« Reading fever | トップページ | 文明の星時間 漱石と寅彦 »

2009/12/17

近いものと、遠いもの

 吉例によりまして、
ゼミThe Brain Clubの年一回の
特別version、Xmas Special。

 まずはあみだクジを引き、その
順番で演し物をする。

 私は、今年は、「偶有性の王子」
と題して、坂本龍馬についての考察と、
公園でランニングしたり、
トレーニングした
映像を編集したものを出した。

 終了後、みなで投票。
 今年優勝したのは、
高野委未さんと、戸嶋真弓さん。

 私も同点だったが、主催者に
つき権利外。

 高野さんと戸嶋さんには、
それぞれ、賞品の「木村秋則さんの
りんご」、「amazon kindle」が
贈られた。

 オメデトウ!



優勝した戸嶋真弓さんの発表


残念ながら優勝はできなかったものの、
熱演する野澤真一クン。

 続いて、これも吉例にて、
研究室の忘年会。

 外からもたくさんのゲストが
いらして、楽しい時間を過ごした。

 幹事として本当にいろいろとやって
くれた野澤真一くん、ありがとう!
 
 近いものと、遠いもの。

 先日、雑誌の一頁にあった
 アララト山の写真に目が釘付けになった。

 「ノアの箱舟」が流れ着いたという
伝説のある山。

 市街地からまっすぐに大きく
そびえ立っているその姿に魅せられた。

 いつか行ってみたいな、アララト山。

 近いものと、遠いもの。

12月 17, 2009 at 09:04 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近いものと、遠いもの:

» etude182 トラックバック 御林守河村家を守る会
ボタンを押していただければ幸いです [続きを読む]

受信: 2009/12/17 15:25:29

» etude183 トラックバック 御林守河村家を守る会
ボタンを押していただければ幸いです [続きを読む]

受信: 2009/12/18 6:36:36

コメント

茂木先生おはようございます☆


素晴らしいX'mas special やったのですね!


野澤さん、とっても面白いです。♪d(⌒〇⌒)b♪地球に優しい感じがします。eco。

アララト山、調べてみましたら富士と少し似ているのですね。


先生、こちらの山はうっすら雪化粧しておりますヨ。


それでは本日も温か~~くしてお出掛け下さいましね。

ヽ(*⌒∀⌒*)ノシイッタラッシャイマセ♪♪♪

投稿: wahine | 2009/12/18 7:19:52

こんにちは

> 続いて、これも吉例にて、
研究室の忘年会。


私は、PS3ゲーム、ファイナルファンタジー13をやって、年忘れでもしようと思います。(^^)

投稿: 忘年会のクオリアby片上泰助(^^) | 2009/12/18 2:55:10

茂木先生 こんにちは♪
雑誌に載っていたアララト山、私も見ました。ほんとにここに「ノアの箱舟」が流れ着いたと、思わせる山でした。地球上のすべての生き物のペアを乗せるなんて、相当大きな舟だし、乗せなくてもいい??ウイルスまで乗せちゃったのかしら?…。それとも地球の生き物だから、それも分かって乗せたのかしら?と、いろいろと想像は膨らみます(笑)「2012年」見ました。先生は箱舟に乗れる選ばれた人、私は残る組、やはり優秀な頭脳の人が、乗れるのは当り前ですけど、先生のように、他の所もバランスが取れている人は少ないと思うので、偏ってしまい、最後は人類が、淘汰されてしまう可能性があると思うので、ぜひ「天才バカボンのパパ」を乗せて欲しいです。極端ですけど、バカボンのパパのような人は、絶対必要で、人類を救う鍵になると思っています。近くて遠い物、遠くて近い物、それは人の「心」。それこそ、「クオリア」じゃないんでしょうか!?…♪

投稿: 平井礼子 | 2009/12/18 0:19:49

茂木健一郎さま

今晩の半井小絵さんの気象解説

雪が多いとの、
私の感覚ですが
今時期にドーンと雪が降りますと年明け以降、雪不足になる傾向と
なんとなくなんですけど
始めが逆に雪不足の時がシーズン雪が多い気がしてます、あくまで素人の私の感覚です。

茂木健一郎さま
キロロスキー場
全くお薦めはしませんので、良いスキー場とは思ってないので。

独身の一人でスキーの私
宿泊料の安い小樽に宿泊し近くのキロロスキー場でスキーがお金が掛からない早割のリフトシーズンパスを購入ですので
パス代金とお昼代金、ロッカー代、飲み物代
それだけなので

私の場合、良いスキー場だから参りますのは
小樽天狗山スキー場さんだけです。

27日の羽田空港、午前9時発で新千歳空港に

新千歳空港から直接、キロロに行きたいとは、ですから思わないんです

もしかしましたら
初日はスキーは滑らずでも良いかと考えます

北海道にスキー
1月7日に帰京します

その前に
日曜日は神奈川県は茅ヶ崎の沖磯へ釣行

半井小絵さんの気象解説、よーく見てです

スキー以上にお魚釣りは、磯釣りは自然相手ですので気象条件は重要ですので。
さて
寝ます。

投稿: 高木英樹 | 2009/12/17 23:27:39

茂木さん、聞いて下さい!!

7月、8月、9月と職業訓練校に通って簿記の勉強をして、11月に2級の検定試験を受けていました。
今日、結果が届いたのですが、合格していました!
しかも、100点満点だったのです!!!
びっくりしました。信じられません!!

7月に勉強が始まったばかりの頃は、本当に覚えるのが大変で、夜寝るときも教科書を持って布団に入って、読みながら寝ていたりもしていました。
あまりにも勉強しすぎて、神経が高ぶり、気持が悪くなったりもしました。

でも不思議なことに、辛くてもずーっと勉強しているうちに、ある時、突然、それまで答えを見ながら書き写していたような問題も、すらすらと解けるようになっていたんです。。
そしてそれからは不思議と、それまでよりもずっと楽に理解できるようになっていたんです。

これが茂木さんいつも言っていたことか、と実感しました。
バラバラになっていたパズルのピースがすべてはまったみたいに、歯車がピッタリはまって、なめらかに動き出したように。

脳は成長し続ける、って茂木さんがいつも言っていたことが、本当にとても励みになりました。
私は40代ですから決して若くはありませんが、脳っていくつになっても成長するんだと、まだまだいろんなことに挑戦していってもいいんだ、と思いました。

日本人て、社会的にも、その年齢では。。。なんて仕事でも何でも年齢で限界を決めつけてしまうことが本当に多々ありますけど、やっぱり、それって、良くない考え方ですね。
自分で自分の、まして、他人が人の能力の限界を決め付けるようなことをしてはいけないと思います。

これから本格的に仕事を探さなければならないですが、でもこのことが、私にとって未来に向かっていく、自信と力になっていくはずです。

ああ、茂木さん、本当はもっともっと話したいことがたくさんあるんです。
いつか、少しでも、私のために時間を下さい。

投稿: 楠 | 2009/12/17 22:11:46

楽しそうなpartyですね
野澤さん…いきなり写真で見ると…怪しいです…(笑)

話飛びますが、ヴィトゲンシュタインも、ノルウェーに小屋を立てて独り引きこもったり、孤独を愛する天才一匹狼タイプですね
(赤ちゃんの頃の写真ですら、すでに何かを思い悩むように眉をひそめてて、ヴィトゲンシュタインさん可愛いです

やっぱり孤独って宝物なのではないでしょうか?
成熟した人達にとっては。

グレン・グールドもワイルドもヴィトゲンシュタインもアインシュタインも、皆さん冬のシリウスみたいです

そぅ「成熟したひとには」孤独は甘美なんでしょうね~

心が豊かだから耐えられるんだと思います。

投稿: 眠り猫2 | 2009/12/17 17:45:11

茂木先生 こんにちは~^^
冬らしい、きりっと引き締まった空気の中、
林沿いの小道を散歩をしました

午後は、一人で先生が選曲なさってくださった、
*カラヤンの本のプレゼントの音楽に浸っています

*カラヤン 再読させていただきました、
心に確かに留めておきたかったので、
後半の辺りから、主人が出かけたので、終わりに の
文章の11ページ程は音読・・をしました

自分の声ですが、先生の感性が見えないカラヤンの魂を目覚めさせ、
レガートな命の営みの原理に触れているような感動を覚えています

レガートの深い意味に触れさせていただき、レガートの言葉の持つ響きがクオリアの感覚で、内側に満たされていくようです

流れてくる音楽から、永遠を感じる瞬間、信じる心の喜びが降ってくるように心に染み入ってきます、脳にも届いて、私の脳は、喜んでいるのでしょうね^^ 

近いものと遠いもの、との言葉の奥深い意味・・をかみしめています
そして、旧約聖書に語られる伝説の山アララト山の風景を思っています

いつか是非訪ねて、クオリア日記のの見知らぬ私達の心も、
アララット山の風景の中に届けてくださいね
旧約聖書の中には、生きている現実より、より豊かな人間の神秘が
語られています、

先生でしたら、あっという間に、完全読破、そして、記憶の中枢に
確固とした情報として、とどまることでしょうね、

私は、3年以上かかって、新旧の聖書をつえを突きながらの気持ちで読破しましたが、 幸か不幸か^^ 次々と細かなところから忘却の彼方・・・^^
牧師のお仕事があってよかった、って、楽しみに教会へ行っています

今年は春からの病で説教を聴かないですみ、聖書がより近くに
わが友となってくれています

このことは、教会の牧師には、内緒!^^

でも、教会は、いいですよ・・
何故かしらないですが、時々、
胸が熱くなる祈りの時への感謝があります
ハンカチで、アララッとさんって、涙を拭くときもあります(笑)

きっとやはり、歳をとったのでしょう^^

明日はどんな御話がお聴きできるのでしょう、楽しみです
                    reiko.G

投稿: R.グランマ | 2009/12/17 14:52:43

いやぁ遠近法はすごいですねぇ

投稿: 羊 | 2009/12/17 13:36:31

茂木健一郎様
あったかいクリスマスパーティーが伝わってきます。
ジンッとします。
行ってみたいな、
あったかい茂木さんのパーティー、です。

投稿: Yoshiko.T | 2009/12/17 10:34:05

コメントを書く