« Can we really speak of "red"? | トップページ | Giant trees »

2009/12/22

ぼくはぼくで

 塩谷賢と、久しぶりにゆっくり
話した。

 改めて思うけれども、
大学に入った18の春に
彼と知り合ったことは、何という
奇遇だったのだろう。

 「佐藤の超函数論」や、「場の古典論」、
吉田夏彦さんの「論理学」など、
全学で10人くらしかとらない
ようなマイナーな授業に行くと、
必ず彼がいた。 
 
それで、一緒に歩くようになった。

聞くと、入学当時の彼の体重は、
69キロだったのだという。

今の私よりも少ない。

おじさん温泉からの帰りに、
塩谷は言った。

科学もなにも、せいぜい10年くらいの
ことしか考えていない。

本当は、300年くらいのことを
考えたいのだけれどもと。

塩谷が、電車の中で分厚い本を読み、
付箋をしたり、書き込みをしたり
しているのを見て、ああ、こいつが
やっていることは18の時から
何も変わらないな、と思った。

一時期は、塩谷に、しきりに論文を
書け、大学に就職しろと
友人としてのありったけの思いを込めて
言っていたけれども、
最近は、これでいいのかもしれないと
思うようになった。

学問の世界にも、「市場性」というものがある。

市場に向き合うことは大切なことだけれども、
それでは、塩谷の言うような「300年」
という時間でのことは考えられない。

だから、今のままでいいんだ。

そう思う。

付箋の数がハンパじゃない。

赤線の箇所も。

こんなに引いていると、むしろ、
赤を引いていないところが何らかの
意味を持つんじゃないか、と言ったら、
塩谷は笑った。

仕事が終わった後、再び塩谷と会った。

久しぶりに、塩谷と満員電車に
揺られて帰った。

「また議論しような」

ぼくはぼくで、次に会うその時まで、
クオリアを巡るさまざまを
考え続けているよ。


電車の中で本を読む塩谷賢


付箋がこんなにたくさん。


書き込みがこんなにたくさん。

12月 22, 2009 at 08:16 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぼくはぼくで:

» 清祓い(きよはらい) トラックバック 須磨寺ものがたり
いよいよ本日「智慧の道ウィーク」がスタート。 12月22日(金)~28(月)の1週間、 大本山須磨寺、綱敷天満宮、須磨寺前商店街のコラボが実現。 [続きを読む]

受信: 2009/12/22 12:12:00

» 御林守 トラックバック 御林守河村家を守る会
ボタンを押していただければ幸いです [続きを読む]

受信: 2009/12/22 12:27:35

» 真実 トラックバック POPO
みんな生きている みんな思いがある みんな考えていることがある それぞれに正義が [続きを読む]

受信: 2009/12/23 1:43:50

コメント

茂木様

こんにちは
***************
科学もなにも、せいぜい10年くらいの
ことしか考えていない。

本当は、300年くらいのことを
考えたいのだけれどもと。
***************
賛成!!

教育も せめて100年先を

できれば 建築、家具、楽器なども

そんな風になったら ステキですね。


私にも 付箋や書き込み線が沢山引かれた本があります。

分からないことがある度に 何度も読んだので

新しく買い替え、それにも 未だ線を引いてしまう

そんな本に沢山出会いたいです。

投稿: | 2009/12/23 13:39:21

こんにちは

塩谷さん、凄い赤線の量ですね、ノートパソコンで、WEB編集ソフトで、整理整頓してはどうでしょう。そうすれば、メールでファイルを送って、誰かに見てもらう事も出来るのではないでしょうか?。ただ、HPでそのまま公開すると、著作権に引っかかりますけどね。(^^)

投稿: | 2009/12/23 3:04:10

こんばんは 茂木サン 。
塩谷 賢サンの 付箋紙と赤線の数々、
頭が下がります。凄い!

茂木サン始め、 友人の 皆さん凄い方ばかりですね。

塩谷サン も 茂木サン も お力が発揮出来ますように。

投稿: | 2009/12/23 0:08:54

茂木健一郎さま

パッと明るい半井小絵さんの気象解説を拝見

日曜日から北海道は小樽への私
札幌の天気は雪のようです、半井小絵さんのお見立て

クリスマス?
私はクリスマスには無縁ですので
明日は部屋の掃除
クリスマスなどは普通の日

元日のスキー、気合いが入ります
小樽天狗山スキー場さんの毎年恒例 元日滑走
ご来光とともにスキーです

独身の一人でスキーの私はクリスマスよりも、ご来光とともにの元日滑走が特別な日と感じます。
クオリア

スキーを滑った時に感じますクオリア

雪の上を滑った感覚のクオリア
すーっと滑る感覚
楽しいです

茂木健一郎さま
雪の上を滑る、摩擦係数とかの難しいことではなく 日常の感覚にない爽快感
雪の上を滑る楽しさ

それは気象が重要です

半井小絵さんの気象解説とても重要です。

日曜日からの北海道が楽しみです。

投稿: | 2009/12/22 23:47:37

茂木さん、諦めちゃダメですよ!このままでいいわけないですもん(><)

もっと論文書け、大学に就職しろって言ってくださいよ〜。寂しいじゃないですか(;^_^A

私も市場に向き合い、寄り添うことが大切だと思いました。そして、今は早くしなくちゃって考えています。

投稿: | 2009/12/22 23:33:01

茂木健一郎様
ちょっとひさしぶりにYouTubeで桑原武夫学芸賞受賞
スピーチで茂木さんのクオリアへの思いを聴かせていた
だきました。元気がわきました。

投稿: Yoshiko.T | 2009/12/22 23:28:34

こんばんは。
私も知識を頭の中でこねくり回す事に生きがいを感じております。
しかし、時に大ポカをします。
ところで自然界に存在する最も価値のある数はeとπです。
中でもπはとても不思議。この数を求めるには、ご存知のように円に内接する正多角形の辺の数を増やしていって面積を埋めつくし円の面積の近似値を考える事ですが。
そう言う事です。大ポカをする、決まって大事な時に。絶対成功しないタイプですね。OB!

投稿: | 2009/12/22 23:12:25

茂木健一郎様
茂木さんと塩谷さんの思いのありかたが
こころにとても響きます。
私はもっと一生懸命生きないといけないわ
と思わせてくださいます。
ありがとうございます。

投稿: Yoshiko.T | 2009/12/22 23:02:32

こんばんは^^
満員電車のお二人、
たまに、電車の学生達を、ぼぉっと見てることがあります

あの頃のそのままで、歳を重ねている部分が私達にも残っているのかもしれませんね、
どんな子達も、眩しく見えますものね~

塩谷賢さん いいお名前ですね

地の谷の塩、賢い男の子・・ 
何方かの願いのこもったお名前なのでしょうね

たもに電車に乗るのもいいでしょうね^^
私も私で ^^  ふふふ          reiko.G


投稿: | 2009/12/22 21:57:32

はるか昔、堅物の父が、「学問するために書物を読む時には、一ページずつ食べるつもりで読め」(食べてページが全部なくなっても内容は全て自分の身についているという意味で)、とよく言ったものですが、塩谷さんの夥しい数の付箋と書き込みのある本を拝見して、父の言葉を思い出すと同時に、自分の信念に従って学問の道を突き進む塩谷さんの真摯な姿に感嘆しました。損得勘定なしに、人が真剣に何かに打ち込む姿はすがすがしく、周囲に感動の連鎖を引き起こすエネルギーに満ちていますね。

投稿: | 2009/12/22 16:25:10

凄い付箋の量で驚きました!
茂木さん監修の脳科学の本を今少しずつ呼んでいるのですが、
付いている付箋といえば、
しおり代わりに使っている付箋だけです。笑っ
とても読みやすくって、呼んでいて脳科学のことをもっと知りたい気持ちが溢れます。

これからもがんばってください。

投稿: 葉っぱ | 2009/12/22 15:54:26

茂木先生こんにちは。

今日の日記は特に感動しました。

今年の中でも特に。

汎用性のあるふりして歩いてる僕には

ずっしりときました。

投稿: | 2009/12/22 12:21:40

もっともっと前に行きたい。
新しい世界が見たい。
新しい自分に出会いたい。
だけど、変わってしまってはいけないこともあるんですね。


あの時と同じ夢と情熱を持って仕事をしているか?
あの時と同じチャレンジ精神を持って進んでいるか?
あの時と同じように、自分を偽ることなく正直に生きているか?

突っ走っている時に原点回帰させてくれる友。
迷い込みそうになった時、羅針盤のような存在の友がいることは幸せですね!

投稿: | 2009/12/22 10:24:14

「こんなに引いていると、むしろ、
赤を引いていないところが何らかの
意味を持つんじゃないか、と言ったら、
塩谷は笑った。」


思わず笑って、そのあとなぜかなみだがでました。

投稿: | 2009/12/22 8:43:55

コメントを書く