいと、どこか心の奥底で決めようとしている自分がいる。

クリスマスの深夜、眠りにつく。教育TVの古典芸能鑑賞会の映像を見ながら、うつらうつらしているうちに夜の静寂に包まれて、夢も見ないでぐっすり眠った。

照れくさそうなサンタクロースは、茂木さんのところへ”すてきなプレゼント”を持ってきてくれたのでしょうか?(^0^)

投稿: 銀鏡反応 | 2009/12/26 13:31:48

茂木健一郎さま 親友の塩谷賢さんのお言葉、心に響きました。わたしにもたくさんの可能性があること信じて、前向きに歩いて行こうという気持ちが持てました。素敵なお友達をお持ちの茂木先生をいつも尊敬いたしております。

投稿: とう華 | 2009/12/26 12:12:47

茂木先生おはようございます

サンタさん シンデレラみたいに サ ン ッタ~のよ 
ちょっと無理がありますかしら^^

日記を読んでいたら、ムソルグスキーの禿山の一夜が思い出しました、リムスキーコルサコフが完成させたという、有名な
交響詩禿山の一夜、 幻想的で、ドラマっチック、
教会の鐘の音が聞こえはじめ、朝の光が差し込んでくるような
帆とさせられる救いがある曲ですよね・・  

塩谷賢さん、 こころ惹かれることば残していかれるのですね、
300年とおっしゃった言葉も蘇ります、、
古いCD棚から、見つけ出して、禿山の一夜を聴いてみたくなりました

先生は、やはり今は、都心にお住まいの方が、
睡眠時間が護れますね、栄養も摂れるし

柿の生姜焼き、 美味しそうですね、研究してみようかしら^^

郊外に帰宅しなけらばならないのおじさん達は、電車が仮眠室状態
たまに図書室、乗り合わせると何となく悲哀を感じます・・・

うちのお父さんの読書狂は、あのころの産物かしら?

                    reiko.G


 

投稿: R.グランマ | 2009/12/26 10:46:38

コメントを書く