« The headmaster's platform | トップページ | メダカヘリコプター »

2009/12/08

(今度の土曜)ミューズがここに降りてくる! 宮本亜門さんとの対談

演出家の宮本亜門さんと対談します。

数々のすばらしい舞台を手がけてきた
宮本亜門さん。

先日、ミュージカル『グレイ・ガーデンズ』
を観て、改めて宮本亜門演出の
素晴らしさに目を啓かされました。

限りない情熱。
人間をまっすぐに見つめる眼差し。

観る者を勇気づける芸術の力
について、語り合います。

聞けば、元気が出る。

そんな対談になるはずです。

みなさま、ぜひお出かけください!

2009年12月12日(土)
19時〜20時30分
有楽町朝日ホール(有楽町マリオン)

詳細

12月 8, 2009 at 11:13 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (今度の土曜)ミューズがここに降りてくる! 宮本亜門さんとの対談:

» ふと トラックバック ☆美香のブログ☆
ウチのお母さんが言ったんだけど焼き鳥って一本80円〜200円くらいだよね?どれだけ手間賃とか人件費なんだろうね^^;食べ放題のお店とかも元をとるなんて無理らしいし;よくできてるなぁ〜 [続きを読む]

受信: 2009/12/08 14:19:14

» 針供養の日 トラックバック 須磨寺ものがたり
12月8日は「針供養の日」、 使い古した針に感謝し、裁縫の上達を祈るのだそうです。 [続きを読む]

受信: 2009/12/08 16:11:42

コメント

茂木先生、こんばんは~^^

海を泳ぐイノシシのカップル、な~んかいいですね^^
神様に見られながら、昨日は上野を散策
冷泉家王朝の和歌守展を拝見してまいりました

700年も昔の筆の跡、数々の歴史上の人物の心模様が
薄暗い美術館の中に漂っているような・・不思議な錯覚を覚えました、藤原定家、書きにも書いたものですね!
大量の日記の巻物に、目を見張りました

茂木先生のお書きになってるご本の言葉も、残るのですね~
後世の方に、  何かひとこと・・・  ふふふ^^

私もなんか書いて・・ 穴にでも埋めておこうかしら・・ ^^

上野の森は、まだ銀杏の大樹が青空を背景に眩く輝いて
落葉したものは、絨毯の様に地面を覆い
その中でシャボン玉遊びをする母と子の姿が可愛かったです
まるで絵本の挿絵の中を歩いているような気持になりました
紅葉は初冬の陽ざしに深紅に染まり、木漏れ日が
美しさを際立たせていました

スピノザさんが言うように、きっと私のことも神様は
ご覧になっておられたことでしょう・・
何だか、慎ましい感謝の思いがあふれてまいります

ミューズが下りてくるのですもの・・
お話しを伺わない訳にはいきません^^
12日楽しみです!
            reiko.G

投稿: R.グランマ | 2009/12/09 18:40:26

   
   端的

     当日を楽しみに

     致しております

     『対面うれしいな』

投稿: 岡島妙英 | 2009/12/09 12:17:50

茂木先生おはようございます!

むむむ、楽しみです!!!

投稿: wahine | 2009/12/09 7:22:55

芸術と言う言葉に惹かれまして、コメントを遅らせてもらうものです。
私も芸術は大好きでして、茂木健一郎さんの書かれたカラヤンの本を読みました。

音楽や絵画、そしてスポーツも芸術だと思います。なかなか自分に見似るかない分野ですが、茂木健一郎さんの書かれた本を再読したりしてなるほど、フムフムと分からないなりに勉強させていただいています。

出来るだけ、書籍や芸術に記されたものや、演劇は、素直な心で感動したいと思います。

いつも日記を拝読させてもらいまして、すばらしいなあと感じています。これからのご活躍をお祈りします。読書は脳と体にも良いし、運動をするともっと心に染み入るヒントとなりました。ヒントを与えてくれた本を書かれていて参考になりました。ありがとうございます

投稿: アレサ | 2009/12/08 18:29:07

コメントを書く