« Soseki without stomachache | トップページ | The ultimate role model »

2009/12/29

プラクティカルなアドヴァイス

ここのところ何をしている
時間が一番楽しいかといえば、
「勉強」ということになろうか。

際限がない。昨日移動しながら
読んでいたのはOrigin of Species
とThe Greatest show on earth。

夜からはLeo TolstoyのThe Gospel in Briefを
読み始めた。

これは、Wittgensteinが読んで、
感激し、とにかく周囲の人に
勧めて回ったので、一時期「福音書の男」
と言われたといういわくつきの本である。

塩谷賢のお師匠さんだった
廣松渉さんには、一度だけ
お目にかかったことがある。

その御著書の、きわめて難解な
印象とは異なり、
まるで春風のようにさわやかな人だった。

その廣松さんが、塩谷に、
「勉強というのは、一日三千頁読まないと
ダメだ」
と言ったそうである。

それを聞いて、ぼくは「うへー」と驚いたが、
本当に学問をやろうとしたら、
そんなものなのかもしれない。

たとえば、Immanuel Kant本人の著作を
読むだけでも、大変である。

その上、Kantについていろいろな
人がいろいろなことを言う。
さまざまな研究書がある。

Kantをある程度わかったとしても、
Hegelだ、Schaupenhaur だ、Nietszcheだ、
なんだと言っていたら、
読むべき本が増える。

西洋哲学をある程度押さえたとしても、
廣松さんのように相対性理論や量子力学にも
興味を持っていたり、
あるいは数学基礎論、言語哲学、
心の哲学、あるいは東洋思想、
文学、音楽、絵画史、
政治史、などなどと考えていったら、
この世の森羅万象を理解するのに
いったいどれくらいの本を読まなければならないか。

これは、しかも、基礎をつけるに必要な
最小限というだけであって、
その上に独自の体系を展開するしたら、
実に気が遠くなるじゃないか、諸君!

塩谷が、18歳の春から延々と
変わらずに分厚い本を何冊も
一澤帆布の中に入れて持ち歩き、
付箋をして、線を引きながら読んでいるのは、
実に師である廣松渉氏の教えを守っていると
言えよう。

そうして、学問というものは、
基本的に「無償」のものだと思う。

いくら勉強したからと言って、
別に誰も褒めてくれるわけでもないし、
社会が認めてくれるわけでもない。

たとえ、賞賛されることが
あったとしても、それは「ボーナス」
のようなもの。

塩谷賢を見たまえ。あれだけ学識を
ため込んでいながら、大きくなったのは
ペタンペタンとたたくと
お餅のようで気持ちがいいお腹だけだよ。

現代において一つ良いことは、
インターネットに接続できさえすれば、
誰でも、無限の学びを続ける
状況が整ったこと。

その時に何よりも必要なのは
「語学」であろう。

「語学をやりたまえ」というのが、
おそらくは、現代の学問における
もっともプラクティカルなアドヴァイスでは
ないか。

「語学」の中には、数学が含まれる。

12月 29, 2009 at 07:19 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プラクティカルなアドヴァイス:

» 勉強するということ トラックバック POPO
自分はどこからやってきてどこへ行くのか 自分を支配しているものは一体何なのか ど [続きを読む]

受信: 2009/12/29 22:21:46

» etude192 トラックバック 御林守河村家を守る会
ボタンを押していただければ幸いです [続きを読む]

受信: 2009/12/29 22:56:02

コメント

うへ~3000ページ
あっと言う間に眠くなりそうな・・・ガックシ

西洋哲学の教科書は難解で
理解するまでに日本語を勉強しなければいけないなぁ。。
なんて思って取り組んでいましたが
英語やドイツ語を完璧にマスターして原書を読んだら
もっと分かり易いのでしょうか。。。

って日本語をしっかり勉強しろって話なんですけど(汗)

誰も誉めてはくれないけれど
やっぱり色々なことを学び、世界が広がると
勉強って楽しいモノですよね

投稿: angelian | 2009/12/31 0:47:13

茂木さんがおっしゃるように、学問は無償のものなのに
現代ではそうではありませんね。
成績や出身大学でその後の人生が決まってしまうのですから。
純粋な学問はどこに行けばあるんでしょう!!

投稿: make | 2009/12/30 16:16:38

The one of learning is deep.deep ..deep ∞∞∞


Why do I learn?It asks me again.

:-|


投稿: wahine | 2009/12/30 8:37:19

 先生の読まれる本の多さにびっくりです。
語学や数学に関係あるかはわかりませんが、
私は毎日、夢日記をつけています。
ある時から、英語の鏡文字で書こうと思い、
(ダヴィンチでしたっけ?それを真似て)
最初は右手も動かしながら、そして次第に
左手だけで、鏡に映したようにして書き始めたら、
こんどは肝心の夢を見なくなるという
不思議な経験をしたことがあります。
たった数分のことなのに、頭の一部が
とても疲れたのを覚えています。
夢を見るところと、語学を考えるところって、
近いのでしょうか。
わたしもこれから、もっとたくさんの本を
読もうと思いました。

投稿: moon | 2009/12/30 8:35:51

茂木健一郎さま

おはようございます

ふと

北海道には低気圧がオンパレードで接近中

半井小絵さんのお見立てに
低気圧といえば
神奈川県は茅ヶ崎の沖磯でお魚釣りを連想
頭から波をかぶったり、マキエサの予約でお世話になっている茅ヶ崎の釣具屋さんの磯屋さんのマキエサバケツを低気圧の影響の波で落水させたこと半井小絵さんの予報で即座に思い出しました私は小樽天狗山スキー場さんにて半井小絵さんのお見立て!雪!

FMヨコハマさま

私のグローブトロッターのスーツケースには
FMヨコハマさまから以前、拝領のステッカーが貼ってあります
湘南など神奈川県の情報満載のFMヨコハマさま

私、現在は神奈川県スキー連盟さまの横浜スキー協会さま傘下のスキークラブより全日本スキー連盟会員登録をさせて頂いてます
全日本スキー連盟さまで私は
HIDEKI TOKYO

小樽天狗山スキー場さまでも、ですから
1ヶ月もいませんが
1ヶ月券の顔写真入り
HIDEKI TOKYO

独身の一人で真面目にスキー

小樽天狗山スキー場さまで昨日、降ります雪を見ながら低気圧の影響かな! 半井小絵さん凄い!的確予報!

茅ヶ崎の烏帽子岩で磯釣りも低気圧の影響には釣り座にて無理しなくの私
小樽天狗山スキー場さまでも、それで、のんびり
小樽天狗山スキー場さまといえば
FMヨコハマさま!
数年前に
FMヨコハマさまの番組にて、レポーターの方
藤田さん
北海道より中継
その時、小樽天狗山スキー場さまの、そばに宿泊されと放送にて

FMヨコハマさまの放送が小樽天狗山スキー場さま中心のスキーにしてました私には数年前の、その放送が心の中で今でも

そこで
低気圧接近ですし
無理しても、で
小樽天狗山スキー場さまのミシュランさん格付け一つ星のレストランで
ラーメンセットを食べた後、無料休憩テーブルへ移動し
FMヨコハマさまに投稿

私がリクエストしました
松任谷由実さまの楽曲と同じ曲がオンエアされましたが、FMヨコハマさま
どなたのリクエスト?

私も松任谷由実さまの、その楽曲をリクエストさせて頂いてましたので
うーん。

茂木健一郎さま

半井小絵さんが的確に低気圧と予報ですので
無理せずと、それでの経緯

もし、茅ヶ崎の沖磯で低気圧の影響による波での、あの体験がなければ
低気圧?雪が降るじゃん!の以前の私
しかし、半井小絵さんが低気圧と申されると今は、低気圧!と腰が引ける私、腰が引けるとは無理はしない、心に余裕を持たせる意味が強いです

低気圧接近
それで小樽天狗山スキー場さまといえば
私はFMヨコハマさま!
自然な投稿でした。

茂木健一郎さま
ラジオと茂木健一郎さまのクオリア日記
とても共通です
心に響くんです。

ドーミーイン プレミアム小樽さんの窓から今、小樽駅を見て

小樽駅の時計と
金色に輝く小さい電球の数々で静かに装飾されている小樽駅

そばの中央バスさんの乗り場では除雪車が手際よく

小樽の朝
まだ夜明け前の今ですが
確かに小樽の朝です。

投稿: 高木英樹 | 2009/12/30 5:59:54

おはようございます 茂木サン 。
30日まで 仕事です。
一日で 大掃除 と 買い出し、おせち料理をどこまで作れるか。
何とか 頑張って、ゆったり 除夜の鐘を 聞きたいと
思います。

「語学 」ですね。そう、すごく大切ですね。

来年は もう少し 英語がわかるように なりたい。

もっと 本を読んだり、ゆったりと自身に 問い掛ける時間を
作るようにします。

塩谷サンの お腹は 確かに ポニョ ポニョ して気持ち良さそう・・・。(失礼しました)

行きたいナ。

投稿: サラリン | 2009/12/30 2:02:06

こんにちは


アインシュタインは、睡眠時間が十時間以上だったと言われていたと思います。ベットの中で半分寝ながら色々考えていたらしいですが、現在では、ポケーと物思いにふける贅沢な時間の使い方も必要なのでは?(^^)

投稿: 現在の時間のクオリアby片上泰助(^^) | 2009/12/30 1:46:56

>「語学」の中には、数学が含まれる。

わが意を得たり...!

投稿: zitterbewegung | 2009/12/30 0:37:01

一日三千頁かぁ…それだけ文章が読めれば、とてもたくさんの事ができるな。
僕は一文字一文字とにらめっこしながら読んでいるから、三十頁くらいがやっとかな…
もっと沢山の事を知りたいし、この際、質より量だと思って取り組んでみるべきかな?

投稿: 岡島 義治 | 2009/12/30 0:35:00

一つの事を勉強したい!と思い、勉強しだすと、それについて疑問も出てきますよね☆

学問は無償なんですね。私は、私がしたことで他の誰かが喜んでもらえる事。これが一番嬉しい時です♪
これも茂木さんの言っている事に、繋がるかしら?

そして語学は、数学が含まれる…。私は未経験の領域ですが、考えるとワクワクしてきます!楽しいことは、1+1が2倍3倍になって〜、悲しい事は、二分の一、三分の一になるって事かなぁって思います(^O^)

投稿: 奏。 | 2009/12/29 18:17:20

語学に数学を含むとの考えに賛成

私ももっともっと勉強したい
この世界の真理に触れたい

毎日世の中の塵と泥に塗れて思索したい
たくさんの書物に出会いたい

投稿: キャベツ | 2009/12/29 15:39:15

僕が大学で習っていた経済学の先生も、
「数学は一つの語学だ」といっていました。
経済学でも数学は使うので、大学にいたころは、
参考書を買って、それなりに勉強したのですが、
卒業してからは、さっぱりです。
先日、ある講談社ブルーバックスの本を、
図書館で借りてきたのですが、数学が使われていて、
「難しそうだ」と思って、返してしまいました。
生物の、「ほぼ中立進化説」についての本だったのですが、
内容が興味深かったので、数学に拒否反応を示した自分が、
情けなかったです。
本当に、数学をある程度、理解できると、世界が広がる、と思います。

投稿: K・I | 2009/12/29 13:19:14

もてぎ先生の脳みそにとってもきょうみがあり、どうしたらもてぎ先生の脳みそに近づけるのかうかがいたいな、と思っていましたので、今日のブログはとっても参考になりました。ありがとうございます。では、よいお年をお迎えくださいね。眠い眠い夜も、もてぎ先生が目をらんらんと輝かせて知とたわむれていらっしゃる姿を想像して、私も負けずにがんばります!でも、午後11時にはとろろん、ですけれど・・・

投稿: prince7 | 2009/12/29 12:46:13

茂木先生、おはようございます
学者先生は読書の仕事に圧倒的な時間を過ごされている!
本当に大変な頭脳作業でしょうね、
学問は無償・・ の言葉に格調の高さを感じます


クリスマス会で、長女の家に一族で集いました
ママの手創り料理、沿いて部屋の中には、わけのわからないような幸せな気持ちが、ふんわりと漂っている感じでした

ママの旦那さんが茂木先生の本を読んでいると聞いたので、私はあげられませんでしたが、家に帰ってプレゼントを開いたら「脳にいいことだけをやりなさい」の本が出てきました^^
娘家族は、優しいです

以心伝心ですね^^
おかげで本を手に落ち着いた年末を過ごせています

読書と語学と算数が好きな孫に、今日の先生の文章を
読む様に、だめな科目で落ち込まないようにね!っと電話しました

                  reiko.G

投稿: R.グランマ | 2009/12/29 11:11:52

茂木さん、おはようございます。

>「語学をやりたまえ」というのが、
>おそらくは、現代の学問における
>もっともプラクティカルなアドヴァイスでは
>ないか。

これを聞いて小林秀雄の「作家志願者への助言」を思い出しました。

昨夜ビーフシチューを煮込みながら(今日付き合っている彼女の誕生日なので、それ用の料理です)小林秀雄の講演CD「現代思想について」を聞いていました。(私は小林秀雄が大好きです)

聴き終えて、特に今回印象にあるのが、「学問をすることは人間の本能であって、そうではないのは現代人ぐらいじゃないですか」という言葉です。

まさに茂木さんは、その本能の疼きを感じていらっしゃるのではないでしょうか。

また、小林秀雄を真剣に観てみたいとも思いました。「では小林秀雄を観るとしたら...本居宣長の本、源氏物語、ベルクソン、ドストエフスキイを熟読、玩味して、ボードレール、ランボーを読んで、モーツアルト、ブラームスを聴いて、モネを観て、ゴッホを観て、骨董を観て触って...」。わぁ...。と思ってしまいました。

ひとりの人を観るのにこれだけ必要か...。と思っていたら、

>その廣松さんが、塩谷に、
>「勉強というのは、一日三千頁読まないと
>ダメだ」
>と言ったそうである。

という文に出会いました。
あらためて人生の不思議さを感じるとともに、学問の厳しさと美しさを感じてしまいました。

もう少しで2009年も終わりますが、来年もクオリア日記、qualia journalを楽しみにしています。

投稿: nammu | 2009/12/29 9:30:00

コメントを書く